読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

原作未読者にとって『THE UNLIMITED 兵部京介』はどう映るのか?

THE UNLIMITED 兵部京介

本作品は椎名高志さん原作の漫画『絶対可憐チルドレン』に登場する(一応)敵である兵部京介を取り上げたスピンオフ作品です。
私は原作を読んでいますので、兵部京介というキャラクターに既に愛着があるのですが、そうでない人にとって本作品はどのように映るのかは興味があります。

さて、椎名高志さんがご自身のブログでアニメに対して記事を書かれているので、時折引用しながら見ていこうと思います。以下の記事は重要な情報が結構出ているので、一読をおすすめします。
TVアニメ『THE UNLIMITED 兵部京介』 第一話:「超常脱獄 -Schooler of deadlock-」: 完成原稿速報・ブログ版


原作において兵部京介は、登場当時こそThe悪役という感じでしたが、ストーリーが進むに連れて単純な悪という描かれ方をされなくなりました。ここ最近の原作でも、兵部京介との絡みが多い、というよりも兵部の掘り下げが行われているといっても過言ではありません。
そんな中、本作品を見て私が知りたいことは兵部京介がどういった考えを持ってどんな行動を起こすんだろうか、という点です。ただパンドラという、兵部がリーダーである組織ができた後のお話なので、既に兵部の人格が形成された後のお話になるんですよね、どちらかと言うと。ちょうど原作でやっている幼少期の部分を掘り下げてくれると私としては嬉しいのですが、それをやっちゃうと原作とちょっと被っちゃう気もする。なのでスピンオフという意味では合っているのかも、とか思ってブログ記事を見ると、

ジェネオン・松田プロデューサーの尽力により、兵部京介スピンオフをマングローブさんに作っていただくというこのプロジェクトがスタートしました。漫画はまだ完結してませんので、アニメではどのみちどこかを切り取ることになります。

ということらしい。兵部幼少期編は漫画で補完するのが正しい姿のようです。


1話を見て感じたのは、ちょっとどっちつかずになっているなぁというもの。どっちつかずのどっちとは、人間ドラマ的なものとバトル、という2つです。兵部はかなり高レベルなエスパーで、並のエスパーや兵器などは意に介しません。ですから、必然、それを魅せるための戦闘が行われます。その戦闘シーンが、お世辞にも素晴らしいとは言えなかった。超能力戦闘は頭脳労働的なところがあるのは仕方が無いとはいえ、ドカーン、バーン、ドカーンという感じになっちゃっていたんですね。
兵部さんは戦わなくても魅力が出ると思うので、2話以降は人間ドラマの面に焦点を当ててストーリーが展開されたら盛り上がるんじゃないかなぁと思っています。もちろんこれはアンリミテッドモードというものに対しての良い意味での苦言なわけなんですがw
しっかし、アンリミテッドモードなんて原作にあったかなぁとネットの海をさまよっていたら、椎名高志さんのツイートで以下のようなものが。




なん…だと…
ブログにも、

舞台は一応チルドレンたちの小学生編終了直後、パンドラは主に海外で活躍していたとされている時期です。といってもいくつか不整合はあって、なんといっても一番大きな独自設定は兵部の「アンリミテッド・モード」ですね。

というわけで、オリジナル設定なアンリミテッド・モードにご期待ください!

キャラデザと原作既読者のニヤリ感

キャラデザ、どことなくコードギアスっぽい感じを私は受けました。特にオリジナルキャラであるアンディ・ヒノミヤはスザクと言われても一瞬信じてしまうぐらい。兵部もスタイリッシュになっております(ちなみにキャラクターデザイン・総作画監督はたかぎじゅんさん)。
そういうことを思ってブログを見ると以下の様な記述がありました。

『UNLIMITED』は<部外者・ヒノミヤの見た兵部>の物語です。吸血鬼たちのコミュニティーに潜入して行動を共にする人間というイメージでしょうか。キャラデザインも含めて全体のトーンがこれまでと違うのは、ヒノミヤの主観だからでもあります。

なるほど、兵部の描かれ方っていうか見た目そのものが違う理屈としては、あくまでヒノミヤというキャラから見た兵部、という意味だったという。


桃太郎が出てきて釘宮さんの声がした瞬間「前作とつながった!」感がキまくりだったので、この仕掛けは正解だったと思いまくぎゅう。そして学生服エスパーに似つかわしい<昔懐かしい割れるバリヤ>の向こうに現れるカタストロフィ号・・・壁一枚向こうにはちゃんと絶チル世界があった、という趣向です。猪爪さんの脚本ってホント素敵。絶チル知らない人にも知ってる人にも同じ立ち位置から「こういう作品です」と紹介する、優れた第一話だったと思う次第です。

確かに原作既読者もニヤッとできる最後の5分間ぐらいだったと思いますね。くぎゅうもそうですが、やはりカタストロフィ号が登場するシーンは、あぁ、本作品はなんだかんだ言って絶チルなんだなぁと私も思いました。


もう一人の新キャラ・ユウギリを愛らしく演じてくださるのは、人気・実力急上昇中の東山奈央さん。ユウギリは台詞が少ないミステリアスな子なんですが、『UNLIMITED』と『絶対可憐チルドレン』をつなぐ重要なキーパーソンです。東山さんが演じることでユウギリのイノセントが強調されてるんで、この先の展開が楽しみです。

20130113233112

やはり幼女は素敵。まだ登場シーンが少なく殆ど言葉もありませんが、非常に魅力的なキャラに違いないという直感があります。幼女キャラとしては期待ができますよ。
中の人である東山奈央さんがこれまでに演じられたキャラクターとして私が挙げるとするならば、

などなど。関係ないですが異国迷路のクロワーゼとか2011年放送なんですねぇ…もう随分前のアニメに感じる。

原作未読者にとって本作は楽しめるのか?

結論から言うと、2話以降の展開による、としか今の時点では言えません。というのも、前述したように人間ドラマ的部分に焦点が当てられるのだとしたら私は、未読者にとっても悪くない内容になるんじゃないかなぁと。
人間ドラマといっても、基本的にはエスパーと人間の関係が描かれることは確かなので、色々と「考えさせてくれる」作品になると思っているんです。考えることは強要されないけれど、「考えさせてくれる」作品、そんな感じになるんじゃないかと1話時点で思っています。スピンオフとはいえ、基本的にはオリジナルストーリーですから、原作は原作と割り切るのは有りだと思います。

終わりに

というわけで、本クールではちょっと影が薄くなるんじゃないかと思って取り上げた『THE UNLIMITED 兵部京介』でした。

配信情報とオンエアー情報、公式サイトなどからまとめておきましたのでぜひぜひ。

テレビ東京      2013年1月7日  - 月曜 25:35 - 26:05
テレビ大阪      2013年1月8日  - 火曜 25:35 - 26:05
テレビ愛知      2013年1月9日  - 水曜 25:35 - 26:05
テレビせとうち  2013年1月9日  - 水曜 25:40 - 26:10	
TVQ九州放送     2013年1月10日 - 木曜 26:00 - 26:30
テレビ北海道    2013年1月11日 - 金曜 26:00 - 26:30



●GyaO!
 1/11(金)深夜3:00開始 以降毎週(金)深夜3:00更新
 最新話1週間無料
http://gyao.yahoo.co.jp/ct/anime/

 ●バンダイチャンネル
 1/12(土)12:00配信開始 以降毎週(土)12:00更新
 最新話1週間無料
http://www.b-ch.com/contents/feat_newtitle/p_unlimited.html

 ●ニコニコチャンネル
 ニコニコ生放送:1/12(土)22:30〜放送開始 以降毎週(土)22:30放送
 ニコニコチャンネル:1/12(土)23:00配信開始 以降毎週(土)23:00更新
 最新話1週間無料
http://ch.nicovideo.jp/channel/unlimited

 ●楽天ShowTime
 1/15(火)12:00配信開始 以降毎週(月)12:00更新
 最新話1週間無料
http://www.showtime.jp/fam/animation/

 ●ビデオマーケット
 1/18(金)深夜3:00開始 以降毎週(金)深夜3:00更新
http://www.videomarket.jp/category/3/

 ●あにてれしあたー
 1/26(土)12:00配信開始 以降毎週(土)12:00更新
http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/theater/index.html