読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

アニメのBD・DVDを購入する意味とは何だろう?

考察 アニメ

なぜDVDやBDを買うんでしょうか。もちろん「その作品を好きだから」だとは思います。面白いと思った作品は持っておきたい、手元においておきたいと思うことは自然ですし、特にオタクであるならばその傾向は強いと思います。もっと単純に言うならば作品愛でしょうか。

これはゾンビですか?第1巻 [Blu-ray]

私が現在マラソンしている*1のは、2期も決定した『これはゾンビですか?』という作品です。なぜマラソンする気になったのか。もちろん作品が面白かったからです。そしてBDを買うことで作品に貢献したい、作った方々にお礼をしたいという気持ちがあったからです。さらに言うならば、2期を応援するためでもありました。
そういった意味で2期が決定したのは本当に嬉しいことであり、買ってよかったなぁと心の底から思うのでありました。


さて最近、こんな記事を読みました。
【とあるアニオタの】あなたの深夜アニメのBD/DVDを購入する決め手って何ですか?【購入動機】 (まごプログレッシブ:Part2〜Scenes From A Memory〜)(情報元:カトゆー家断絶さん)


こちらの記事では、個人的な購入動機を大きく以下の3つに分類されています。

  1. パッケージのコレクション性
  2. 各種特典の充実
  3. より完璧な映像を求めて。

自分が購入している理由も、この3つが大きく関わっていることは間違いありません。そしてこの3つの理由は究極的には最初に述べた「好きだから」、つまり作品愛に集約できるのではないかと考えています。


実は前々から購入動機というよりは、「購入する意味」について考えていました。現時点では、以下の考え方が気に入っています。


「DVD・BDを買うことはその作品を全力で楽しむ! と宣誓をするようなものである。」


この「楽しむ」という言葉がポイントでして、つまり買う「瞬間」だけでなくその先、つまり購入した後にも重点を置いているのです。
そう、BDやDVDを買う行為は、今からもっともっと楽しんでいくぞ! という気持ちを表現しているのだと思うのです。

僕は、私は、その作品を忘れない

アニメの放送が開始され、毎話楽しみ、そして最終回を迎える。リアルタイムで作品を楽しめるのも、そこで終わり。最終回が来るたび、寂しい思いをする。「面白かったなぁ…」と。
もちろん録画したものを見返すことはできます。しかし新しいアニメが始まれば、新アニメを優先して視聴することが多く、実際問題、前クールのアニメを丁寧に見返す時間が無いのが私の実情です。
もちろんその作品を忘れるなんてことは決してありません。しかし、そのアニメへの想いや記憶が、どこか希薄になっていくことが時折ですがあります。


そこでDVD・BDを買うとどうなるか。言葉は悪いですが、半強制的に作品への愛を持続させることができると考えています。ただし決して無理に購入しているわけではありませんし、この考え方は後付的なものです(詳細は後述)。


先程も述べましたが、DVDやBDを買うことは今からもっともっと楽しんでいくぞ!という気持ちの現れだと私は思うのです。逆説的かもしれませんが、ずっと愛していたいアニメはDVD・BDを買いたいと思うのです。

購入した人なら分かる? 作品を愛し続けられる理由

ここからの議論は購入を前提とした話なので後付っぽく聞こえるかもしれませんが、BDやDVDを買うとその作品への「好き」という感情が素晴らしく激しく込み上がってくるのです。同時に、その作品への自分の思いを再確認することができるのです。

BD・DVDを購入すると決める・決めた瞬間からの作品愛の感じ方についての一つの考え方。

  1. 「購入」すると決めた時点で、作品への自己愛を確認することができる。
  2. 「購入」という作業をする必要があるから、少なくとも作品を思い出す。
  3. 所有しているから、たとえ視聴しなくてもパッケージを眺めるだけで作品を思い出す。
  4. 購入したBD・DVDを1度視聴することで作品を思い出す。
  5. 何度も見返すことで作品を思い出す。


数字が若いほど購入決定側に近い作業です。つまり「BD・DVDを購入する行為」が無意識的に作品愛を感じさせる機会を作ってくれるので、結果的に再作品愛に繋がるのではないか、という考え方です。


あなたの深夜アニメのBD/DVDを購入する決め手って何ですか?

以上の思考から、現在私がBD/DVDを購入する決め手は、「作品を過去のものとして置き去りにするのではなく、自分の中で、ある種のバイブルにしておきたい、作品愛を持ち続けたいと意識的に思う、という閾値を超えたときだ」と仮説を立てました。

ここからは予防線張りです。

ただそうはいっても勘違いしないで欲しいのは、DVD・BDを購入しないからと言ってその人に愛がないわけではない、ということです。だから決して気負う必要なんてないし、「お前、そんなにその作品が好きなのにDVD持ってねーのかよ」に対して気落ちする必要もないと思います。
例えば、自分の好きな作品であったとしても1話1話の全てを覚えていて、詳細に語れるかといえば必ずしもそうではないと思います。私はCODE-Eという作品が大好きですが、じゃあ○○話がどうだったか? と言われると正直なところ思い出せません。ですが大好きです。
もちろん、「それは作品愛が足りないだろ、常考」と仰る方も多いと思いますが…。

CODE-E [DVD]

余談ですが実は、CODE-EはDVDを1巻目だけ購入しています。なぜならCODE-Eビリビリ団員企画に参加したかったからです。詳細は、アニメ「CODE-E」公式応援団“ビリビリ団員”大決定!!をご覧頂くとして、簡単に説明すると公式で行われたクイズ大会に全問正解したら、DVD1巻特典映像に名前がクレジットされるという企画でした。

なお、DVDが届いて驚いたのは「本名」がクレジットされたことでした。総正解者数167人の本名が5人ずつ表示されてクレジットに流れる様はゾクゾクしましたね(良い意味で)。当時の感想はこちら:CODE-Eビリビリ団員大決定! 実名で流れますけれど


CODE-E 公式応援団“ビリビリ団員”大決定!! 団員名簿(一部切り取り)
これは当選者発表一覧(ハンドルネーム)だが、実際のDVDには本名がクレジットされた。


最後に

「BD・DVDなんて、テレビの録画を残しておけば必要ないよね」、そんな言葉があります。この言葉は嘘ではないですし、むしろ事実かもしれません。
ですがもしも作品を気に入って、「すごい面白い、これはすげぇ」と感じ、その気持に素直に従ってDVD・BDを買えば、損をすることは無いと断言します。予想外に嬉しいことは多々あっても。


さて、みなさんがアニメのBD・DVDを購入する理由とは何ですか?

*1:アニメ作品がDVD/BD化される際は多くが2話ごと3話ごとのように話数が区切って収録されるため、巻数が複数に渡る。全て集めるには最初から最後まで買い続ける必要があるため、「マラソンする」と表現される。