読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

盛り上がってまいりました! 2012年夏から始まったアニメを8話くらいまで見たので数行ずつコメントしていく! その5

アニメ

既に終わったアニメがある? なぁに、放送が終了しただけさ
「お前がそう思うんならそうなんだろう お前ん中ではな」


本記事は、以前書きました2つの記事、

の姉妹記事となっております。

本記事では概ね8話弱まで放送されましたアニメについて、ちょこっとずつコメントしていこうというものです。
アニメによっては既にクライマックスに入っているものもあったり、シリアス展開に入っているものもあったり……と様々。最後までアニメに付き合っていけるかどうかの2度目の分水嶺はちょうど今頃なのだと思います(1度目は3話くらいまで)。


盛り上がってまいりました! 2012年夏から始まったアニメを7話くらいまで見たので数行ずつコメントしていく! その5(本記事)

ソードアート・オンライン

アスナさんとキリトくんのイチャラブ加減に皆さん壁ドン模様だそうですが、如何お過ごしでしょうか。私は鈍いキリトくんを眺めているのが好きで、そんなキリトくんがアスナさんと結ばれた(性的な意味だけじゃなく)ことに対しては、微笑ましく見ておりました。
特に2話3話あたりでは、ストーリーの繋ぎが強引すぎる、展開が早すぎてキャラが捨てられているように感じるなどと憤っていましたが、いつの間にやらそういった不満はある程度消えており、また原作1巻を読んだこともありソードアート・オンラインの世界にどっぷりハマっているのでした。ところでシリカちゃんはいつ再登場するんでしょうか。


最後まで楽しみです!

ココロコネクト

某件については、お願いだから「ココロコネクト? あぁ、あのドッキリ事件の作品ね」とならないでほしいという記事で書きましたので。

さて、ヒトランダム編の終わりを見た時点でちょっとだけ辛くなったのです。というのも、おそらく何かしらの意図があって入れ替えが行われているはずなのだけど、それに対する理由付けに関わる部分が現段階では「何かしら理由がある、だけどそれは明らかになっていない。恐怖、不安だけが募る」となっているからです。
つまり、人の心をさんざん弄んだことに対するフォローが現時点では殆ど無いので、見てる側としてはちょっとだけ辛くなったのでした。とは言ってもドキドキさせてくれる作品です…。

ところで高校生の彼彼女達はやたらと全能感に溢れているのですが、高校生ってあんな感じでしたかね。私自身が高校時代には、ああいうふうな男女関係まっただ中に居なかったので感情移入しきれないのですが、どこの高校生も、全能感溢れているものなのでしょうか、そしてその現実の全能感を極端に描いたのがココロコネクトなんでしょうか……分からぬ。


とは言え、最後まで楽しみです!


境界線上のホライゾン

本作品を紹介するときにいつも言うのが、「細かいところが分からなくても楽しめる」ということです。これは裏を返せば「細かいところまで理解すればもっともっと楽しめる」ということなのですが、しかしそうは言っても誰もが原作全部読むだとか、設定資料に目を通す事ができるとは限らないわけです。忙しいですしね。
でも、そういう「知らない」状態でホライゾンを見ても楽しめるんです。なぜかって言えば、ストーリーの方向性が明確なので、細かいところが分からなくても「今、女の子を助けようと皆が頑張ってるんだな」という感覚は得られるからです。それに加え、いわゆるアクションシーンに手抜きがないわけですから「個人戦」「大規模戦闘」どちらにおいても見ているだけで楽しめてしまう。特に大規模戦では、そのスケールの大きな映像に圧倒されてしまいます、少なくとも私は。

分割2クールですが、原作で言えばちょうど2巻下巻までのアニメ化になっていますので、もしアニメを見て「このへんどうなってんだろうなぁ」と疑問がわいたなら、原作に手を出されては如何でしょうか。1巻上下、2巻上下だけでありえないほどの分厚さとなっておりますが、それにしてはサクサク読み進められること請け合いです。


アニメはクライマックスへ突入しています。最後まで楽しみです!



TVアニメーション「DOG DAYS´」公式サイト -ドッグデイズ-

何が素敵かって、エロいこと可愛いことに対して見てる側が恥ずかしがらなくても良いという点ですね。極端に言えばとりあえずブヒっておけば良いということになる。そんな感情すらも受け止めてくれる素敵な作品がDOG DAYS´だと思います。
何話を見たとしても、とりあえず可愛さ成分エロさ成分を手に入れることができるのは貴重。また異世界設定なんでもあり設定なので、幼女化シチュとかを余裕でできるのが素敵。現実を舞台にした作品にはできないことです。


最後まで楽しみです!


TVアニメ「織田信奈の野望」スペシャルサイト

マジで面白すぎる。
五右衛門ちゃんや半兵衛ちゃんといった、いわゆるロリキャラが可愛いのはもちろんのこと信奈や柴田勝家などの非ロリキャラまで可愛いとあれば面白くないわけがない。
なんというか、彼女らは目力があるんですよ。見ているだけで吸い込まれそうなくらいな力を放っているんですよ。

またキャラクター間の関係が良い。これは主人公と女の子という意味でもあるし、女の子間という意味でもある。まず主人公については、信奈という正妻が居るせいか本気の恋は信奈としか描かれない点が良い。いわゆる「フラグは立てるけれど、俺の心は信奈だ」というアレです。後者については、最近の明智光秀に関連したお話が凄く良かった。主君である信奈と家臣である明智光秀の心の探りあいというか、一方的な明智光秀の探りだったわけですが、感情の揺れ動きそして最終的に明智光秀の心を正しく戻した信奈の心。すんばらしいとしか言いようがない。


というわけでキャラクターが可愛いしストーリーもちゃんと存在するしとあれば、面白く無い訳がありません。最後まで楽しみです!


アニメ えびてん 公式サイト

以前、「もうちょっと突っ走ってもらわないと辛いかも」などとコメントしていたのですが、特にここ数話は初期の1話2話あたりの「やってる感」が戻ってきているような気がするんです。具体的にはエロとパロディに真っ直ぐなところです。
当初から、「とにかくエロとパロディに突っ走る」姿勢に強く感銘を受けて視聴していたので、途中失速したと感じてしまったのです、事実。だけどもここ数話は戻ってきたように思います。

ニコニコ生放送でのリアルタイム視聴でしか現状は視聴環境がないのもあり細かい点に言及できませんが、何度も言うように「エロとパロディに潔い」ことは間違いありません。そしてそこに潔いので、ストーリー展開が超展開(すなわち、あまり論理的ではないがガンガン進ませる)になりがちで、そこも良い。


なんだかんだ言って見てしまっているのでした。最後まで楽しみです!





以上、その5終わり! 終了!
既に最終回が放送しているアニメも多いですが、ここまでお付き合いいただきありがとうございます!
次は総括記事にご期待ください!