読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

アイカツの歌唱担当「STAR☆ANIS」 横浜年末ミニライブレポート スタアニさんは想像以上にアイドルアイドルしてた

明けましておめでとうございますと言うには遅すぎるほどに既に1月が過ぎているのですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。本記事は当初「さて、いよいよ明日はコミックマーケット85の初日を迎えます」という導入を行うつもりでしたが、コミケどころかもう1月も中旬です。どうしてこうなった。


さて、私こと、12月28日(土)に東京へコミケ前日入りいたしました。東京に行ったのはもちろんコミケのためですが、前日入りしたのは、表題の通りSTAR☆ANISさんの横浜年末ミニライブに参加するためです。
STAR☆ANISさんは、『アイカツ!』という作品のDCD及びアニメの歌(主題歌・挿入歌など)を担当されているアイドルグループです。正確には、各キャラクターの歌唱を担当している、でしょうか。

今回は、そんなSTAR☆ANISさんが年末に行いましたミニライブのイベントレポートを書きたいと思います。
最初にSTAR☆ANISについて簡単にではあるもののご紹介して、その後にレポートへ移っていきたいと思います。


そもそもSTAR☆ANISとは? なぜそんなグループのライブに?

とは言っても、私もSTAR☆ANISのファンと名乗るのはおこがましいくらいには、詳しいわけではありません。あくまでアイカツの歌担当の人であるという程度の認識なのです。ですので、ネットでいろいろと調べてみたこと感じたことを書いてみます。
なお、ニコニコ大百科のスタアニさんの記事(STAR☆ANIS - ニコ百 http://dic.nicovideo.jp/id/5133979)が簡潔にまとめられていますのでお勧めです。



STAR☆ANISは、秋葉原に店舗を構える「秋葉原Dearstage」所属のアイドルだそうです。私はアイドル事情に詳しくないのですが、秋葉原Dearstageというのはいわゆる「事務所」なんでしょうか? 秋葉原Dearstage自体は店舗ですが、きちんとアイドルのプロデュース・マネジメントもやっているんでしょうか。ネットをザクっと検索しても、あくまで「店舗」であって事務所ではないような気がするんですよ。ただ今回のSTAR☆ANISさんのライブではプロデューサーさんと思われる人も登壇されていたので、ますます分からなくなりました。

とは言え何が言いたいかというと、STAR☆ANISさんは、多分に地下アイドルという括りに入るアイドルさんなのだということです。言い方は悪いのかもしれませんが、もう少し表舞台に立たれているアイドルさんだと思っていました。これはライブレポートでも書きますが、なんというか、「アイドルアイドル」さを感じてしまいました……。


今回、コミケ遠征と日程がほぼ被ったことと、アイカツ熱が最近特に熱かったこともあり、ライブに行ってみよう! となったのでした。事前予約など必要なく、無料で参加できることも大きかったです。



20140119215730


レポート、始まります

今回のライブは、最近発売されましたシングルCD「COOL MODE」の発売イベントを兼ねている、というかそういうイベントです。横浜はクイーンズスクエアで開催されました。アイカツでは挿入歌・DCDのCDが年に5枚程度発売されます。
関係無いですがアイカツのCDのジャケットは本当に素敵で、いつも期待を裏切られません。今回のCOOL MODEのジャケットを以下にご紹介しますが、いちごちゃんの可愛さが異常です。そう思いませんか?
(リンク先はamazon。非AA)

COOL MODE





11:30からと13:00から、2回の公演がありました。私は京都からの参戦ということで13:00の回だけにしようかなと思ったのですが、せっかく行くのであれば全部見るべきだろうと決心し、朝から新幹線に乗って横浜を目指しました。
クイーンズスクエア横浜の最寄り駅はみなとみらい駅。今回は新横浜→菊名→みなとみらい という乗り換えルートだったのですが、菊名から東急東横線の連絡においてみなとみらいの切符が売っておらず、横浜まで買って乗り越し精算する運用になっていました。すっごく焦って、あやうく電車を乗り過ごすところでした。


そして着きました。



1回めのライブは11時30分からですが、11時からだと間違えて出発していたので、10時半ちょっと前くらいに到着しました。クイーンズスクエア横浜にはクイーンズサークルという広めのスペースがありまして、吹き抜けになっており、多くの人が通りすがりに見れるような素敵な作りになっています。今回のイベントもそのクイーンズサークルで行われました。
早速ライブ告知の看板を発見し、場所の見当もすぐに付きました。場所に近づくに連れて人だかりが見え始めたのでまさかとは思ったのですが、なんと既にライブのために並ばれている方が数十人規模でいらっしゃいました。3列×横20人? くらいが集まっており、あぁスタアニさんは人気があるんだなぁと改めて肌感覚で思ったりしたのがそこが最初でした。ライブ開始1時間前でこの客入りはすごいなぁと素直に思いました。30分時間を間違えていてよかったと思っていました。
会場は既に機材の準備などが続々と行われており、もうすぐライブが始まるんだということが否が応でも感じられました。

まさかの!!

ライブ開始まで50分くらいかぁ……と列に並びながら思っていたのですが、突然、アイカツのある曲のイントロが流れだしました。

「アイドル活動!(Ver.Rock) 」


そして舞台にあらわれるSTAR☆ANISのメンバーだと思われる面々。なんで? え? どうして? と冗談でなく混乱してました。そして曲に合わせて、生歌唱且つ振り付け有りで踊りだすSTAR☆ANIS……これはどういうこった。
当時のTwitterのつぶやきをご覧ください。















ツイートにも書いていたとおり、音合せや場所合わせなどのリハーサルが行われたわけです。しかもなんと、格好が私服なんですよー。何かこう、より普通の女の子たちがアイドルなんだなぁということを改めて感じられ、凄く興奮してしまっていました。

しかもセットリスト殆どやったんじゃないの? というくらいリハーサルが充実していたのですよ……いやー、本当、勘違いして早めに行って良かったとこの時ほど感じたことはなかったです。まだライブ本番前なのに、私は一人テンションダダ上がりでエライことになっていました。

事前の注意事項、そして本番

今回のライブでは、公式サイトでも告知があったように子供向けのイベントでした。つまり、オタ芸やコールなどは明確に禁止とされていました。

公式サイト告知より一部引用(http://www.aikatsu.com/event/event62.html

※本イベントはお子様向けのイベントとなる為、会場では、オタ芸やコール、その他鑑賞や運営の妨げとなる行為は、一切禁止とさせていただきます。

ライブ開始5分前くらいに、プロデューサーさんなのかランティスの人なのか――立場は分からずもこのイベントの主催者だろう方から注意事項の説明がありました。
皆さん今日は来てくださってありがとうございますという挨拶に始まり、上述したようなオタ芸・コール禁止も、かなり直接的に指摘がありました。ただ、その指摘の仕方が素敵で、「みなさんの気持ちもわかりますが、今回は子供向けのイベントです」というような、すごく気を使って話しておられることが理解でき、好感を持てました。
さらに、大きなお兄ちゃん向けのアイカツライブも企画していきたいと前向きに考えているという発言もあり、実は挨拶の8割ぐらいは大きなお兄ちゃん向けでした。

という感じで、ライブ前からいい気分になったところでいよいよライブが始まりました!


今回のライブは子供向けだと書きましたが、その一環としてなのでしょう、観覧席として子供専用のエリアが設けられていました。ステージの目の前に陣取られていました。
この観覧席に入るには、事前にHMV横浜ワールドポーターズ店でCOOL MODEのCDを買っておく必要があります。ただ、当日そこまで観覧席が埋まらなかったようで、途中から観覧券を持っていなくても、観覧席で見られるようスタッフさんが手配していらっしゃいました(会場付近を回って、小さな子が見づらそうにしているのを見つけたら積極的に声を掛けていらっしゃるのを何度も見かけました。とてもよい対応だと思いました)。

ライブ開始!

1曲目:「KIRA☆Power」

1曲目が始まる前、登場までにBGMが流れ始めます。そのBGMはなんと、フィッティングルーム・アイカツシステムに入るときのあのワクワクするBGMだったんですよ。あの音楽は確かに名曲だと知っていましたが、改めて、流れるだけで本当にワクワクさせてくれる曲だという事を実感させられました。ちなみにBGMは2年目からパワーアップしたものではなく、1年目の曲だったと記憶しています。


さて。1曲目はお二人のみ。おそらく「わか」「ふうり」のお二人だったと思います(それぞれいちご、あおいを担当。ふうりさんはセイラの歌唱も担当)。
アニメ2年目主題歌「KIRA☆Power」。「叶えましょう〜 この夢を〜」という出だしから始まる素敵な曲で、そしてスタアニさんの初ライブ曲・ダンスだったわけなんですが……もうね、感無量すぎて泣きそうになっていました。
あぁ、アイカツの曲を、歌担当の中の方が、ダンス込みで、可愛い服を来て、アイドルの服を着て、歌っているんです。この事実に私は凄く震えてしまいました。
今までいわゆるアイドルのライブには行ったことがなかったのもあって、余計に嬉しく感じてしまいました。

そして前々からわかってはいましたけれども、サビの、あの左右にぴょんぴょんジャンプして、「叶えましょう〜 君とFly high」でぴょーんとジャンプするあのダンス……すごく好きだし素敵だということは分かっていたのに、リアルでそのダンスを見てしまったら、もう興奮して大変なことになっていました。「うわあああああ、リアルで踊ってもすげええええ」と真面目に興奮していました。あのダンスは可愛い(迫真)。



2曲目:「新・チョコレート事件」

3人でのステージ。中心は確か「ゆな」さんだったはず。他お二方を忘れてしまいました……すいません、顔と名前がさすがに一致しないので、ネットから情報をかき集める+自分の記憶とのすり合わせです。

新・チョコレート事件という曲は本当にキュートでポップで、しかしちょっとアンニュイな感じもあり、とてもとても素敵な曲です。いわゆる「オーディションパート」の曲であるのでアニメで振付けが披露されることはおそらくないと思いますが、今回はライブということでもちろん振付あり。その振りつけが圧倒的に可愛くて、「うわあああ」と心のなかで叫んでいました、顔はにやけていました。
特に間奏の際の「ちょこちょこ」という合いの手に合わせて、ハートマークを手で作って「ちょこ ちょこ」って左右にちょっと振りながら胸の前でやるあの振付は神ってました。アイドルって罪ですよね、って思いました。あの振り付けをやって可愛いことが許されるのはさすがアイドルだと思いました。それぐらい破壊力がありました。ずーっとちょこちょこループしていたいです、とまじめに思ったのでした。


またこの曲では、間奏途中で壇上から子供向け観覧エリアにスタアニさんが下りてきて、ハイタッチするなど交流を積極的にされていました。微笑ましいこと限りなし。子どもたちにとって、スタアニさんがどこまで「歌の中の人」と認識されているのか定かではありませんが、可愛い服を来てアイカツの曲を歌うアイドルが目の前に来てくれることはきっと嬉しい事なのだと思います。

3・4曲目:「硝子ドール」「Trap of Love」

続いて、悲しいながらも年内に脱退が決まった「すなお」「もえ」さん二人が歌う名曲2曲です(すなおさんは蘭ちゃんさん、もえさんはユリカの担当です)。アイカツの中でも1位2位を争うだろう人気の硝子ドールを生で聞けたことは本当に良かったです。
そして、「あぁ脱退しちゃうのか」と寂しさがありました。最後のライブにこれたのは良かったですが、もっともっと見ていたかったと初めて参加したライブにも関わらず感じました。
2曲目までと違って、どちらの曲もシングルカットにしてあり、テンポよく歌われました。

2曲歌い終わった後だったと思いますが、「私達、脱退することになりました」という告知がありました。告知自体はさらっと終わりました。「私達がいなくなっても、STAR☆ANISをよろしくお願いします」という定番の台詞もありましたが、あぁ無情……と泣きたくなりました。事務所間でいろいろと調整があったりするのでしょうが、今大人気のアイカツから人気の二人が脱退するなんて信じられません、なぜこのタイミングで……。あぁ。



5曲目:「アイドル活動!(Ver.Rock) 」

そして最後の曲は、アイカツの原点「アイドル活動」、そのロックバージョンでした。全員登場でのダンスは迫力がありました。
Aメロ一番最初の「ポケットにひとつ勇気にぎりしめ」の部分での振付は、実際生で見ると「素晴らしい」の一言でした。ちょっと横に構えて、太ももあたりを片手でポンポンと叩きながらちょっと腰を降る、あのアイドル特有のかわいい振り付け……。たまらんですね。
何よりアイドル活動の名曲ぶりが際立ちます。私がアイドル活動という曲を大好きすぎるのを差し引いても、やっぱりアイドル活動は名曲で且つアイカツの原点だと認めざるをえないと思うのですが如何でしょうか。異論は認めますが。



1回目が終わって

約30分という時間でしたが、あっという間に終了しました。もっと聞きたかったというのは本音でした。
いろいろ感じる所はあったのですが、やはり「アニメでの振付けがリアルで再現されている」ことに少なからず震えてしまいました。そりゃ、振付けだから、現実でもできることは分かってはいましたが、アニメでの3DCGやDCDモデリングでのダンスとはまた違った「リアルの凄さ」というのがあるんです。「あぁ、踊ってる、踊れるんだ。あぁ、あの振付けだ……」と終始ニヨニヨしておりました。

また「アイドルアイドルしてた」と感じたと冒頭に書きましたが、特にそれを強く感じたのは、全員集まってのMCでの、グループ紹介でした。
「(せーの)、皆さんこんにちは、わたしたちっ、スターアニスです!!」っていう、あの、独特の、あの、これですよ、アイドル特有のこれ。これを聞いた瞬間「あぁ、スタアニさんってアイドルなんだなぁ。アイドルアイドルしてるんだなぁ」と意味の分からない感情で満たされました。単純だけれどもしかし、「アイドルらしさ」を感じられるこの挨拶は大好きです。


お客さんの入りですが、感覚的で申し訳ないですが、かなり入りが良かったと思います。少なくとも30分以上前から場所取りをしておかないと良いポジションで見られないくらいには人が集まっていました。1回目、2回目共にです。ライブの壇上がある階だけでなく、2階なども人が埋まっており盛況でした。年末の横浜にここまで人が集まるなんて、スタアニさんは人気だなぁと感じたのでした。



なお、1回目のライブが終わってから物販コーナーが開きました。物販では、CDを1枚買うと限定のCOOL MODEステッカーがもらえたので、一も二もなく並びに行きました。


20140119215732


うーん、かわいい

2回目開始まで

昼ごはんを食べつつ、2回目の13時講演を待機していました。午前中は、スタアニさんが踊っている階と同じ階で見ていたのですが、午後からはまったり見ようということで、スタアニさんの階より一つ上から眺めるような形で陣取りました。
午前中のライブで気づいたのですが、いちごちゃんの本体……ではなくいちごちゃんがつけているリボン(リボンカチューシャ?)の被り物が無料で配られているようでした。何とか手に入れて応援したいと思っていたらちょうどスタッフさんが通りかかられて、手に入れることが出来ました。それがこれ。


20140119215731



会場周辺はショッピングモールとあって、ライブを見に来たわけではないお客さんが沢山通りがかっていらっしゃったので少し恥ずかしかったですが、しかし付けましたよ! いちごちゃんに少しでも近づけたようで嬉しかったのは内緒です。

午後ライブ

さて、午後からもライブが開始されました。午前の部と内容はほぼ変わりありません。MCも同じです。セットリストもほぼ同じです。
ほぼと書いたのはなぜか。
それはなんと、午後の部ではアンコールがあったのです。5曲目の、アイドル活動が終わってからアンコールがあって、なんともう1曲あったんです、なんというサプライズ!!
その6曲目はなんと「カレンダーガール」。あぁ、来ましたよ1年目の名曲であり、アイカツの1年目がまとまっていると言っても過言ではない曲が。この曲を聞くと、無意識に涙が出てきそうになるぐらいアイカツ1年目だなぁという曲です。

そんな曲を、スタアニさんの生ライブで、しかもアンコールで聞けるなんて……本当に感無量でした。言葉にできません。すごいです。

午前の部だけでなく、午後の部も見て本当に良かったと思いました。カレンダーガールが聞けること、ということがアイカツ人生の中でかなりのウエイトを占めていたことを皆さんご存知でしたか? もう、私は満たされまくりでした。




終わりに

やっぱりイベントって良いですねぇ。こういう楽しい気持ちになれるからこそ、ライブを含めイベントにまた参加しようと思えます。一気にスタアニさんのファンになってしまいました。


アイカツは2年目も絶好調で続いています。皆さん、ぜひぜひ2年目からでも間に合いますので、ご覧になってみては如何でしょうか。歌にダンスに努力に友情に……全てが噛み合っている素晴らしいアニメ作品です。




20140119215729
https://twitter.com/Masashi_Harada/status/416794773454725122




関連するかもしれない自分の書いた記事

シリーズ「アイカツおじさんへの道」:
まずはプロローグからお読みいただけると一層楽しんでいただけるかと思います
アイカツおじさんへの道 ― プロローグ ―


シリーズ以外の記事:
アイカツ! 冬休み期間限定無料配信開始! 新年はアイカツから始めよう!
約束された勝利の聖誕祭(アイカツクリスマス) 『アイカツ!』という神アニメに2年目も感謝!!
「いま女児向けアニメを見ていないオタクは今すぐオタクを名乗るのをやめるべき」にマジレスしている人は、アイカツを見て笑顔になったほうがいい
「だって、元気もらったもんね!」 アイカツ第61話「キラ・パタ・マジック☆」に心動かされた
『アイカツ!』第58話「マジカルダンシング♪」 特訓が成果へとつながるカタルシス、そして振り付けの丁寧な取材がアニメに生かされていること
『アイカツ!』 1年目を見終わって、そして2年目を見始めて今私が一番伝えたいこと
生きるために今必要なのは星宮いちごちゃん
アイカツ第26話「さくらの季節(とき)」を見て、「アニメを見て生き返るっていうのはこういうことなんだ」ということを再認識した
アイカツ15話 ラブは全て、ラブはパワー!
アイカツのエイプリルフール回に恐怖した 家族とは何なのかを真剣に考えてしまった
「アイカツ 星宮 いちごちゃんの顔と体」というワードで検索してきた君へ
『アイカツ!』という神アニメに感謝
アニメ『アイカツ!』のヒロイン、星宮いちごちゃんが可愛すぎてマジ天使すぎて死にたい
話数単位で選べ! 2012年も素晴らしいアニメに沢山出会いました