読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

CODE-E

CODE-Eビリビリ団員大決定! 実名で流れますけれど

さて、予約しておいたCODE-Evol1電磁波プライス版が届きました。しばらくCODE-Eから離れていたので、公式ページに23日ビリビリ団員の名前が発表されたのをDVDが届いた今日確認しました。公式ページを見る前にDVDの名前がクレジットされているのを見ました。…

CODE-E最終回、期待を裏切られてしまった

展開が早いってレベルじゃない最終回だったかと。少し前、正確には9話、千波美が暴走して商店街をぶち壊す話ですが、あのときも確かに急展開だったと思うのです。9話の感想でも書きましたが、9話以前が本当にゆっくりと話が進んでいたので、9話で千波美の精…

第11話 サマースクールと陰謀のこと。

サマースクールへと参加する事になった千波美。サブタイ通りそこでさまざまな事が起こるわけなんですが…あぁ、そのそのがあまりにかわいそうすぎますね…。光太郎が結局千波美しか見ていないという事を園美本人も薄々感じていて、強引にでも自分側に引き込も…

第10話 消えた力と気持ちのこと。

完全に力がなくなった千波美。そして、そのおかげで「普通」の生活を送る事が出来る千波美。その差に戸惑いつつも、携帯電話を持つ事が出来るだとか、音楽プレイヤーを使う事が出来る打とか、炊飯ジャーを使う事が出来るだとかエトセトラに少し楽しさを見出…

クイズに正解してCODE-EのDVD vol.1・特典映像に名前を載せよう

10月24日にDVDが発売になるCODE-E。電磁波プライス版という3333枚限定で3333円(3話収録)と超お手ごろ価格な限定版もあったりします(通常版もあります)。さて、DVD販促なのかわかりませんが、現在公式で開催されている企画で、CODE-Eに関するクイズに6問…

第9話 お見合いと恋敵のこと。

このアニメは今までどっちかというとまったりと進んできたので、今回の急展開にはかなり焦りました。千波美と光太郎が仲良くするのを見てますます嫉妬する園美。今までは、嫉妬するだけで終わっていましたが、今回はお見合いというアクシデントも相まって、…

第8話 色仕掛けとすれ違いのこと。

先週光太郎を意識してしまった千波美ですが、自分では違うと言いつつやっぱり光太郎のことは意識してしまっていたようで、園美が光太郎のために頑張って努力し、褒められているところを見て動揺してしまうシーンがあります。そのシーンは園美も最高にかわい…

第7話 外国人と初恋のこと。

なんとあの外国人たちは留学生生徒として潜入してきたのだという。この見た目で生徒は笑った。まだ千波美が目的ということ以外は謎なのでなんとも言えませんが、重要キャラであることは間違いなさそうです。でも何だかミスが目立っているのは笑える。 さて園…

第6話 巫女さんと修行のこと。

CODE-Eって何だろうとずっと思ってたのですが、今回で少しその秘密というか、謎が明かされました。由真曰く、千波美のように、体から電磁波、強い力を出すことができる人たちをタイプEというらしい。そしてこの由真という少女もタイプE、つまり千波美と同じ…

第5話 憂鬱と親子のこと。

サブタイどおり「親子」というのがキーワードになる今回。自分の体質のせいでまた父の仕事を台無しにしてしまい意気消沈してしまう千波美。ただあまりに落ち込んでいたために周りに、特に(意外なことに)園美に心配されてしまう。しかしそれは、園美自身が…

第4話 秘密とバカのこと。

先週、この三角関係な関係がしばらく続けばいいなと言ってましたが、今回できっちり解決しちゃいましたね。でも、それに至る経緯が素晴らしかったので言うことなし。園美の、光太郎を思う気持ちがビンビン伝わってきました。そして、本人は何もしてないのに…

第3話 電磁波と研究のこと。

どういう方向性のアニメか気になっていたのですが、実はラブコメ的要素が強いのですかね。まさに科学バカな光太郎、そんな光太郎を実は好きな園美、そして(性格的じゃない)電波ゆんゆんな千波美。光太郎と千波美にまったく男女の意識がないのに、それを見…

第2話 科学と幸せのこと。

先週は「君の体に興味があるんだ!」と突如告白じみたことをされた千波美。光太郎が純粋に自分の体、体質に興味を持っていることは理解した千波美ですが、やはり自分のその体質には相当のコンプレックスがあるようで、中々受け入れられない。かなりしつこい…

第1話(新) 転校生と告白のこと。

かなり遅れて関西でもスタート。思っていたものと全然違った話だったのでそういう意味では新鮮に見れました。ヒロインである海老原千波美がなんともいえないキャラですね。キャラデザ自体がちょっと古風というか、一昔前っぽいというのが関係してるかもしれ…