読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

盛り上がってまいりました! 2012年夏から始まったアニメを8話くらいまで見たので数行ずつコメントしていく! その2

アニメ

早く書かないと、今期アニメ終わっちまうぞー(自戒)
盛り上がってまいりました! とか言ってる場合じゃない!(切実)


本記事は、以前書きました2つの記事、

の姉妹記事となっております。

本記事では概ね8話弱まで放送されましたアニメについて、ちょこっとずつコメントしていこうというものです。
アニメによっては既にクライマックスに入っているものもあったり、シリアス展開に入っているものもあったり……と様々。最後までアニメに付き合っていけるかどうかの2度目の分水嶺はちょうど今頃なのだと思います(1度目は3話くらいまで)。


盛り上がってまいりました! 2012年夏から始まったアニメを7話くらいまで見たので数行ずつコメントしていく! その2(本記事)

TVアニメ「ゆるゆり♪♪」スペシャルサイト

面白いですー。だけども、もう一捻り欲しいという願望はある。

既に新キャラなどは居ない。既存キャラクターでシチュエーションを構成し絡みを考えイベントをこなしていく、という状態に入っている。だからこそ、ある種の予定調和になっており刺激が足りない……というのは求めすぎでしょうかね。キャラクターが可愛いので、特定のキャラクターの可愛さや個性を出しておけば乗り切れる状態に既になっているわけですよ本作品は。だからこそ、2期では何をやるのかというのが重要なわけで、そういう意味で安定はしているけれど刺激はもっと欲しいと思っています。

とは言っても、ひまさくは正義です。最後まで楽しみです!

アルカナ・ファミリア

フェリチータちゃんが可愛い……もうそれに尽きる。
正直に言うと、ストーリーはちょっと追えていないんです。だけど、何となくストーリーを追いながらもフェリチータちゃんと各キャラの絡みを眺めているという現状に十分満足していたりします。

私の環境では、アルカナ・ファミリアを見るためにはニコニコを利用するかアニマックス無料放送を見るかしかないのですが、アニマックス無料放送は「登録したら消えます」ロゴが入ってしまうのでどうしてもニコニコで見ようという気になってしまい、しかしニコニコだと見逃す恐れもあって……という悪循環に陥っていたりします。
視聴環境のせいでアニメをきちんと見れないというのは作品に失礼な気もするので、もうちょっとどうにかせんと行かんなぁと思ったり。

フェリチータちゃんは正義です。最後まで楽しみです!

TVアニメ「貧乏神が!」公式HP

ギャグを基調にシリアス感動話を織り込むというメソッドな本作品。人によってはその感動が若干押し売りに見えて苦手だ、となるそうです。私自身、確かにそういうふうに感じたりもするんですが、それを含めて『貧乏神が!』という作品だと感じています。
ちょっと違うかもしれませんが、サンデーに連載されていた漫画『今日から俺は!!』のようなノリで見ていたりします。今日から俺はも、基本ギャグ調なんだけど一応ストーリー展開があって、そこで「友情」や「熱さ」が描かれてカタルシスを感じるというものだったと記憶しています。もちろん「悪役の描かれ方」だとか「ギャグの性質の違い」みたいなのはありますが……。ただたしかに貧乏神が!は、シリアス感動比率が高いようにも思います。

貧乏神が!』の8話くらいまでで好きだったのは、ヒロインの桜市子と石蕗慶太に纏わる話でした。涙腺にヒットしましたね。石蕗という人そして石蕗家を、普段の市子とロリ化した市子という異なる視点で描かれるストーリーの構図(3話と5話6話の対比)はとても良かったです。


楽に見れる作品です。最後まで楽しみです!

テレビアニメ『もやしもん リターンズ』公式サイト

面白い。
正直なところ、フランス編に入るくらいまではボケーッと見ていたんですね。だけどフランス編で一気に引きこまれ、いつの間にか原作を買っていて、アニメのフランス編が完結する前に該当編まで読み終わってしまいました。
以前もやしもん9話とテレコム・アニメーションフィルムという記事でも書きましたが、とてつもなく女性が可愛く描かれており、その中でも9話の長谷川さんは可愛くて可愛くてたまりませんでした。

本作品では恋愛要素もちょこちょこ描かれるんですが、その中でも笑い飯の西田をモデルにデザインされたという美里というキャラクターがとてもとても素晴らしい。不器用だけども芯が通っているというタイプで、要所要所で男を見せてくれるんですよ、もちろん恋愛関係でも(というか長谷川さん相手に)。その振る舞いが、普通の「よくできました!」という100点満点の振る舞いとは程遠いにも関わらず、もうカッコいいのなんの。

本作品は心底悪い人が描かれないのも見やすい点だと思います。最後まで楽しみです!



以上、その2終わり。