読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

第12楽章(終) 「シンフォニー 虹の神曲」

ついに最終回。一応全話見てきたので多少感慨深くはあるのですが、やっぱりそこまで感情移入はできなかったなぁという感じでした。最終回、一応盛り上がっていた感じもしますが、わりと展開が早かったので結局はぼーっと見てしまいました。いつの間にか終わ…

第10楽章 「バラード 愛憎の決着」

話云々よりも、あまりに丸っこい顔に意識が奪われてました。先々週でしたか、あまりに突っ込みどころが多いお話がありましたが、それに劣るにしても今回も話以外の所で笑わせてもらいました。正直ストーリーの方はほとんど理解していなかったり。

第8楽章 「セレナーデ 人と精霊の狭間に」

作画が相変らずですが最近に比べるとましだった気も。今回は、プリネシカがもらった一通のラブレターから発展するお話だったわけですが、そこそこ重要な話だった気がするのですがほとんど頭に残ってなかったり。先週に比べるとかなりストーリーはしっかりし…

第7楽章 「ヴァイオレンツァ 黒い追跡者」

深夜にこんなに笑ったのは久しぶりかもしれません。ただ単純に作画が崩れるだけでも面白いのですが、そこに不可解さが加わるからこそさらに面白いのですよね。例えば少し前に話題になったキャベツのシーンも、キャベツの作画がひどかったのはもちろんですが…

第6楽章 「スケルツォ 傍にいる理由(わけ)」

うーん、相変らずの空気アニメっぷり。いまいち伝わってくるものがないんですよねぇ…。中途半端に進んでいくと一番辛いんですよねぇ。かろうじてコーティがかわいいのでなんとか自分の中では持っていますが中々に辛い。すでに6話終了しましたが、後半戦もう…

第4楽章 「ダルセーニョ 始まりの日」

うーん、前回も書きましたがどうも置いていかれている感が。ストーリーも前回と同じく面白くなくはないけど普通すぎる感じ。作画が安定していないのはちょっと気になります。 なんといいますか、悪くないんですよ。悪くないんですが、何かちょっと足りないん…

第3楽章 「ポルカ 海の底の忘れ物」

なんだか話全体の展開が早い気がするのですが。というのはまだ出てくるキャラをほとんど覚えていない状態なのにもう覚えているのが前提であるかのようなストーリーなんですよね。話としては別に普通なお話だったのですが、感情移入できない分ちょっとつまら…

第2楽章 「オペレッタ 見つめる精霊」

正直1話ではほとんど面白みがなかったのですが、2話は普通に見れるものになってました。それほど面白くもなく、無難に普通に進むストーリーなのですが、1話よりはよっぽど私は見れました。ヒロインはちょっとだけ胸が大きいですが、絶対領域が素晴らしい…

第1楽章(新) 「プレリュード 紅の精霊」

事前情報でいろいろ厳しいという噂がありましたが、1話は作画は普通でしたね。ただストーリーの方はいまいち頭に入ってこなかったです。そしてキャラですが胸がでかすぎでしょう。ヒロインさん通常verはオッケーですが、変身後は自分的にはダメ。もっと貧乳…