読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

今から見ても間に合う! 2012年夏から始まったアニメを3話まで見たので数行ずつコメントしていく! その1

以前、まだ間に合う! 2012年夏から始まるアニメに一言ずつコメントしていく!という記事で、新番組に対してコメントをしていきました。
本記事では、概ね3話まで見た現在の気持ちを書き綴っていこうこともいます。概ね3話までです。量が多くなったので、分割して更新していこうと思います。本記事はその1です。

今から見ても間に合う! 2012年夏から始まったアニメを3話まで見たので数行ずつコメントしていく! その1(本記事)
今から見ても間に合う! 2012年夏から始まったアニメを3話まで見たので数行ずつコメントしていく! その5

最近はニコニコ動画で配信しているアニメも多く、3話くらいまでなら結構間に合ったりします。「お、ちょっと面白そうかも?」と思ったら、ぜひ、一度ご自身の目で作品を!

なお、以前書いた記事のコメント(緑背景)もつけていますので、ギャップを感じてもらうのも楽しいかもしれません。なお前記事で、一部アニメを省いてしまったものは追加、前回書いたけれども未だ見ていないアニメは省いています。それではどうぞ。


アニメ「TARI TARI」公式サイト

歌、合唱を主軸に置いた作品。見るたびに、ヒロインである宮本来夏ちゃんの頭のバランスが悪いなぁとか思っています(おい)。
公式サイトのキャラクターを見ると分かりますが、男キャラクターも絡んできます。ただし、3話でようやく本格的に絡んできたくらいで、もしラブコメ方面に行くとしたならばこれからです。ヒロイン3人は皆可愛いです。

作品の「感覚」としては、とてもエロい、という感じ。細かな体つきの描き方だとか見せ方が上手いので、「おぉ、エロい」と胸の奥あたりを刺激される感じ。そのうち記事を書く予定です。
関連:TARI TARI1話のエロかったり凄かったりしたシーンをピックアップしてみた - りきおの雑記・ブログ


これからのお話の傾向としては、「辛いけれど頑張る私たち! 最後は歌うよ〜」だと思います。上手くラブコメもするけど、3人娘が頑張りに頑張る、みたいになるんじゃないだろうかと予測しています。

女の子かわいい、音楽がいい、絵も綺麗、というキーワードにピンときたらぜひご視聴を!

関連記事:『TARI TARI』で流れた「リフレクティア」に心が傷んだ - 隠れてていいよ


公式サイトを眺めてすぐに「可愛い」と思った。こういうファーストインプレッションの「可愛い」という感情はすごく重要です。キャラデザや塗りっていうのは、本当に重要。そういう意味で楽しみな作品です。
でもなんか、ストーリーが若干メランコリーになりそうで怖い。製作がP.A.WORKSさんということで、クオリティは問題無さそうな気はする。
メインヒロインと思われる子の声優さんが高垣彩陽さんというのもポイント高。瀬戸麻沙美という声優さんもちょっと気になります。

人類は衰退しました

中原麻衣さん素敵最高、死んでもいい……というくらい素晴らしい作品。女性視点モノローグ、すなわちヒロインである「わたし」視点で、ひとりごとがずーっと続くイメージ。女性視点モノローグ作品は、最近では珍しいと思います。声が中原麻衣さんなので最高のご褒美。

ストーリーとしては、タイトルにあるように「人類が衰退した」お話です。といっても別に人類が絶滅しているわけではなく、人間が「旧人類」、そして妖精さんという存在が「新人類」として存在している世界、だそうです。妖精さんは手の上にちょうど乗るくらいの可愛い大きさです。
20120723223117


知り合いの方の言葉をお借りすると、本作品は不条理コメディ的な内容です。ヒロインである「わたし」は、かなり毒舌。というか、思ったことをずばずば言います(厳密には心の声で言う、つまりモノローグ)。扱う内容も非常にブラックジョークというか、一癖も二癖もあり、思わず「うへぇ」と歓喜の声が漏れてしまいますこと請け合いです。
またオープニングアニメーションが素敵過ぎて、すごいです。衰退ダンスは世界を救う気がします。



女性視点モノローグ(CV:中原麻衣)、不条理コメディ、絵が可愛い、というキーワードにピンときたらぜひご視聴を!


原作者が田中ロミオさんだということは知っています。昔、田中ロミオ作品を読みたいと知り合いに相談した時に「じゃあ、とりあえず人類は衰退しましたを読めば良いんじゃないかな」と言われて結局読まずじまいの作品です。
どうでもいいんですが、公式サイトの閲覧性が悪すぎて困る。損だと思いますよ。情報がどこにあるのかを、さっと分からせて欲しい。

ちなみに監督が岸誠二さん、シリーズ構成が上江洲誠さんというタッグなんですよ。これだけで見るモチベーションがアップしてしまいました。
ヒロインの声優が中原麻衣さんというのもポイント高。

TVアニメ「トータル・イクリプス」

わりと設定が細かいらしいのですが、それを深く理解しなくても、登場人物たちの会話とか話し方を聞いているだけで、結構楽しめたりします。1話2話と3話では、ある意味で世界観がガクッと変わって別物みたいに思えるのですが、その3話も私はかなり楽しめましたね、1話2話と比較すればなおさら。
既に4話まで見ていますが、私のTwitterのTL(タイムライン)では「微妙かも」という声と「面白い」という声が半々、若干微妙かもが押している感じですね。

とは言っても実際自分の目で見てみたら、そんなに悪いとは思わないんですね。ただ、ストーリー構成、つまりお話の全体としてみると「うん?」と首を傾げたくなるようなところがある。具体例は挙げませんが、簡単に言うと、主人公の思考の流れに論理性が感じられない、という感じ。その結果、主人公の選択によって起こる事態をすんなり飲み込めない感じ。
逆に言うと、個別個別のシーンや会話を切り取ると、結構面白かったりするのです。


よく分からん世界観(ひどい)、一応メカメカしている(ひどい)、主人公が結構うざい(ひどい)、というキーワードにピンときたらぜひご視聴を!


マヴラブシリーズについていけるのか、そこが問題だ。オープニングテーマは倖田來未さんが歌うらしい。エンディンは栗林さんと、なかなか面白い取り合わせ。
メカメカしい感じらしいのですが、ハッキリって分からんというのが本音。多分だらだら見ちゃう。

アニメ「超訳百人一首 うた恋い。」公式サイト

当初の予想を良い意味で裏切ってくれた作品です。
百人一首」に詠まれている恋歌を、当時をそのまま再現するように説明をしてくださる、という感じ。恋歌ということで、人間関係が複雑であったり熾烈であったりするものが多いため、見ていて面白いです。そして何より私自身は歴史に詳しくないため、歴史を学べる、という点が好奇心的な意味で楽しいです。

OPとEDが本編に合ってなさすぎるという声をよく聞きますが、確かにちょっと合わないと思います。一瞬、とりあえず一般アーティスト当てときましたアニメ、かと思ったぐらいです。
ただそういった要因や、「なんか男性が見るものとは違う」という先入観を取り去らって見てみますと、案外、面白かったりするのです。


歴史、男女の人間関係、ゆる〜く見れる、というキーワードにピンときたらぜひご視聴を!


きっつそうな感じのキャラデザなんですが、こういうアニメが案外面白くなるかもしれないところがアニメの面白い所。とりあえず1話は見てみます。


以上、その1終わり。