隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

坂柳有栖はスタートラインに立つことができたのか――ライトノベル『ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編11』初見感想

4ヶ月ぶりに最新刊が発売されました、ライトノベルようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編』の初見感想を書いておきたいと思います。

過去記事:ようこそ実力至上主義の教室へ カテゴリーの記事一覧 - 隠れてていいよ


後書きで作者の衣笠先生がおっしゃっていたように、普段よりはまったりしたイベントが多い内容でした。
一部がバチバチにやりあっていたり悩んでいたりすることは変わりないのですが、退学者という概念がある以上は、それがない状態は平和といえるでしょう。

よう実の傾向として、本格的な退学者戦争が行われる前段階は凪の状態となり、その後また大荒れになるというものがあります。今回の11巻もそれだったと捉えることが正しい解釈なのかなと自分では思っております。

11巻のポイントは間違いなく、坂柳と龍園の直接対決への布石にあるでしょう。とくに坂柳の復活がないと真剣勝負にならなかったので、綾小路が意図的かどうかはわかりませんが介入し改善させたことで、勝負のテーブルに付くことができる状態になりました。

何巻か忘れてしまいましたが、坂柳と綾小路の直接対決がゲームを通してではあるものの描かれた際に、若干の残念さを感じたので今後描かれる坂柳と龍園の直接対決には不安がないといえば嘘になります。
若干の残念さとは、あまりにも直接的すぎたというか、坂柳の想いがあまりにストレートに描かれすぎていたことと綾小路上げが露骨すぎたことにありました。

綾小路清隆という存在は規格外すぎて、扱いを間違えると一瞬でバランスが崩れてしまいます。これは作品内のストーリーではなく、メタ的な、我々読者が感じるバランスの方です。
結局我々はどこか、綾小路が圧倒的な力で他社をねじ伏せる展開を望んでいると思うのですが、綾小路の実力が一定数知れ渡ってきている今の状況だと、以前のように力の一端を見せるだけでは足りなくなってきているのです。
すなわち、龍園との初バトルで見せた綾小路の実力やその一連のシーンのあまりの爽快さに今でも読み返したくなるときがありますが、一方で今同じことをやってもつまらないのです。

というような心配を私は勝手にしているので、ここ最近の新刊ではそういう視点で読んでおり直近の感想でもタイトルにいれるぐらいでした。
thun2.hatenablog.jp

勝つのは龍園か?

二人の契約が、いずれかの退学者を出す内容である以上はいずれかが去るのでしょうが、負けるのは坂柳なのだろうという予感があります。
坂柳が当初から、作品内でもメタ的視点でも評価をある意味では落としていることに対し、龍園の評価は私視点では下がっていません。

龍園は実は強さや残忍さと同時に弱さも描かれているキャラクターで、それをキャラクター本人が自覚してそれすら克服してやろうと考えているところがおもしろいのです。
一方坂柳も自身の弱さをある程度自覚しているものの、ひとりの人間として御しきれない部分がある、感情的な部分の弱さが常に露呈していたことはここ数巻で描かれたとおりかと思います。

坂柳覚醒ルートも残っているとは思いますが、やはり坂柳が勝って龍園が負ける姿がほとんど見えないというのが今の私の思うところではあります。
坂柳は、綾小路が理想とする状態を崩すかもしれないというような心配をしている時点で勝負の前から負けている気がするのです。

とはいえ、勝負は盛り上がるでしょうからワクワクして待っているのは事実で、相変わらずこの長編になってきても次巻を楽しみにさせてくれることが素晴らしいを思います。
願わくは、後書きに書いてありましたとおり、衣笠先生には健康にお気をつけていただいて、執筆活動いただけたらと思っております。

我々読者からすると待つことが仕事のひとつですので、まずはしっかり休んでいただいて、その後に、続きを書いていただければと。
数年単位で待たされることに訓練されている読者より。


まずは理想から考えるえむが心地よい――「走れ! 体育祭! ~実行委員は大忙し~」初見感想

ワンダーランズ×ショウタイムのイベントストーリー「走れ! 体育祭! ~実行委員は大忙し~」を読了しましたので、初見感想を残します。

過去記事:
ワンダーランズ×ショウタイム カテゴリーの記事一覧 - 隠れてていいよ
25時、ナイトコードで。 カテゴリーの記事一覧 - 隠れてていいよ


本イベントは表紙にもなっている通り鳳えむがフィーチャーされていましたが、同時に「桐谷 遥」というキャラクターも注目されました。
誤解を恐れずに言えば、桐谷遥のサイドストーリーだったとも言えます。

プロセカの感想記事をこれまで読んでいただいている方はご存知かとは思いますが、現状わたしはニーゴとワンダーランズ×ショウタイムのストーリーしか読んでおりません。

一方で「桐谷 遥」というキャラクターは「MORE MORE JUMP!」のキャラクターですので、本イベントで冒頭いきなり登場した時は読むストーリーを間違えたのかと思ったくらいです。

結果的には桐谷遥というキャラクターを知ることができてとても素晴らしい内容であったことは間違いなかったのですが、時系列的には「MORE MORE JUMP!」のキーストーリー1作目は少なくとも読んでからのほうがより楽しめたのかなと思いました。

このあたりがリアルタイムでゲームをプレイしてこなかったが故の面白さといいますか。この楽しみ方は後追いの人にしかできない一方で、情報の鮮度の感じ方がリアルタイム勢とは全く違うわけで。

ごちゃごちゃ書きましたが、つまり「MORE MORE JUMP!」のキーストーリーも早く読もう! とめっちゃ思いましたw

本編

さて、ここからは「走れ! 体育祭! ~実行委員は大忙し~」の内容について。
ワンダーランズ×ショウタイムの過去記事でも書いていましたが、鳳えむの日常パートを早く見たいと思っていましたので、本イベントは楽しいしかありませんでした。
特に注目していたのは、えむが日常でも「ヤバい」のかどうか。

わくわく~……わんだほーい!!

結論「ヤバい」だったのですが、一方でこれは裏表がないという表現が正しいのだろうなと思いました。
ワンダーランズ×ショウタイムのキーストーリーでえむは、お客さんを喜ばせるショーをやりたいと常々言っているし、そのために突拍子もないアイディアを次々と生み出していき持ち前のポジティブ力で前進させる力を持っていました。
それが、日常でも発揮されているのを見て、この子は本当に裏表のない良い子なんだなと改めて思ってしまいました。


でも、そんな子達にも『楽しかった』って
言ってもらえるような、そんな体育祭にしたいですっ!


まず理想から考えるえむは、見ていてほんとに気持ちが良くて。
そのえむと化学反応を起こしたのが、冒頭紹介した桐谷遥でした。

「MORE MORE JUMP!」のストーリーを読んではいませんが、イベントストーリー内で説明されたように桐谷遥はこれまでアイドル活動に没頭していたために、体育祭のような行事、みんなと何かを成し遂げるようなことに携わったことがほとんど無いようでした。

実行委員に立候補して、よしやってやろうと思ったところに「例年通り」という言葉を見せられて意気消沈しそうになるところに、えむがババンとやってきて空気を変えて、そして遥はえむとやることを決めました。この流れは王道ながらも見ていて気持ちいいもので、本作品の一番のキーポイントであったのだろうなと思います。


さて改めてプロセカは、実は各グループのメンバーが色んなところで関わり合っているというところが面白いなと感じた次第です。

そうかそうかと、まふゆは同じ学校だったなと思いだしたり。こういう絡みは番外編的な楽しみ方ができる点で大好物で、今後も他イベントでたくさん辛みが見られるのだろうとワクワクしました。

番外編が好きな理由の一つが、まさにこういうシーンなわけです。別の視点から見た時、そのキャラクターがどう見えるのか、感じるのか、感じられるのか。
まふゆが演技をしている、良い子を演じていることがバレているような表現は、私の読み進めているメインストーリー範囲では描かれていなかったのですが、見抜かれる人には見抜かれるんだと確信が持てました。

えむは人一倍感受性が強いので野性的に感じ取った気がしますが、さんをつけろよデコ助野郎と思わず言ってしまいそうなほど無言のオーラがあるまふゆさん。

この穂波ちゃんの追い打ちがたまりません。悪気はないのだから仕方なし。えむちゃんの血の気が引くイラスト、かわゆいです。

この後ストーリーとしては、学年対抗リレーで本来走る予定だった生徒が怪我をしてしまい代走の遥が登場、えむにバトンを渡す王道エモエモストーリーで満足。
青春のキラキラ感に目を背けたくなる一方で、えむの前向きさには助けられているのも事実。
今回のイベントでえむをより知ることができましたが、もっともっと知りたいと強く感じたのでした。

終わりに

というわけで、次回は「MORE MORE JUMP!」のメインストーリー1作目を読もうかと思いました。
順にまずはメインストーリーを読むことが、プロセカを楽しめるコツなのではと勝手に思ったのでした。

これからも感想記事は書いていきますので、ぜひお楽しみに。ここまで読んでいただきありがとうございました。




ちなみに、デニムと思われるつなぎ姿のえむ、好きなんですよね。
ミクさんとの絡みというか、セカイでの絡みというか、実家のような安心感がありますねー。


仲間と居場所を再確認――「全力! ワンダーハロウィン!」初見感想

ワンダーランズ×ショウタイムのキーストーリー2作目の「全力! ワンダーハロウィン!」を読了しましたので、初見感想を残しておこうと思います。
1作目の感想は以下Xと、記事にございますのでよろしければぜひ!


thun2.hatenablog.jp

また、ニーゴの感想記事はこちら!
25時、ナイトコードで。 カテゴリーの記事一覧 - 隠れてていいよ



さて、2作目はフェニックスワンダーランドのショーコンテストに参加する中で、類の過去が少し深堀りされる内容でした。
類は自分がやりたい演出を突き通したい強い思いを持っている一方で、我を貫きすぎることで友人や環境を失ってきた過去がありました。
そんな経験している中で、司やえむ、そして寧々という素晴らしい仲間、環境に恵まれたことで失うことが怖くなってしまった、そんなお話だったと思います。

今回は司と類の想いがぶつかって、それをえむや寧々が見守るという構図が見ていて楽しかったです。
えむが、ハラハラして無事解決した後に「良かった~」とホッとしていた姿がとくに印象的。
寧々に関しては類との付き合いが長いこともあって、The幼馴染的心配って感じで安心感がありました。


プロセカは誰か一人の物語ではなくメンバーが大なり小なり同じ問題を抱えていたり想いを持っていたりするのがよいと前回の記事でも書いていましたが、「全力! ワンダーハロウィン!」を読んで「居場所」も重要なキーワードなんだなと思いました。
今回は類に焦点が当たりましたが、司やえむ、寧々にとってもワンダーランズ×ショウタイムはもはやなくてはならないものになろうとしている気がします。えむはまだ実生活パートがほぼ描かれていないので順風満帆という可能性もゼロではないですが、これまで読んだプロセカのストーリーを見る限りにおいては甘くはないだろうなと。

ストーリー順序的には次がえむのお話っぽいので、めっちゃ楽しみです。

き、きっと大丈夫だよ~!

類と司がちゃんとやっていけるのかを心配する寧々を励ますえむ。かわゆかったので思わずスクショしました。
今更ですが、えむの声優さんの演技がめっちゃいいですね。えむらしさを表現するところに躊躇がないというか。

終わりに

ワンダーランズ×ショウタイムのストーリーは、今のところではありますが、暗すぎないところがよいですね。ニーゴのストーリーが好きな一方でこうやってニコニコしながら読めるシナリオも好きなので、ニーゴを読みながら読み進めるストーリーとしては最低期なのかもしれません。