読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

金色のコルダ〜primo passo〜

Opus 25(終) 「愛しのアヴェ・マリア」

OPはカット。アバンでいきなり柚木帰還。留学取りやめる手続きをしに外国へ行っていたというオチ。全員揃って最終セレクションを迎えます。 さて最終セレクションですが、みんなの演奏中にそれぞれ回想シーン挿入されるという構成でした。ちょっと回想が占め…

Opus 24 「心満たすハーモニー」

香穂子に周りが影響される中で、月森が一番影響されていると思います。このアニメはきっとハーレムエンド的な終りになるとは思うのですが、もしそうでないなら月森とくっついてほしいなと個人的には思ったり。 楽譜通りに演奏することを目標にしようとする香…

Opus 23 「俺たちのカデンツァ」

最終セレクションのテーマが発表され、ますます気合が入る香穂子たち。アバンで柚木との最後の晩餐シーンが回想されましたが、それ以降柚木のゆの字も出てこず実質退場ということに。最終回辺りまでは出てこないつもりなんでしょうか。 ここ2,3話のコルダ…

Opus 22 「君のためのファンファーレ」

今回は香穂子自身よりも、周りの人間が描かれたお話。もちろん香穂子を中心には回っていますが。 特に今回は火原の過去のエピソードに焦点が当たっていました。ただの空気嫁ない子にならなくてよかったです。海外に行くということだった柚木ですが、まさか本…

Opus 21 「もう一度、アンダンテ」

ヴァイオリンに、音楽にもう一度挑戦する事に決めた香穂子。そのためにはまずヴァイオリンの弦を張らなければならず、月森に相談を持ちかける。月森は少し前からかなりデレていますが、今回もかなりデレてましたね。赤面するとかはいろんな意味で反則。 さて…

Opus 20 「涙色のロンド」

やはり香穂子はバイオリンを捨てられなかった。先週の月森との会話が大きく作用したようです。「弦は切れたが、お前とバイオリンの間には切っても切れない絆ができたのだな」 弦はイタリア語でコルダ。そしてコルダには絆という意味がある。タイトル「金色の…

Opus 19 「失くした心のパヴァーヌ」

相変らず香穂子を中心に皆が振り回されていく。とりあえず、香穂子が今後バイオリンを続けるかどうかは、香穂子自身がバイオリンを弾くことが好きなのかどうかに決着をつけないといけないのですね。最後の、月森とのシーンは香穂子の心情が思いきり出ていま…

Opus 18 「傷心のパルティータ」

香穂子を中心にして周りが振り回される図。柚木が黒くなってしまったのはその家庭環境からくるものだったんですねぇ。お婆さまの前でもそのうち黒い部分を見せてしまう事になるんでしょうか。 さて問題は香穂子の方。結局そもそも論にまで戻ってしまいました…

Opus 17 「焦燥のクレッシェンド」

皆の雰囲気が暗すぎた今回。火原が特にひどい。顔の表情が死にすぎていて逆に笑えてしまう。演奏曲も哀愁漂うような曲なので余計寂しさが目立つ。みんながぱっとしない中、冬海ちゃんの演奏と、そして月森の演奏を聞くことによって、前に解決したはずの「自…

Opus 16 「うそつきなヴァイオリン」

デレる月森と相変わらず空気が読めない火原。 さて当初は音楽演奏シーンなどがかなりあり、音楽アニメとして頑張っていたはずなのに最近はすっかりラブコメになってきてますねぇ。ラブコメももちろん大好きなんですが、たまに音楽の燃えも見せてほしいですね…

Opus 15 「高鳴る胸のアリア」

腐でもなく音楽でもなく、今回は恋愛話。というかラブコメしすぎです。 しかし火原は本当に空気読めない子ナンバー1ですね。いつでもテンパっている感じがします。土浦の元カノさんは何か腹黒さが若干滲み出てたような気がしました。「見たくない?二人の対…

Opus 14 「乙女心のカプリチオ」

いやぁ今回はおもしろすぎました。黒柚木全開、ギャグ絶好調。脚本は、前回の個人的に面白かった回と同じ藤咲あゆなさんということで。どうやら来週もそうらしいので、来週も期待できそうです。 さて柚木の妹、そして許婚が美少女すぎる。特に許婚の方が良い…

Opus 13 「かけがえなきメロディ」

こういうアニメってヒロインとは関係ない女の子がかわいかったりしますよね。Aパート冒頭辺りに登場した女の子がかわいかった。 ストーリーの方は、バイオリンをテスト終了までリリに没収され、その間に音楽について今一度見直す事になるという感じ。無難な…

Opus 12 「後ろめたさのピアニッシモ」

黒化柚木がすばらしい。日野さん、ではなく日野と呼ぶだけでこうも感じが変わるもんなんですね。保健室で、作ってる性格から自然と素の性格に戻る柚木怖すぎるw 騙しているのは私の方、柚木先輩を責める資格はない、と香穂子は思うのですがそれは違うんじゃ…

Opus 11 「白と黒のアダージョ」

また百合分が補充でき満足です。冬海さんはとても積極的でいい感じですね。「せせ、先輩のこと、香穂先輩って呼んでもいいですか?」→赤くなる のコンボはよかったです。最近の流れとしては香穂子が自分のバイオリンの演奏の事に悩み、それに誰かしらが絡ん…

Opus 10 「孤高のヴィルトゥオーソ」

今週は話が中々素晴らしかった。脚本は藤咲あゆなという方で、調べて見るとARIAの無印と2期の脚本をやっておられるようで。さて、月森を妬む生徒の、月森を閉じ込めてセレクションへ出れなくするという悪質な行為によって話が進む今回。ちょっと悪質すぎる…

Opus 9 「安らぎのコンチェルト」

今回は月森の事を考えつつの志水くんとの絡み。開始早々信号が赤なのにそのまま突っ込むところを香穂子に止められる志水くんがありえなすぎて笑った。あと部屋の床で唐突に寝てるとか常識外れすぎておもしろい。何かのきっかけで自分を見つめなおし成長して…

Opus 8 「こころ紡ぐカノン」

先週のようなギャグ分はどこへやら、かなり物語してました。 冒頭シーン「信じられない、声もかけないで帰るー?(しかし体にかけてあったジャケットに気づいて)これって、もしかして月森くん? (声はかけないのにジャケットはかけて帰るなんて…)」とかこ…

Opus 7 「秘めやかなデュエット」

うむ、なかなかに面白い。 先週からもちょっと思っていた事なんですが、若干デフォルメされた絵の使われる割合が少しながら増えてきたように思います。今週は(先週以降と比べれば)かなり多かったと思う。このデフォルメの使用はこのアニメにはとても効果的…

Opus 6 「胸騒ぎのポルカ」

今回は、代表メンバーたちで合宿に出かけるお話。 まさか、腐臭さはあっても百合があるとは思ってませんでした。冬海笙子(緑の髪の子)と香穂子のぱやぱやは今後の展開としてはありですよね?でも多分ない。 とある作曲家の話と、香穂子の境遇が重ねられる…

Opus 5 「裸足のヴィブラート」

個人的に今週は今までで一番出来がよかった。ちょっと王道的な展開でしたがそれでも燃えましたね。ピアノを演奏できるという土浦くんの伏線をきっちりと消化したので満足。すっきりしたストーリーでした。腐臭い部分など正直ほとんどなく、素直に面白かった…

Opus 4 「迷い心のワルツ」

以前も言った事があると思うのですが、腐臭さが非情に少なくて見やすくなってきた気がする。普通のストーリーものとして楽しめないことはない感じ。ただ盛り上がりには少し欠ける。

Opus 3 「匿名希望のショパン」

自分の演奏の参考にするために担当の先生から月森にでも聞いてみろと言われ月森に会いに行く。すると月森とその先輩2人がコンクールの代表について口論しているところに出くわす。暴力にまで発展しようとしたのでヒロイン香穂子は近くにあった花瓶の水を月…

Opus 2 「前途多難なガヴォット」

わりと普通のストーリーになってる気がする。多少腐臭い部分はあれど見れるレベル。ただ盛り上がりがないのでなんとも。妖精さんが可愛いので許す。

Opus 1 「ありえないプレリュード」

腐向けアニメ。しかし、昨今なにが起きるかわからないので3話くらいまでは視聴続行するつもり。 さて、時間の関係で2倍速で視聴。ストーリーは、音楽科がある高校で学園に住む音楽の妖精に見出され魔法のヴァイオリンを渡されたヒロインが音楽コンクールを…