読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

フラクタルを見ようキャンペーン


昨日、Twitterのタイムラインに「フラクタルのDVDが投げ売りされている」というツイートが流れてきて、実際見てみると2011年11月15日現在ですが、確かに安い。
フラクタル第1巻DVDが939円(76%OFF)、BDが907円(82%OFF)16日現在BDの安売りは終了したようです
と、どちらも1000円を切っています。興味深いのは、DVDよりもBDの方が安いということ。なお、「ねんどろいどぷち ネッサ」付ではありませんので、お気をつけ下さい。

気づいたらポチっていました(上のリンクはアマゾンアソシエイトです)。



念のため申し上げますと、この記事では別に「フラクタルwwwwww」と馬鹿にしたいのではありません。では何かというと、これを機にフラクタルをちゃんと見ようという、自身への啓発なんですね。

フラクタルは、2011年の1月から3月まで放送された作品です。私は当時、精神的なものが原因でフラクタルの視聴を止めました。作品の内容が云々で切ったとか視聴をやめたとかではないんですね。
だから、今ではすごく後悔しているんです。世間では、フラクタルの評価は何故か低い。低いどころか、監督である山本寛さんへの人格攻撃も行われている。
そんな世間の流れに、本当なの? と、言葉は悪いけれど参戦したかった。だけど、作品を見ていない自分には多分、資格がなかった。
さらに、当時はフラクタル推しの記事を沢山書いていたものだから、余計に最後まで付き合えなかったことを後悔しています。

関連記事(下に行くほど新しい):


さっさと見ろよという話なんですが、やはりいろいろあって、モチベーションが上がらなかった。録画は残してあるのですが、再生ボタンが押せない。

しかし、この作品はしっかり見ておきたいという想いはあった。



『フラクタル』は「萌え」の何を斬りつけたのか? - ゲームばっかりやってきました

@SpANK888さんのツイートを引用。


こんなツイートと記事も流れてくる。ますます見なければという思いが強くなりました。


そして今回、BDが安いという情報が流れてきて、気づいたらポチっていました。これを機に、フラクタルをもう一度ちゃんと見ようと思います。
みなさんも、もう一度、見てみませんか?