読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

C

ニコ生で、アニメ『C』の一挙放送が決定! 再評価→映画化の流れを冗談抜きで期待する

嬉しいニュースが飛び込んできました。 ニコニコアニメスペシャル「C」一挙放送(2012/03/25(日) 開場:16:30 開演:17:00)関連ニコニコアニメスペシャル「モノノ怪」一挙放送(2012/03/20(火) 開場:16:30 開演:17:00)ニコニコアニメスペシャル「空中ブラン…

“C” Monologues 真坂木の独白 文字おこし

私、ミダス銀行通商部の真坂木と申します。 本日は改めて皆様に極東金融街のご説明を致したく存じます。 金融街に出入りするアントレと呼ばれる人々が従うべきルールはただ一つ、 私どもが開催する週に一度のディールに参加していただく。 それだけでござい…

『C』はメッセージ性アニメ

いろんなアニメが最終回を迎える時期、みなさまはアニメ消化に追われている毎日でしょうか? さて、ノイタミナ枠の『C』が終りを迎えました。考察しなければいけない点がたくさんの、そんな終わり方でした。 本記事では『C』が持つ強いメッセージ性について…

“C” Monologues 羽奈日の独白 文字おこし

“C” Monologues 羽奈日 公磨? あいつは高校の同級生。 あの頃から冴えなかったよ。 彼女? ふふ、いるわけないじゃん。 なんていうか、堅実すぎてつまんないとこあんだよね。 顔は悪く無いから、たまにコクられたりはしてたけど。 でもみんな断ってた。 本…

“C” Monologues ジェニファー・サトウの独白 文字おこし

“C” Monologues ジェニファー・サトウはじめは場違いな男の子が紛れ込んできた程度にしか考えてなかった。 最初のディールで意外や勝利した時も、まぐれだと思ってた。 声を書けたのはまともだったからだ。 金より大事なモノがあることを知っている目をして…

最終回を前に、『C』を少し考える

ずっとお前を見てたから、目の前にいるお前だけは絶対守りたいって思ったよ。でも、俺の知らない未来のお前も守れないと本当じゃないって分かったんだ『C』10話 collision(衝突)より、公磨の言葉オーバーヒーテッドエコノミーとか、サトウさんの介入とか、…

“C” Monologues#3 Qの独白 文字おこし

C Monologues Q 私はただのアセットに過ぎないのです。 従ってアントレの感情、私生活、現実世界での活動については興味がないのです。 アセットとアントレの関係はディールがすべて。それが原則と考えるからです。 しかし、私のアントレはディール以外でも…

『C』考察、真に強いアントレはアセットと信頼関係を持っている

6話まで視聴しました。 6話のディールでは、明らかに格上の宜野座(ボランティア王子)に公磨は勝利を収めました。果たして偶然で勝てるほどディールは甘いのでしょうか。 ディールでは、知識や相手の情報などの外部の要因が強く影響すると思っていました。…

アニメ『C』6話 「未来よりも何よりも、俺はとにかく身近なものを失うのが怖い。」

C

違うよ、真朱。勝ちたくないけど負けたくもない。未来よりも何よりも、俺はとにかく身近なものを失うのが怖い。『C』6話 conflict(葛藤)より、公磨の言葉『C』6話を視聴しました。フジテレビでは既に7話が放送されています。 6話に詰め込まれたメッセージ…

アニメ「C」の真朱が可愛い。真朱にエロいことさせよう。

「アセットはアントレの言いなりになるしかない」「C」第5話より、真朱の言葉アセットとは、金融街のプレイヤー「アントレプレナー」の資産でありパートナーである。現実世界ではミダスカードというアイテムを用いて交信することが可能である。Cを見ている方…

『敵を必要以上に傷つけずに大切な者を必ず守り抜く力』 アニメ「C」4話感想。

「ディールの醍醐味は、タダの勝ち負けじゃない。勝ち過ぎず負けすぎず、周囲の及ぼす影響を考えながら最大限の利益を産み出していくことだ。」「C」第4話より、三國壮一郎の言葉「C」4話を視聴しました。関東圏では既に昨日、5話が放送されています。「C」…

ノイタミナ枠アニメ「C」は、もっと評価されるべき

C - 動画配信サービス「フジテレビ On Demand」 特別無料配信1話より引用 ノイタミナ枠、アニメ「C」を視聴しました。とても面白い。 カードバトル的な要素と、金融取引が絶妙に絡み合うサスペンス。 監督は、「怪 〜ayakashi〜」「モノノ怪」などで有名な中…