読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

ロケットガール

mission 12(終) ロケットガール −rocket girls−

いよいよ最終回がやってきました。かなり面白くなってきていただけにもう最終回か、という思いが強いです。 さてそんな最終回ですが、見た人は分かると思いますがラストのオチのつけ方というか、展開がちょっと納得がいかなかったんじゃないかと思います。正…

mission 11 ターンスタート −turn start−

ゆかりが格好よかったですねぇ。言うところははっきりと言う、決断するときは迷わずすっぱり決める、見てる側としてはとてもすっきりしました。今回は茜が大活躍。奥にあるコントロールバルブを取り出すためにバックパックをはずして挑もうとするその心意気…

mission 10 オービター −orbiter−

宇宙服を恥ずかしがる茜がかわいすぎました。恥ずかしがる様がもうなんともいえませんね。記者会見のシーンは羞恥プレイに他ならない。 さてストーリーは相変らず進むのが早く、いきなりかなりの大役を任せられる事となった茜。茜の家族の話がいい話すぎて感…

mission 09 キックモーター −kick motor−

面白いですねー。3人のヒロインたちの心の動き、特に茜とゆかりの思いがよく伝わってきて本当に良いお話でした。茜の博学ぶりが存分に発揮されてましたね。次回からはいよいよ3人での活動になりそうでますます楽しみ。ですがこのアニメ1クールなんですよ…

mission 08 セパレーション −separation−

今回はかなり面白かったです。3人目である茜を中心に話が展開するのですが、茜に魅力がありすぎです。まず何といってもエロイシーンが無駄に多いこと多いこと。下着見せまであるという超サービスっぷり。博学だけど体力はないというギャップもたまりません…

mission 07 グラヴィティ −gravity−

3人目の女の子登場の巻。この3人目さんはもっとおっとりとした静かなキャラなのかなぁと思っていたので、自分の分野になると饒舌になったり、かなり積極的だったりしたのにはびっくりしました。次回は3人目もとい茜が奮闘するようなので期待です。次回予…

mission 06 コントロール −control−

タリホ族の呪いのせいなのか、次々と巻き起こるアクシデントの対応に追われる今回。宇宙でのアクシデントって即命の危険に晒されるので緊張感がたまりませんね。たかがアニメと言われるかもしれませんが、アニメの中でさえ緊張できるのって良いですよね。ピ…

mission 05 イグニッション −ignition−

まさか展開がここまで早いとは…。5話にしてもう宇宙に到達するとは思ってもいませんでした。話を早くやりすぎて視聴者置いてきぼりになりそうな一歩手前を彷徨っている感じがします。展開の早さがこのアニメの良さだと思うので、置いてきぼりにならない程度…

mission 04 カウントダウン −count down−

面白くなってきました。今回はゆかりが最後の会議のシーンでスルーされまくりなのが一番笑えました。新型燃料というアイデアに猛然と反対するゆかりと、そんなゆかりを無視して勝手に盛り上がる研究者たちのギャップがかなり笑えました。 またエロイシーンは…

mission 03 ランチパッド -launch pad-

ゆかりとしては父親を連れ戻したいだけなので宇宙飛行士としての訓練が嫌になってくるというお話。すでにゆかりとマツリが来てから1ヶ月経過状態から。中々月日が立つのが早い設定ですね。 今回は、怠惰なゆかりたちに宇宙へ行くという意識を持たせるという…

mission 02 アッセンブリ −assembly−

まだ2話なのに展開が早いですねぇ。父とは最終回あたりまで会わないものだと思っていたので、今回の展開は焦りました。しかし、「ゆかりが宇宙に行ったら日本に帰ると」いう約束をしたわけですがそれで納得してしまっていいのかゆかり。というかそれ以前に…

mission 01 ディスティニィ −destiny−

ストレインの後番として始まりましたロケットガールです。キャラクターデザインは公式トップを見た感じでは個人的に合わないかなぁと思っていて、実際見て最初は「あぁ、これはちょっと自分には合わないかな」と思ったのですが、途中からなぜか気にならなく…