読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

アニメ『アイカツ!』のヒロイン、星宮いちごちゃんが可愛すぎてマジ天使すぎて死にたい

アイカツ!

20121015221919


え……



20121015221920



え、え……




マジ天使すぎる



はじめに

アニメ『アイカツ!』のヒロインである、星宮いちご。この子が圧倒的に可愛い。

アニメ開始の10秒ほどで、「私の熱いアイドル活動、アイカツ! 始まります! えへへっ」って導入やってくれるんですが、これがあまりに可愛すぎて何度も何度も再生をしてはその度に萌え転がっています。何度再生して何度見ても、可愛さは衰えず、それどころか「永遠に見ていたい」と思った。


目の大きさと体全体のバランス、デフォルメ加減、服装、話し方(声含む)、そして「えへへっ」のタイミングと眩しい笑顔……これをマジ天使と言わずしてどうするのか。



20121015221922


20121015221921




確かにアニメを見続けていたらですね、何クールに一人はこういう「圧倒的に可愛い子」に出会うことがあるのですが、久々に大ヒットですよ……。特にこの、番組入りの「始まります!」の10秒にも満たないシーン……これはガチ。
録画した人は最低10回は再生してその可愛さに酔いしれるべき。


もちろん可愛いだけじゃないよ!

本作品は、平日であるところの月曜日19:30にテレビ東京系列で放送しております。本日、2話が放送されました。
公式サイト:アイカツ! - テレビ東京・あにてれ



親友のあおいに誘われて、アイドル養成の名門校「スターライト学園」に編入した星宮いちご。そこでアイドルとしての様々なことを学びつつ、トップアイドルである神崎美月(CV:寿 美菜子)を目指して頑張る! という(一応)微笑ましい内容。

原作はいわゆるトレーディングカードアーケードゲーム(ゲームセンターに置いてあって、お金を入れたらカードを1枚もらえてってやつですね)、女児向けであり、そしてプリティーリズムに真っ向から喧嘩を売っているような内容になっております(コーデ的な意味でもダンス的な意味でもプリズムアクト的な意味でも)。ちなみに発売元はバンダイ。キャッチコピーは「国民的アイドルオーディションゲーム」。


本作品の面白さを箇条書きでダラダラ書くと

  • ヒロインのお母さんが能登麻美子さん
  • アイドルダンスが3DCG
  • 3DCGが見てられない(骨格が細い的な意味で)
  • だけど2話にして3DCGに慣れた!(当社比)
  • 芸能人はカードが命!(コネ的な意味じゃなくて! コネ的な意味じゃないって言ってるでしょ!)
  • スターライト学園は全員が現役アイドル!
  • サブヒロインの霧矢あおいの方が強気でアイドルに本気
  • 変身シーンがエロ可愛い素敵(なんというか、魂が持っていかれそうな雰囲気)
  • 次回予告前の「今週のアイカツ格言」というコーナーが素敵(いわゆる本編キター要因)、ちびキャラ演出可愛い
  • 女の子が可愛い


なんというかもう、見ているだけで楽しいし、30分があっという間に過ぎていきます。
ゴールデンだからでしょうか、プリティーリズムよりはぶっ飛び加減が押さえ気味。でもプリティーリズムとはちょっと方向性が違うかなぁと思います。

見てるだけで幸せになれる、そんなアニメです。


ちなみにヒロインの星宮いちごの声を当てている諸星すみれさんは何と13歳。劇団ひまわりの所属で、これまでにもドラマや映画の吹き替え、そしてアニメにも多数出演されています(諸星すみれ - Wikipedia)。

終わりに

確かに月曜日19:30ということでリアルタイム視聴はしづらいかもしれませんが、録画してでも見る価値があると私は思います。私は今日、2話を見るために必死に仕事を終わらせて帰宅しました(10分ほど遅れましたが)。
本作品は、会社から帰って見るには適した作品だと思います。なぜなら疲れないし基本的に悪が居ないし(2話時点)……つまりはストーリーが明るい!

ゴールデンの女児向けアニメ、などと先入観にとらわれず、ぜひご視聴されては如何でしょうか。