読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

久々にジャケ買い、いや装丁買いしたラノベ『花屋敷澄花の聖地巡礼』

ライトノベル

アニメイトに行ったら、久々にビビっときた作品に出会ったので。まだ読んでませんが。


以下、表紙の画像をアマゾンさんから(Notアソシエイト、以下も同様)。

花屋敷澄花の聖地巡礼 (電撃文庫)


何が一番気になったかといえば、右上の栞っぽいやつなんですよ。すげーですよこれ。これがこの作品のタイトルなんですよ。何か帯的なものじゃなくて、これが表紙に含まれているんですよしかもタイトル。すげーですよ。一見タイトルだとは絶対思いませんよ。「聖地巡礼」というワードに反応したんです最初。で、聖地巡礼を宣伝文句にしたラノベなのかなぁと興味を持って手にとったらタイトルなわけですよ。思わず栞の部分を指でガッガって剥がそうとしましたもん。でも表紙に当然ながら埋め込まれているわけでその行為もむなしく……そしてすげぇと思って無意識に購入を決めていました。










最近、表紙買いなどほとんどしていないのです。初めて表紙買した作品は『撲殺天使ドクロちゃん』で、そしてその作品が私の初めてのライトノベルでした。何となくアニメイトに行って、「ふーん、ライトノベルっていうものがあるんですね」って見てたら以下の表紙が目に入ってきたんです。

撲殺天使ドクロちゃん (電撃文庫)


当時高校生で、まだオタク文化にも馴染みきっていない自分でしたが、このタイトルを見た瞬間、何かこう、引き込まれるものがあったんです。そして、タイトルだけじゃなかった。文章もすごかった。おかゆまさきさんの文章がすごかった。すげぇ、こういう日本語が許されるんだって、今思えばカルチャーショックさえ受けていたかもしれない。ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ〜とかそんなちゃちなもんじゃねぇ。いや、これもすごいんだけど、文章全体がうわあああああああって頭に襲い掛かってくる感じ。もうすごいの。一瞬で好きになってファンになって虜になってハマった、ダダハマりした。初めてであったライトノベルドクロちゃんで良かったって今でも強く思う。



表紙買い、ジャケ買いっていうのは私が語るまでもなくリスキーなことで且つ楽しいことで素晴らしいことなんですよね。一期一会なという意味もあるし、直感的な意味もあるし、もちろん感情的な意味も。私がなぜかアニメイトに少なくとも2週に1回は通うのか、なぜ図書館とか大型の本屋に通うのかといえば、何よりこの「出会い」が最高に楽しいからです。出会いを求めているというよりは、ちゃんと足を運ぶと思いもよらない出会いがあるということなんです。同人誌も、島中全部回るのが一番大好き。もう、時々、すっごい作品があるんだから、創作物があるんだから。というか、今贔屓にさせてもらってるサークルさんとか殆ど自分で発掘したらサークルさんだから。もうね、そりゃずっと応援したくなるってもんですよ。ビビっときたものはすごいですよ。


と、何が言いたかったのかはわかりませんが、久々にジャケ買い、いや装丁買いをしてしまったというお話でした。『花屋敷澄花の聖地巡礼』は、読了したら感想書こうかなと思いますせっかくなので。