隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

『バーチャルさんはみている』は企画者側の妙な自信を感じる

色んな所から耳にしていたアニメ『バーチャルさんはみている』を見ました。
あまり良い噂を聞いていなかったのでビクビクしていましたが、自分で見ないことには始まらないということで、1話を見ました。

以下は雑感です。

オムニバス形式のアニメは難しい

『バーチャルさんはみている』は、1話の中に複数の短編で構成されるオムニバス形式です。
アニメにおけるオムニバス形式は定義がふんわりしていると思いますが、「1話の中に複数の短編が入るアニメ」という意味でここでは使います。
例えばアマガミという作品では、ヒロインごとに異なるストーリーが描かれるという形ですが、このようなパターンは今回は取り上げません。
同様に、1話ごとに主人公が変わるような『しにがみのバラッド。』のようなものも、今回のパターンとしては取り上げません。

では今回定義するような、1話の中に複数の短編が入るアニメにはどんな物があったのか、自分の記憶を掘り起こしてみると以下の2作品がすぐに思い浮かびました。

『バーチャルさんはみている』を話す前に、少しこの2作品を振り返ってみます。
そんなものいらねーっていう人はちょっと多めにスクロールしてあげてください。

Master of Epic The Animation Age

Master of Epic The Animation Age』通称MOEは、『Master of Epic -The ResonanceAge Universe-』というMMORPGを原作とするアニメで、放送されたのは2007年1月なので12年前の作品です。
公式サイトがまだ消えずに残っていました。
テレビ東京・あにてれ マスター オブ エピック〜The Animation Age〜

巷で大人気のネットワーク・オンライン・ゲーム『マスターオブ エピック』が、遂にアニメ化!!
アニメでは、ネットに広がる仮想空間「ダイアロス島」を舞台に、様々なキャラクターがそれぞれ固有のストーリーを展開!!
戦闘、魔法、友情、愛、そしてナンセンス・ギャグ!?様々なエッセンスを取り入れた魅惑のストーリーが、1回の放送に5~6話登場します!!
従来のストーリー展開を覆す、新感覚アニメバラエティ『マスター オブ エピック ~TheAnimationAge~』。乞うご期待!!

公式サイトのSTORYに上記説明が書かれるように、1話の中で複数話が描かれるという構成で、当時としては相当新しかったというか異色だったなという記憶があります。
長年ブログを続けてきて良かったなと思うことは、リアルタイム視聴時の感想を残していること。確認してみると、ちゃんと全話感想を書いていました。
Master of Epic The Animation Age カテゴリーの記事一覧 - 隠れてていいよ
第1話感想から少し引用すると

淡々と盛り上がりもなくオチもひどい感じで前半の数本は進みます。正直突っ込みどころがない所に面白みを感じるのかもしれない。面白くなくはないのですが。
(略)
と、ショートストーリーを数本という構成なわけですが、変な空気に笑えるのなら多少見る価値はあるかと。つぼに入ればおもしろいかも、なアニメな気がします。

割と辛辣に書いていますが、重要なのは、原作のネットゲームをやっていないと理解しにくいネタが多かったということです。
非常にハイコンテストなストーリー展開なため、すべての短編を楽しむことはできていなかったなと。
短編にもいくつかのお約束短編がありまして、その一つが「ワラゲッチャーV」というカオスな短編。「急に歌うよ」の元祖かもしれない(そんなことはない)。



今でさえこのワラゲが何だったのかちゃんと理解できていないのですが、それでも毎週楽しんでいたことは覚えているのですから面白い。
最終回まで全部見ましたが、結果的には楽しんでいたようです。

前説無し、しかし後説はあり。さて最終回でしたが、個人的には今までで一番面白かったかなぁと。どの話もそれなりに面白かったですし、さらに最終話だけのシリーズ「ワンダフルワールド マスターオブエピック」がシュールすぎて笑いこけてました。流れるクローバーの歌も何か笑える所があり、人形も相まって最高でした。最後のワラゲも無難に良かったですし、いい最終回でした。このアニメもどうなるかと思いましたが、結局かなり楽しんでいたような気もします。ただ、実況の手助けはかなりあったように思えます。

最終話「パーティは終わらない 私たちにウナ丼を!」「恋するアンジェリカ ラブ3」他数本 - 隠れてていいよ

結局アニメを誰に向けて作っているのかというところが多分重要で、本作品は、原作のネトゲをプレイしていない人お断りぐらいの超絶異色だったと思うものの、それでもなんとなく楽しめてしまったのは

  • 1話の中に多いときには10話も短編を入れるなどカオス
  • 元ネタを知らなくても、カオスな感じを楽しめる短編が多い(中の人いじり、ワラゲッチャーVなど)

という要素があったからなのかなと。

ショートDEアニメ魂

ショートDEアニメ魂は、アニメ作品というよりは、様々の短編インディーズアニメを紹介するアニメ枠だった気がします。
例によって、全話感想を書いていました。
ショートDEアニメ魂 カテゴリーの記事一覧 - 隠れてていいよ

このアニメも、1話では相当に辛辣に書いていました。

これはきつい。SUNではカレイドスターが放送されている裏でKBSしか映らない私は何が悲しいのかこの番組を見てましたが、中々にきつい。何がきついっていうとインディーズ作品が流されるのですが、見るのが非常に苦痛。まぁ言えばflashアニメなんですよね(3作品目以降は違いますが)。
(略)
2作品目、「「花山院ですが何か?」第1話 〜ぬるぽっ!」すでにタイトルからあれなんですが、中身もかなり2chネタ多し。絵はそんなに嫌いではないのですが…。そしてここで唐突にクリエイターインタビューが入るのですが、正直いらない。
(略)
こんな感じの30分なのですが、正直見る価値があるかどうかと言われればないです。実況をやっていてもかなりきついのに来週からは録画で見る事になると思うので非常にきつい。切る可能性は大です。

切る可能性は大とか言いつつ全話見ちゃっているところがツンデレっぽい。でも、その後感想を読んでも割と辛辣。アニメ作品だけでなく、製作者インタビューが流されることも多く、当時は相当辟易していたことが感想から分かります。
猫ラーメン」「大根刑事」シリーズは気に入っていた模様。この2作品と「花山院ですが何か」はすごく覚えています。

SUNでやっていたカレイドスターを見れず、泣く泣くショートDEアニメ魂を見続けられたのは、間違いなく2chで実況しながら見ていたからです。

視聴者との距離感

繰り返しになるのですが、アニメの内容が視聴者との距離をどのように置きたいのかが重要だと思っていて、MOEは突き放しつつも見れるもんならついてきてみろという挑戦状を叩きつけていた感じ。あの悪ノリはそうとしか思えない。
ショートDEアニメ魂は、多分視聴者を突き放していたように思う。どちらかというと、創り手側に寄り添っていたのではと思う。インディーズアニメの製作者側のインタビューを30分枠に入れてくるあたりもそれが伺える。今思えば実験的な枠だったのかなと思う。

では、『バーチャルさんはみている』はどうなのか。1話しか見ていないけれども、企画者が満足するアニメのように感じるところはあった。もしくは、バーチャルYouTuberを知っている人だけが楽しめるような作品。

キャラクター説明的なことは多少は行われているけれども、基本はハイコンテキストな内輪ネタが続く。バーチャルYouTuberはハイコンテキストではない! と言われるとそうかも知れないのだけど。ちなみに私は、ゲーム部プロジェクトの風見涼くんは知っていたので「きゃー、涼くーん」って心の中で叫んでおきました。

『バーチャルさんはみている』は、つまり全員が本人役なので、その本人がどんな人なのかを知らないと楽しみづらいというところが難しいところなのだと思う。
芸能人が全然わからないので、テレビがつまらなく感じるような。好きな女優が出てるからドラマ見てみよう、みたいな。

例えばオリジナルアニメーションは誰もが初見なわけですが、なんとか作品に視聴者を引き込もうとする試行錯誤が見られます。オリジナル作品は先が見えない分、つまらないと思われたら切られてしまう。
対して『バーチャルさんはみている』は、ほら面白いでしょほらほら見てみ、っていう上から目線感を感じた。内輪ネタというのはその最たるもの。

この作品には、企画者側の妙な自信を感じる。それが個人的にはちょっと気に食わない。このアニメ飽和時代に、なかなかすごいアニメをぶっこんできたものだと思う。
バラエティ番組のように捉えるべきなのかもしれない。

とはいえ、ニコニコ動画では第1話の再生数が1月21日時点で約68万再生と悪くない。2話も公開から4日で約27万再生。
自分の感性なんて常に正しいなんてことはないので、老害にならないように、気を引き締めて今後も『バーチャルさんはみている』を見守っていきたい。

終わりに

若い感性を保っていきたい。

五等分の花嫁について怖いことを伝えます

2019年1月から放送開始されましたアニメ『五等分の花嫁』。2話まで見ました。


f:id:thun2:20190119200212j:plain
(画像は公式HP TVアニメ「五等分の花嫁」公式ホームページ|TBSテレビ より。以後の画像も同じ)


2話を見終わった感想を端的に伝えます。

  • 三玖がかわいい
  • 女の子が可愛い
  • やっぱラブコメっていいな

見る前は「どうせヒロインズが主人公を取り合う頭空っぽにしてみるアニメなんでしょう」なんてひどいこと思っていたのですが、その通りでした。
ブコメ最高。可愛い女の子最高。2話時点ではもちろん好感度はまだまだです、ラブコメですからね。

そう、重要なのはラブコメだということ。なんか久々にラブコメ見たんじゃないかっていうくらい「あ、ラブコメって良いな」って思ってしまいました(実際にはジャンプで毎週ラブコメ読んでるけれども)。
ブコメはですねぇ、何が良いかっていいますとねぇ、一体主人公がどのヒロインとくっつくんだろうとワクワクそわそわさせられるところなんです。
最初から高感度マックスとかに辟易しているひとは、ラブコメを嗜みましょう。

さて、記事タイトルにも書いた怖いことを話します。
私は今日の昼過ぎに五等分の花嫁を2話まで見たのですが、いつの間にか原作をKindleで全巻ポチって、夕方には読み切ってしまいました。怖い怖い。
原作未読者から既読者になりました。怖い怖い。



今日の記事ではこれ以上は書きませんが、もう一度お伝えしたいことを書いておきます。

  • ブコメは良いぞ
  • 三玖が可愛い
  • 三玖が可愛い

f:id:thun2:20190119201717p:plain
三玖可愛すぎじゃない?

この画像は公式HPのキャラクター紹介のものですが、少々大人っぽく見える。
アニメ内や原作では、もう少しだけ子供っぽく見えます。
ちなみに、2話が三玖のスポット回です。つまり、まずは2話まで見てみませんか? ラブコメですから、もう絶対2話以降も気になりますよ。そして三玖が可愛いです。

アニメのビジュアルも好きだけど、原作も絵も相当に可愛いので、ぜひぜひ原作もおすすめしたいです。
さっき原作を読み終わった私が言うのですから間違いありません。

今度こそこの記事は終わります。皆さん良きアニメライフを。

2018年 アニメEDで好きなやつ選

OPに続いて、2018年アニメED選もやりたいと思います。
アニメOP選については以下からどうぞ。

thun2.hatenablog.jp

『To My Dearest

ゾンビランドサガ SAGA.2 [Blu-ray]

作品:『ゾンビランドサガ』
  • 作詞:古屋真 作曲・編曲:山下洋介
  • 歌:フランシュシュ

OP選に続いて、ゾンビランドサガからEDも選出いたしました。
レギュラーのEDテーマではないのでちょっと卑怯かもしれませんが、EDクレジットともに流れたということで許していただきたい。

「第八話 GOGO ネバーランド SAGA」にて流れた、リリィの過去・未来と強く紐付いた歌詞になっている特別EDです。

感想については以下で紹介する拙記事でたくさん書いたのでそちらを見ていただくとして、改めてこの曲の好きな理由をあげると、過去にとらわれず未来へ前向きに進んでいこうという強い想いが感じられることです。

8話は一歩間違えると本当に暗い暗い話にすることもできたのですが、ストーリー構成の妙で、私達視聴者にとても前向きな印象を与えてくれました。
そのストーリーの集大成が、特別EDテーマの『To My Dearest』なのです。あぁ、素晴らしい素晴らしい、素晴らしいの一言です。

f:id:thun2:20190105020032j:plain
何度も言うけれども、このシーンは涙なしには見られない

thun2.hatenablog.jp


『いつか世界が変わるまで』

作品:『寄宿学校のジュエリエット』

平和EDとでもいいましょうか。本作品をずっと楽しく見続けていたからこそ選出したかった1曲です。

エンディングアニメーション自体は、奇をてらったものではありません。各女性キャラクターの日常風景がただただ描写される。
サビまでは朝起きてから朝ごはんを食べるぐらいまでの時間帯を描写し、サビ以降は楽しそうに駆ける姿が描写される。

朝起きて各キャラクターが何をするのかという、日常シーンをEDに混ぜ込む手法は上手いと思う。
本作品はキャラクター萌え作品でもあると思っているので、女の子の魅力を引き出す良いスパイスになっていると思います。

そのうち感想まとめ記事を書きたいと思います。

f:id:thun2:20190114135108j:plain
蓮季ちゃんかわいい
f:id:thun2:20190114135311j:plain
手李亞ちゃんきゃわわ
f:id:thun2:20190114135407j:plain
朝から中華とか食えるんかい
f:id:thun2:20190114135500j:plain
本編の蓮季の不遇さよ……
f:id:thun2:20190114135525j:plain
蓮季、頑張れ
f:id:thun2:20190114135547j:plain
手李亞ちゃんきゃわわわわ
f:id:thun2:20190114140143j:plain
やっぱり手李亞ちゃんなんだよなぁ
f:id:thun2:20190114135620j:plain
よくある大団円感、嫌いじゃない




『最悪な日でもあなたが好き。』

(早期予約購入特典あり)【Amazon.co.jp限定】「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」OPテーマ「DeCIDE   *CD」(オリジナル場面写ブロマイド付)+EDテーマ「最悪な日でもあなたが好き。」(オリジナルアーティストブロマイド+メーカー特典:HoneyWorksモゲラッタ描き下ろしオリジナルイラスト ICカードステッカー付) ※CDのみ+メーカー特典(OPED収納スリーブ)

作品:『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術
  • 作詞・作曲・編曲:HoneyWorks
  • 歌:芹澤 優

こちらもOP選につづいて引き続き選出しました。
EDについても同じく、以前書いた記事にて挙げたポイントは以下です。

好きなところを箇条書きすると
  • 歌がめっちゃいい(身もふたもないけど)
  • サビの「あなたが好き」の畳み掛けがめっちゃいい
  • 原作絵だと思われるイラストが美麗でめっちゃいい
  • 歌詞が全体的に作品と合っている
アニメ『異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術』 エロ面白くてついつい見てしまうし、OP・EDがめっちゃいい - 隠れてていいよ

まず、曲がとんでもなく良いです。歌は芹澤優さんですが、個人的に芹澤優さんの歌が好きなものが多く、今回もその魅力にまんまとやられてしまった感もあります。

そして次に、原作絵だと思うのですがイラストがめちゃくちゃかわいい。正直なところこのEDは特に大きな動きなどはなく、比較的止め絵で進行するのですが、それでも許せてしまうくらい女の子たちがかわいい。
可愛いは正義というのを改めて感じさせてくれるEDです。

f:id:thun2:20190114012015j:plain
冒頭描かれる、囚われの身を意味する鎖。地味に好きな演出


f:id:thun2:20190114012150j:plain
圧倒的可愛さ
f:id:thun2:20190114012209j:plain
圧倒的可愛さ!
f:id:thun2:20190114012222j:plain
圧倒的可愛さ!!
f:id:thun2:20190114012237j:plain
圧倒的な可愛さ!!!!

この作品自体、ディアボロと可愛い女の子たちの押し引きを楽しむところが大いにあるので、このED全然ありです。


thun2.hatenablog.jp


『Harvest Moon Night』

TVアニメ『ハクメイとミコチ』ED主題歌「Harvest Moon Night」

作品:『ハクメイとミコチ
  • 作詞・作曲・編曲:ミト
  • 歌:ミコチ(cv.下地紫野)&コンジュ(cv.悠木 碧)

一言で表せば、浄化されるくせに軽快でワクワクする曲。
ハクメイとミコチという作品は、時間がゆっくりと流れていて、私達視聴者をこれでもかと笑顔にしてくれる心温まる作品なのですが、このエンディングテーマがまたそれに一役買うんですわ。

ハクメイとミコチの1話ごとの終わりは大体ほわーってなって終わるのですが、その余韻をEDでしっかり感じさせてくれるんです。EDテーマはこうでなくっちゃと思わせてくれるほど素晴らしい。

以下で貼りました itunesの視聴だけでも、その感じは伝わると信じています。もしAmazonのPrime会員でしたら今でもPrime Videoにて無料で視聴可能ですので、ぜひ1話だけでも結構ですので見ていただければと。

Harvest Moon Night

Harvest Moon Night

  • ミコチ (cv. 下地紫野) & コンジュ (cv. 悠木 碧)
  • アニメ
  • ¥250


www.amazon.co.jp

thun2.hatenablog.jp


『ふゆびより』

TVアニメ「ゆるキャン△」オリジナル・サウンドトラック

作品:『ゆるキャン△
  • 作詞:佐々木恵梨 作曲・編曲:佐々木恵梨、中村ヒロ
  • 歌:佐々木恵梨

OP選のときと同じこと言ってもいいでしょうか。この曲聞いていると「ああ、ゆるキャンだあああ」ってなるんですよ。
もうね、完全に一体化しているのですよ本編と。ゆるキャンは良いぞ。


thun2.hatenablog.jp


終わりに

OP選と比較すると、少なめの選出となりました。EDよりもOPの方に力が入る傾向があると私は思っていて、結果的に自分の中の選出基準を満たすものがOPよりも少なくなった感じだと思います。

個人的にはオープニングの強さがあれば、エンディングがそれほど力強くなくても作品は強さを持つと思っているのですが、とは言ってもエンディングが素晴らしいアニメに出会うと幸せになります。

今年も素晴らしいエンディングにたくさん出会えますように。