読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

境界線上のホライゾンのワクワク感は異常

4話まで見ました。
人間関係についてそれほど理解できていない私でも、ホライゾンのスケール感に圧倒されています。それは、いろんな立場のいろんな人が登場するというのもそうだし、個々人の戦いから戦艦レベルの戦いまで描かれるという意味でもあります。
また、各キャラのパワーバランスがまだ明確に描かれていないというのも面白い。大人たちと生徒たちにはどの程度戦闘力に差があるんだろうとか量産型自動人形の強さはどのくらいなんだろうとか、そういう話。


これから子供たちも戦争に巻き込まれていくんだろうけれど、一体どこまで食い込んでいくのだろうか、食い込めるのだろうか、それとも傍観決め込むのだろうか…と想像すると楽しい。4話以降、どんどん話が動いていくことは間違いないわけで、それは個人から全体という視点まで様々であるはずで、妄想の余地がありすぎてたまりません。
1話で感じたワクワク感に狂いはなかった!

ジャッジジャッジ。


関連記事:『境界線上のホライゾン』1話、ワクワク感! そして光規制!