隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

ヲタクに『ヲタクに恋は難しい』は難しい?

以下の記事を読みました。
www.crownonapawn.xyz

人間って、なぞの矜持みたいなの持ってません?

「これを面白いと感じたらダメ」みたいな。

「凄い気になるけど、逆に読みたくない」みたいな。

私の場合はこの「ヲタクに恋は難しい」がその対象だったんです。

「ヲタクに恋は難しい」を面白いと感じてしまった - Crown Pawn


この気持ち、結構分かるなぁって。
アニメだけでなく、本とか映画とか音楽とかでもそうですが「これを好きになったらいよいよ終わりだな」みたいな。実際には何も終わらないんだろうけれども、何かが終わるのです。

元記事の筆者は心の中で「オタクは体のいい言い訳じゃないぞ?」と思ってるフシがあります。とおっしゃっている。繰り返しになるけれども、この気持ちはものすごく分かる。
幾度となく引用していますが、げんしけんという作品に登場する斑目先輩の格言「(オタクに)なろうと思ってなったもんじゃねぇから、やめる事もできねぇよ」にその全てが凝縮されていると思う。
気持ち悪い言葉を使えば、オタクの矜持、でしょうか。


アマゾンプライムビデオで、本作品が見られることは知っていたのです。しかし、タイトルを見て少々敬遠していたのですよ。
多分この作品を見ても、イライラするんだろうな、と。見もしないでひどい! っていうのはもちろん分かるんですが、ビンビンにセンサーが反応しちゃうわけですよ。
なのでしばらくは見ないと思っていたのですが、最初に紹介した記事を読んでしまったので、ついつい見てしまったのです。魔が差しました。
4話まで見ましたので、感想を書きたいと思います。オタクの、すごく卑屈な話が続くので嫌になったら引き返してください。

隠れオタク……とは……

私のブログを読んでいただいている方ならもう何度目だという話ですが、一昔前に比べてオタクは生きやすくなったと思います。バレたら人生終わり、のラインは限りなく下がったなと思います。
ただ、私は少々昔ながらのヲタクなので、まだまだ隠れオタクなのです。隠れオタクという言葉自体が、死語になりつつあるのかもしれませんが。


だから、やっぱりもやっとしました。「こいつ、バレたくないとか言いつつ、あんまり周りのこと気にしてないな」って。
文字通り命をかけて、オタクであることをバレないように生きてきたので、ザルすぎて辛い。知り合いがたまたまみんな理解者? すごい都合の良い設定だなと思うのですよ。お前それサバンナでも同じ事言えんの? ですよ。

でもね多分違うんですよ、それっておかしくねぇ? だって、ここ日本じゃん、ですよ。この作品にそういうツッコミれるのは野暮だと思うのですよ、多分、本当は。でも突っ込んじゃう。すげー都合のいい設定だな!
言わないと自分の精神が保てないので、アニメ見ながらずっと心の中で突っ込み続けています。

このアニメは、オタバレしないように頑張る! っていうアニメじゃなくて、オタク趣味を持っている者たちが集まってキャッキャウフフする作品かなと思っています。
なんていうのかな、げんしけんと対極に位置しているという表現が正しいのかわかりませんが、清く正しくオタクオタクしている、というようなイメージ。
あぁ、なんか書いていて、自分は古いオタクだなと改めて思うのですが、でも仕方がない、感じちゃうので。

今はもう、スーツ姿でアニメイトに入れる時代。いや、いつの時代もスーツ姿でアニメイトに行っていた人はいると思うけども。それでも、やっぱり「スーツ姿でアニメイトに入ることが描かれることが肯定される」というのがすごく微笑ましい。そこに、気持ち悪さのようなものは感じられないし、描こうとしていない。卑屈になんてならなくていいっていうメッセージを感じる。

隠れオタクの時代からカジュアルオタクの時代へ

そう、こういった作品が受け入れられる土壌がある、というのがとても素晴らしいことだと思います、本当に。
オタクであるということをそこまでは隠さなくてもよくて、カラオケでアニソンとか歌えたりして、好きなアニメを語り合ったりして……そんなことをリアルでできるような人にきちんとリーチできるし、してもいい。

翻って、いったい自分はなんなのか。ここまで読んでくださった方なら分かると思いますが、卑屈すぎる。だけども、そう簡単には意識は変わらない。やっぱりオタクとして辛い時代を生きてきたから。
ただアニメが好き、漫画が好き、それが人よりちょっと狂信的なほどに好きなぐらいで冷遇されなければならなかった、オタクとして括られねばならなかった。

作品の感想

面白いです、確かに。オタクネタが程よく刺さる。元記事の方も仰っていたけれども、基本は恋愛している作品で、そこにオタクネタ絡んでくるというくらいのカジュアルさ。

そして何より、ヒロインの桃瀬成海(ももせ なるみ)が可愛いですね。感情表現がすごく豊かで、顔芸見ているだけでも面白い。演じていらっしゃる伊達朱里紗(だて ありさ)さんもすごく可愛らしい声をしていらっしゃいまして、キャラクターに合いすぎて怖いくらいです。若干媚びた感じに聞こえなくもないので、人によっては敬遠されるかも。私はところどころ「こやつ媚びているな」と思う感じですね。


上記は公式CM第2弾の動画ですが、だいたい作品の雰囲気は感じ取ってもらえそうなので貼ってみました。
題名ほどはヲタクヲタクしていないので、繰り返しになりますが、オタネタを楽しみつつ恋愛模様に癒やされたいなという人にはおすすめだと思います。つまり、私には合わない……かもしれない。

終わり

そう、面白いんですが、やはり私はどこか「そんなうまい話あるかよ!」って突っ込みながら見てしまいます。でも、この感性がもう古い気がする。
自分の感性は、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』で止まっている感ある。アップデートされていない。


関連するかもしれない記事:
thun2.hatenablog.jp
thun2.hatenablog.jp
thun2.hatenablog.jp
thun2.hatenablog.jp