読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

「きれい」という言葉で表現したくなる『境界線上のホライゾン』が好きだ

境界線上のホライゾン』第12話「平行線上への相対者」をようやく見ました。


12話のクライマックスはトーリとホライゾンのやり取りだと、やはり思います。「平行線」でのやり取りが、最後には「境界線」に着地するというやり取り。絶対に間違わないはずの自動人形のホライゾン、という設定がまた、いい味出していた。

サブタイトル「平行線上への相対者」は、まさしく12話の内容そのままで、もう素敵。触れると大変なことになるシールドを境界に、二人が交わす会話はなんときれいか。
二人だけの長いセリフが続く、ずっと続く。そのすべての言葉が胸に刺さる。そんでもう、きれい、ほんとうに綺麗。
「二人の全身全霊の言葉がぶつかり合う」という表現は月並みかもしれませんが、だけど、そうは言っても、やっぱり素敵だった。



現在、バンダイチャンネルにおいて最新12話が無料配信されています。もちろんこれまでの流れを知っておかないと深く感情移入はできないまでも、二人のやり取りが綺麗、素敵であることは分かってもらえるんじゃないかなと思います。それほど、素晴らしいやり取りでした。

やはりワクワクは間違いなかった!

過去2つのホライゾン記事を書いていますが、どちらもタイトルに「ワクワク感」と書いています。似たようなタイトルにしない方が良いかなと思ったのですが、私はこの作品にずっと「ワクワク」されっぱなしなので、書かないわけには行きません。
1話の時点でもワクワクした、4話の時点でも「いよいよ戦争が始まるな」とワクワクさせられた。そして1期も終わりに差し掛かろうという今、最高にワクワクしています。
1話の時点で感じたワクワクに嘘はありませんでした。特に、生徒たちが本格的に戦いだしている今、私のワクワク感は最高潮です。さらにトーリとホライゾンの絡みも描かれて、脳汁が出っぱなしです。


原作も1巻は買ってきてあるので、早いうちに読みたいなと思っています。本文に入るまでに既に数ページの設定資料が掲載されており、原作でもワクワクさせられています。

「きれい」とか「素敵」

本記事では「きれい」「素敵」という言葉を多用していますが、この形容詞を使わせてくれるアニメまたは話数は、私の感情的には殆どが名作や名話であることが多いです。
ここでいう「きれい」という言葉は、もちろん背景が「きれい」だとか映像が「きれい」という意味も含んでいるのですが、なんというか、「きれいという言葉で表現したくなるような」内容であること、そういう意味合いでの無意識の使用、そんなイメージです。

終わりに

最新12話「平行線上への相対者」は本当に感動しました。二人のきれいなやり取りが堪能できる、素敵なお話です。




2期公開も2012年夏と決定したようです。嬉しいニュースです。