隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

第10話 「不協和音【雑音】」

公式のサブタイと放送時のサブタイが違いましたね。公式のタイトルは「旋律【不協和音】」になってました。意味的に捉え方が結構変わってくると思うのですがこの違いはただの公式の間違いなのか元々はそれにする事になっていたのか。
さて、タイトルどおり不協和音なお話、つまり人間関係がギクシャクするお話でした。ネーブラを操るのは真だけだと勝手に私は思いこんでいたので、普通に伊織が指名されたりするのかぁと驚いたりしてました。その指名された伊織はかなり嬉しいようで、やったーやったーと素直にガッツポーズで喜ぶシーンはほほえましかったです。ほんとこの子は素直です。最近の伊織の持ち上げは異常なほどだと思います。伊織株急上昇中です。
さて、おそらく真と思われますが、ハッキングが真によって行われ何かしらネーブラに支障をきたすようにし、結果的に伊織をネーブラのアイドルから半ば強制的に離脱させた真。伊織があまりにかわいそうすぎるシーンでした。伊織は何も悪くないのに…。
アイドルには心があるのかないのか、いうのが真の心の奥に潜む闇のようで、その闇が生まれた原因にはどうやらあずささんが絡んでいるようです。真の回想を見る限りはどうやらあずささんが昔ネーブラに乗っていたときに何かしらの事故が起こったか何かだとは思うのですが、はたして真相はわかりません。最終的には真と伊織は和解してくれるのだと信じていますが、真は堅物というか、中々心を開かない感じなのでどうなるか…。