隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

お手軽に感想と自称する文章を量産する方法

note.com
teramat.hatenablog.com



上記事をリスペクトして。

「批評」って言葉を聞くだけでアレルギーが出そうになる方向けに、アニメの感想を書く方法を書いみようと思いました。
もう10年以上アニメの感想を書いているはずなのに、未だに「批評」というものに対して深く入り込もうとしないことがバレるので嫌だったのですが、こう、やっぱり鼻につくじゃないですか。誰かが書いた文章がなんか気に入らなかったり、思うところがあるからこんな記事書いちゃうんですよね。


今回は分かりやすくするために、アニメの話数単位での感想を例に上げてみます。
この方法で書いた感想記事もアップしているので、この記事を読んでいただいてからそちらを読むと何かが分かるかもしれません(分からないかもしれません)。

先に結論を書いておくと、感想の書き方なんて自由なので、この方法でなければならないなんて絶対に思わないてください。
そういう意味でこんな記事なんて書きたくなかったのですが、冒頭に書いたような気持ちになってしまったので仕方ないね。
「量産」なんて言葉も使いたくないです。


目次


1. まずは感想を書く対象を決めよう

もし今見ているアニメがあるのならば、それで良いでしょう。無ければ無理にひねり出す必要はありません。
感想を書きたくなる作品に出会うと、自然と、一行でも書きたくなるものです。Twitterにつぶやくのだって立派な感想ですし。

とはいえある程度まとまった感想を書きたいなと思ったら、アニメを見る時に手元に何かしらメモを残せるようにしておきましょう。
自分の気持ちが高ぶったり、思わず突っ込んでしまったり、笑ったり怒ったりしたシーンがあったら、書き留めておきます。
シーンを詳細に描写しても良いですが、とりあえず自分の思ったことをそのまま書きましょう。
メモはTwitterでつぶやいたものでも構いません。アニメ実況しているのであれば、それがまさにあなたの感情高ぶりメモになるでしょう。

具体例:『ゾンビランドサガ リベンジ』1話「グッドモーニングリターンズ SAGA」

あいちゃーん
シュールな感じめっちゃ好き
ベントー的な感じもある
1期の1話を超えられるか

川口ひろし
しょぼぼぼぼーん
ゾンビとしてバレなくても、アイドルとしてばれないのか?

あいちゃんはやっぱりパソコン

ちゃんちゃんって終わればOK

でも、これを引きずって2話以降やるのはきつくない?

はい、というわけで、みたいな感じでOKかも?
Cでもってきたか?


2. 「絶対にこれだけは外せない、言いたいこと」を決めよう

先程書いたメモを、そのまま書いても伝わらないです。メモですから。
なのでここからはそれを文章に起こしてある程度まとめていく作業が必要です。

その時、ざっくりとで良いので書こうと思っている感想の骨組みを考えます。
といっても難しく考える必要はなくて、まずは「絶対にこれだけは外せない、言いたいこと」を決めちゃいます。

この「絶対に言いたいこと」は、できれば1つ、多くても2つくらいまでにしておくことが望ましいです。
というのも、強い思いを持ったものが複数あると言いたいことが薄まってしまうからです。
3つ以上になるときは、記事を分けることも念頭に置きましょう。

言いたいことが決まれば、次は構成です。

構成テンプレート

今回は典型的な、1つもしくは2つあるケースのテンプレートを例示します。

■ 1つだった場合
1. はじめに
2. 前緩衝材(※)
3. 絶対に話したいこと
4. 後緩衝材(※)
5. 終わりに

具体例:
前後緩衝材を置かなかったパターン: アニメ『神達に拾われた男』 リョウマのエリアリアに対する恋愛感情はガチなのか - 隠れてていいよ
前緩衝材だけ置いたパターン: 西尾維新『デリバリールーム』 所感 - 隠れてていいよ
後緩衝材だけ置いたパターン: ライトノベル『りゅうおうのおしごと!』 クズ竜王、ここに極まれり - 隠れてていいよ


■ 2つだった場合
1. はじめに
2. 絶対に話したいこと1
3. 絶対に話したいこと2
4. 終わりに

具体例:
アニメ『魔王学院の不適合者』 ラノベ原作のアニメ化としては近年まれに見る素晴らしさだった - 隠れてていいよ
漫画『片喰と黄金』感想 人との出会いが次の出会いのきっかけになる - 隠れてていいよ


「絶対に話したいこと」が比較的ポジティブかネガティブか、によって構成を変えたほうがうまくいくことがあります。

・比較的ポジティブ
前向きな話は読んでいて悪い気分にはならないので、緩衝材は設けず伝えたいことだけ書いても良いでしょう。
・比較的ネガティブ
後ろ向きな話は逆に読みたくなくなることもあるので、前に緩衝材を挟んでも良いでしょう。
ただし、とにかく伝えたい内容を最初に持ってきたいという強い意志があるのであればもちろん不要です。
また読後感を悪くしすぎないために、場合によっては後緩衝材も挟みましょう。

今回の私のケースでは「お涙頂戴復活劇は斜め上ではなかった」を、絶対に言いたいこととして1つ決めました。

3. 絶対に話したいことをベースに、サブ的な内容を膨らませる

私が選んだ「絶対に話したいこと」は比較的ネガティブなため、前後緩衝材を入れることにします。

今回は以下のようにすることを決めました。
・前緩衝材 -> 社歌
・後緩衝材 -> 空に向かってカメラが上がる最後のシーン


よって構成は以下のようになります。
1. はじめに(作品のざっくりとした紹介含む)
2. 前緩衝材(社歌)
3. 絶対に話したいこと(お涙頂戴復活劇は斜め上ではなかった)
4. 後緩衝材(空に向かってカメラが上がる最後のシーン)
5. 終わりに


ここまでできたら、後は実際に書いていきましょう。
このテンプレートはあくまでテンプレートなので、書いているうちにより良い物が出てきたら変えていっても問題ありません。
ただ、軸があるのと無いのとでは書く安心感が違いますので、執筆速度にも寄与します。

4. タイトルを考えよう

記事を書き終わったら、最後にタイトルを確定させます。
タイトルは最初に決めてもよいのですが、内容が途中で変わることはざらなので、
「絶対に言いたいこと」を書いている途中ぐらいに仮決めした後、完成後に文章を推敲している最中ぐらいに確定させるようにしています。

後は何度も推敲です。

5. 完成

そうやって完成した記事が以下となります。
thun2.hatenablog.jp


こういう説明を聞いた後だと、なんか作られた感のある文章に見えるかもしれませんが、書いた内容自体に嘘はないのでご安心ください。
こういうことを考えながら書いたらこんな記事になるんだなって思ってもらえたらと。


FAQ: 仮想敵を作る必要はありますか?

必ずしも必要ありません。ただ、誰かの記事を読んで納得できなかったから自分で反論してやるぜ、みたいなパターンとかはその限りではありません。
その場合、仮想ではなくもう敵な気がしないでもありませんが、昨日の敵は今日の友(一方的な敵は友になるのかどうかはまた別の話)。

後、仮想敵を作り出すと疲れるのと、一度味をしめるとそれしかできなくなる恐れがあります。
とは言え仮想敵を作りそれに反論するような内容は、議論が戦わされるので読んでいる方としては面白いです。
あぁ、この人ちゃんと考えているんだなって思っちゃいます。

健全にやっているうちは全く問題ないと思います。
そもそも仮想敵なんてものは人を想像しますが、実際には考え方みたいなものなので。
自分の考え方を展開するための下地として利用していることが多いわけです。

FAQ: 多くの人の目を引くように、タイトルや内容は誇張して、センセーショナルな感じにしたほうが良いですか?

タイトルはセンセーショナルな、記事の内容とは多少かけ離れている方がPVは稼ぎやすいと思います。
もちろん戦略的なタイトル決めは、本だろうがネット記事だろうがとても重要なことだと思います。
だから、自由にタイトルをつければ良いと思います。
ただ「この記事を読んだ人を後悔させたくない」という気持ちは忘れないほうが良いと思います。

内容も同様です。
昔、お互いのブログ記事を評価しようみたいな企画に参加させてもらった時に、某ニュースサイトの中の人から感想を頂いたことがあるんですが、私の記事には「特徴がない」と言われたことを覚えています。
特筆するべきところがないから、取り上げにくい、と。

それを聞いた時、ショックを受けました。ただ、一方で事実だと冷静に受け止めていました。
今回の、私の感想の書き方みたいなものを見てそう思った方もいらっしゃるでしょう。ヌルい、と。

仮想敵がないわけではありません。例えば、今回書いた記事なら「ゾンビランドサガの2期は無条件に受け入れられるものだ」みたいなものです。
それに対して「私はちょっとそうは思わなかった」という反論を行っているわけですが、明確に仮想敵を記載していませんし、反論しているわけではありません。
ただ、自分の思ったことを書いているだけなので。
しかし結果的にできあがった文章は「ゾンビランドサガ2期1話を、ちょっとイマイチだったなぁって言っているだけ」なんです、ものすごく冷静に捉えればですが。

多くの人に取り上げてもらえれば自分の伝えたいことやアニメの良さを伝えられるから、多少煽ったり嘘をついてでも、タイトルや内容をもっと刺激的なものにしたほうが良いと思ったことはありましたが、それは自分の性格に合っていなかったのでやめました。
そもそも本質的には、刺激的な内容ではなくても良い文章は取り上げられるし、多くの人の目にとまるのだと思います。

だから、結論的にはやはり自分の文章力がまだまだ足りていないのです。ただの遊びでやっていると思われても仕方がないわけです。
結局、批評的な文章にずっと馴染めてこなかった理由は、そのあたりにあると思っています。
自分にはできないことをやっている、そういうところに惹かれたのだろうと。

FAQ: 発想を飛躍させないんですか?

させたいです。時々、信じられないほどのアイディアが、アニメを見ていて生まれることがあります。
素晴らしい批評は、「そんな考え方があったのか」という、その作品に対する理解度を段違いに上げてくれます。

初めて出した同人誌の冒頭で、以下のような記載をしていましたが、この気持ちは今も変わりません。

素晴らしい批評・評論に出会うと素直に「すごい」と声に出していまいます。一体どの部分を「すごい」と思うのかというと、それは「補助線」を引いてもらえる点です。補助線とは、物事の理解を助ける考え方、別視点などと定義しています。作品を理解しようとする時、自分では絶対に考えつかなかったような補助線を示してくれる、これが批評・評論の素晴らしい点だと私は思っています。

とは言え同時に、以下のようなことも書いていて、この気持ちも本当です。

(略)
だけどネットの世界には、誤解を恐れず言えば、反論の余地を残さないような文章が溢れている、「批評・評論っぽい」文章が多い……上から目線に聞こえるかもしれませんが、私にとってはそう感じるものが多かったのです。
(略)
アニメってこんなにも面白くて楽しめるものなのに、なぜ皆は、わざわざ難しい言葉を使って理解を妨げるようなことをしているのか、なぜもっとアニメの純粋な楽しさ、感じたことを他人に伝えようとしたいのか、という気持ちが次第に膨れ上がっていったのです。


この同人誌を出したのが約10年前です。
この10年、ほんと成長してないなと改めて思いました。良くも悪くも。

ちなみにアニメの批評を書く人の中で、冒頭紹介した記事のてらまっとさんはリアルで数回お会いしたことがありますが、段違いで発想のセンスがある方でした(謎の上から目線)。
数えられるほどぐらいしかお会いしたことが無いのにそう思うのですから、当時からとんでもなくすごい人だと思っていました。でも、てらまっとさんに関わらずアニメ批評関連の同人誌なども目を通すことが少なくなったので、語る資格もありません。
もし次にコミケが開催されることがあれば、久々に参加しても良いかなと思ったりしました。

ゾンビランドサガリターンズ 第1話感想 お涙頂戴復活劇は斜め上の展開では無かった

第1期ではいろんな常識を覆して、いや壊してくれたゾンビランドサガ。
最終回が終わる頃には、第2期を待望していたのは私だけではないでしょう。

必ずしも2期を望むことが良いことだとは思いませんが、少なくとも1期では思わせぶりな伏線を残しまくっていたので、
期待しないわけには行かなかったわけです。

ゾンビランドサガは、2018年の10月から放送されていたオリジナルアニメ。アニメーション制作はMAPPA
ゾンビとして生き返った少女たちがアイドルを目指す、しかも佐賀県を救うために。
その突飛な設定に負けず劣らず主人公たちの魅力も大きく、最終話を見た私はマジで震えたのを覚えています。
thun2.hatenablog.jp


そんなこんなで、つまり2期に対する自分の中のハードルは上がりに上がっていたのです。

社歌から始まる第1話

1期の1話冒頭シーンを忘れられる人はいないでしょう。
だからこそ2期はどう来るか、皆期待していたはずです。

結果論ですが、あれを超えるのは相当に難しいから、軸を変えた衝撃を与える方向性にしたのだと思います。それが社歌だったのではと。
第1期では、実在するドライブイン鳥のCMソングを本編でやったので、まさかこれもマジであるんじゃないのか!? と思わせる感じが秀逸でした。
私も騙されました。でも、どうやら架空の会社の架空ソングだったようです。ただしモデルとなる会社はちゃんと存在しており、コラボ商品も発売されてたりします。



愛ちゃんが可愛いし、冒頭からシュールな感じで攻められて、これは良い感じだなぁどんな感じに1話が進んでいくのかなとワクワクして見終わったわけですが、
視聴後の気持ちはちょっとスカッとしないものでした。

お涙頂戴復活劇は斜め上ではなかった

第1話はざっくりとは、フランシュシュの復活劇でした。
ゾンビランドプロジェクト推進のために、駅前不動産スタジアムで初の単独ライブを開催したが、爆死。時間が限られているプロジェクトのため失敗は許されなかった、そして心が折れた。
やさぐれた巽を横目に、自分たちの原点であるGEILSでのライブを行うことを決める。
アウェーのライブは、アンコールなくまた終わってしまうのか。そんな時、バーのマスターから発破をかけられた巽が乱入、見事アンコールで新曲を披露するという流れ……。

この筋書きだけ見ると綺麗にまとまった1話だったなぁと思うわけですが、どうもスカッとしなかったのです。
なぜかというと、やはり綺麗すぎたのだと思います。捻りがなかった。お涙頂戴復活劇、という言葉であらわせてしまうのです。
一歩上ではなく、斜め上を行ってほしかったのです。これもハードルを上げすぎた弊害でしょうか。

もちろんフランシュシュの面々を見れただけで大満足であったことは事実です。キャラクターが動いている姿を見れるのは公式だけです。
でも、ゾンビランドサガならもっとやってくれるだろうって。一つ一つの動作というか所作がくさく感じたのです。

Cパートで、通常に引き戻す感じをやってくれたので救われました。あれがなかったら、本当に1話が辛かったという思いしか残らなかったので。
ただ、「通常に戻す」ということは1期の感じに戻るとも取れないことはないわけで、果たしてこれからゾンビランドサガ2期がどういう方向性で進めていくのかまだ見えてきません。

基本的には「ゾンビランドサガプロジェクト」を完遂させることがゴールな気がしますので、それに向けて各キャラクターの過去の掘り下げやドタバタを行って最後の数話で一気にクライマックスへ……というのが安直な推測です。愛ちゃんが属していた、アイアンフリルとの確執もありますしね。
でもそれはあまりにも安直すぎる。でも、今の所1話からでは得られる情報が少なすぎるので、2話を待ちたいと思います。
期待を上げつつ、勝手に気持ちを損なわないようにしておきたいと思います。

空に向かってカメラが上がる最後のシーン

ちょっと安心したのは、話最後の、空に向かってカメラが上がるシーン。これは1期の1話最後をリスペクトしているシーンだと思います。
構図がほぼ同じです。違いがあるとすれば、1期のほうがカメラの上がり方に勢いがあったのと、雲の形ぐらい。

セルフオマージュはいいですね。愛を感じます。こういうシーンを見ると、この作品を作っている人の気持ちが見えます、本当に。
ちゃんとこの作品を愛しているんだなって。

だから、2話以降も今は期待はしています。でもこうやってまたハードルを上げてしまっている感もあるのですが……。

終わりに

映画では2作目が駄作になるなんて言説がありますが、いつの時代も2期の評価って難しいですね、やっぱり。
1期が面白いからこそ2期が作られるのだから、2期のハードルが上がるのは当然ですし。

たくさんのアニメを見てくると、どこか続編に対して達観するというか「そういうものだ」という視点で見始めてしまう時があるんですが、これはやっぱり良くないです。
色眼鏡で見ていると同じなわけです。

なるべく自然に、そのアニメを評価して楽しんで、感想を書くときには素直な気持ちを伝えられたらと思っています。
無理に面白いと言ったり、つまらないと言ったりしても徐々にしんどくなるだけです。

ゾンビランドサガ、2話以降も注目していきます(これを書いている時はもっと放送されていると思いますが)。


漫画『片喰と黄金』感想 人との出会いが次の出会いのきっかけになる

『片喰と黄金』という漫画があります。かたばみとおうごん、と読みます。


表紙からはどんなマンガなのか分かりにくいですが、黄金という言葉が本作品の方向性をそのまま表しています。
黄金、すなわちゴールド。カリフォルニア・ゴールドラッシュで一発当ててやろうと女の子が頑張るキャッキャウフフする漫画……というわけではありません。

ゴールドラッシュで一発当ててやろうとしている女の子が主人公なのは事実です。
ただし物語は1849年のアイルランド、折しもジャガイモ飢饉と呼ばれる大飢饉が発生していた年から始まります。

アイルランドの農園の娘であったヒロイン、アメリア・オニールはこの大飢饉によってすべてを失っていました。
代々アメリアの家を手伝っていた家のコナーという青年以外の人間は、皆死んでしまいました。
死体漁りをしながら毎日をなんとか生きているというところから物語は始まります。
ja.wikipedia.org


世界史の知識が壊滅的なので本漫画で説明されている内容やWikipediaなどを改めて読んだりして勉強していましたが、アイルランドは当時イギリスに属していて、アイルランドの土地もイギリス系地主のものであったそうです。
農園を営むアメリアの家も例に漏れず、高い地代を払いながら地主に支払う農作物を作っていましたが、飢饉により地代が払えるはずもなく、土地を追い出されていました。

14歳にして壮絶な境遇に置かれているアメリアですが、彼女は移民として、アメリカ合衆国に向かうことを考えます。
そう、1848年に金を発見したという報せから始まるカリフォルニア・ゴールドラッシュ。ゴールドラッシュで一発逆転を狙い、大富豪になる、それがアメリアの夢なのです。

ここから先はもう少し作品の内容に踏み入っていきますので、ネタバレにはご注意ください。
なお幸運にもKindleでは現在第1巻が期間限定無料(3月いっぱい)だそうなので、お時間許せば是非に。おすすめです。


ささやかな幸せ

本作品の面白さがどこにあるかと言われると、やはりヒロインであるアメリアの心の強さというか、曲がらないその信念かなと思います。小並感ですが。
まだ14歳にも関わらず、自分以外は皆死んでしまった家の家長となったアメリアですが、失ったものが多すぎました。

ゴールドラッシュで一山当ててやると言い放った彼女に対して、物語冒頭助けた青年がかけた「ささやかな幸せを噛み締めて慎ましく生きていけばいい」という言葉は、少女に深く刻まれた傷を再び呼び覚ますには十分でした。

以下に引用するシーンはまさに本作品の最初の掴みのシーンである、と言葉にするのは簡単なのですが、初めて読んだ瞬間は本当にぞわっと鳥肌が立ちまして圧倒的にこの作品がもう面白いに違いないと思わせてくれるには十分でした。

たとえば次の年
豊作になったとして その先ずっと穏やかな暮らしを送れるとして
私たちの味わった苦しみは 
それしきのことで
到底賄えるものではない…!

大富豪です!!!
飢えも知らない 病気も知らない
子供も孫もその先もずっと なんの苦労も要らないような
黄金を掴みに行きます

漫画『片喰と黄金 1』 57-59ページより引用


特に「私たちの味わった苦しみは それしきのことで 到底賄えるものではない…!」という表現の仕方、言葉選びがすごく好きで、
それしき、からの到底、という言葉の繋ぎが最高ですね。何度読み返しても良い感じです。

物語の根幹はしかし上記に引用した言葉にすべて集約されており、道中でいろんな人に出会い苦難にも出会い死にそうになったときも、魂の奥底に刻まれた「絶対に幸せになってやる」という気持ちが湧き出してくるのです。

人との出会いが次の出会いのきっかけになる

多くの作品は誰かとの出会いが物語の展開のきっかけになるわけですが、本作品もその例に漏れず色んな人との出会いが物語を大きく左右していきます。
出会った人がその次の物語の大きなキーマンになっていることが多いのも特徴でしょうか。

ニューヨークまでの船旅で出会ったダラは、ボルチモアへの道を示しました。
ニューヨークで出会ったブッチャーは、アメリアたちが前に進む理由を改めて思い出させてくれました。
物理的に迷っていたアメリアを助けてくれた万次郎(これはアメリアたちが導いてあげたほうかもしれません)。
万次郎に助けてもらって正しい道に戻った先で出会ったマイルス一行、マイルスから教えられるボルチモアへの道そしてカリフォルニア黄金への道(実はボルチモアが王道の行き方の一つであった)。
ボルチモアで出会った同じアイリッシュの移民の夫婦、二人からプレゼントされる靴。本当の意味でのダラとの出会い。
カンバーランドへの道中で出会ったイザヤ、お金だけではなく「人を集めろ」という今後の重要な指針を示される。そして今後大きな助けとなるテッドとアンナに出会う。
イザヤのパトロンであるケンタッキー州のモラレス、コナーとの関係性を考え直すことになる奴隷達との出会い。
そしてオハイオ州シンシナティで出会う教師。

最終的な目的地はカリフォルニアで、その道中で様々の出会いや経験をしながら進んでいくというのがこの物語の根幹なわけなのですが、改めて関係性に着目して振り返ると、出会いが着実にカリフォルニアへの道に繋がっているということがわかります。
最終的な漫画のゴールまではまた道半ばといった進行度ですが、ここからさらに信頼できる仲間を増やしながらアメリアたちは進んでいくのでしょう。
それが今から楽しみで楽しみでなりません。

最新5巻では教師との出会いのところで終わってしまいましたが、ある意味まともなちゃんとした大人枠は貴重なので、この人は是非仲間になってほしいです。
ただ、教師の道に素直に戻るのが王道という感じもするので、またアメリアが導いてあげるターンなのかもしれません。万次郎を導いたように。

終わりに

なんとなしに読み始めた本作品ですが、何度読み返しても面白い作品で、自分の中ではもはや名作に入る部類です。
最近心が廃れているのもあって、心が強いアメリアを見ていると救われるところがあるのかもしれません。
読んで損はないので、ぜひぜひお手にとって読んでみてください。