隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

漫画『片喰と黄金』感想 人との出会いが次の出会いのきっかけになる

『片喰と黄金』という漫画があります。かたばみとおうごん、と読みます。


表紙からはどんなマンガなのか分かりにくいですが、黄金という言葉が本作品の方向性をそのまま表しています。
黄金、すなわちゴールド。カリフォルニア・ゴールドラッシュで一発当ててやろうと女の子が頑張るキャッキャウフフする漫画……というわけではありません。

ゴールドラッシュで一発当ててやろうとしている女の子が主人公なのは事実です。
ただし物語は1849年のアイルランド、折しもジャガイモ飢饉と呼ばれる大飢饉が発生していた年から始まります。

アイルランドの農園の娘であったヒロイン、アメリア・オニールはこの大飢饉によってすべてを失っていました。
代々アメリアの家を手伝っていた家のコナーという青年以外の人間は、皆死んでしまいました。
死体漁りをしながら毎日をなんとか生きているというところから物語は始まります。
ja.wikipedia.org


世界史の知識が壊滅的なので本漫画で説明されている内容やWikipediaなどを改めて読んだりして勉強していましたが、アイルランドは当時イギリスに属していて、アイルランドの土地もイギリス系地主のものであったそうです。
農園を営むアメリアの家も例に漏れず、高い地代を払いながら地主に支払う農作物を作っていましたが、飢饉により地代が払えるはずもなく、土地を追い出されていました。

14歳にして壮絶な境遇に置かれているアメリアですが、彼女は移民として、アメリカ合衆国に向かうことを考えます。
そう、1848年に金を発見したという報せから始まるカリフォルニア・ゴールドラッシュ。ゴールドラッシュで一発逆転を狙い、大富豪になる、それがアメリアの夢なのです。

ここから先はもう少し作品の内容に踏み入っていきますので、ネタバレにはご注意ください。
なお幸運にもKindleでは現在第1巻が期間限定無料(3月いっぱい)だそうなので、お時間許せば是非に。おすすめです。


ささやかな幸せ

本作品の面白さがどこにあるかと言われると、やはりヒロインであるアメリアの心の強さというか、曲がらないその信念かなと思います。小並感ですが。
まだ14歳にも関わらず、自分以外は皆死んでしまった家の家長となったアメリアですが、失ったものが多すぎました。

ゴールドラッシュで一山当ててやると言い放った彼女に対して、物語冒頭助けた青年がかけた「ささやかな幸せを噛み締めて慎ましく生きていけばいい」という言葉は、少女に深く刻まれた傷を再び呼び覚ますには十分でした。

以下に引用するシーンはまさに本作品の最初の掴みのシーンである、と言葉にするのは簡単なのですが、初めて読んだ瞬間は本当にぞわっと鳥肌が立ちまして圧倒的にこの作品がもう面白いに違いないと思わせてくれるには十分でした。

たとえば次の年
豊作になったとして その先ずっと穏やかな暮らしを送れるとして
私たちの味わった苦しみは 
それしきのことで
到底賄えるものではない…!

大富豪です!!!
飢えも知らない 病気も知らない
子供も孫もその先もずっと なんの苦労も要らないような
黄金を掴みに行きます

漫画『片喰と黄金 1』 57-59ページより引用


特に「私たちの味わった苦しみは それしきのことで 到底賄えるものではない…!」という表現の仕方、言葉選びがすごく好きで、
それしき、からの到底、という言葉の繋ぎが最高ですね。何度読み返しても良い感じです。

物語の根幹はしかし上記に引用した言葉にすべて集約されており、道中でいろんな人に出会い苦難にも出会い死にそうになったときも、魂の奥底に刻まれた「絶対に幸せになってやる」という気持ちが湧き出してくるのです。

人との出会いが次の出会いのきっかけになる

多くの作品は誰かとの出会いが物語の展開のきっかけになるわけですが、本作品もその例に漏れず色んな人との出会いが物語を大きく左右していきます。
出会った人がその次の物語の大きなキーマンになっていることが多いのも特徴でしょうか。

ニューヨークまでの船旅で出会ったダラは、ボルチモアへの道を示しました。
ニューヨークで出会ったブッチャーは、アメリアたちが前に進む理由を改めて思い出させてくれました。
物理的に迷っていたアメリアを助けてくれた万次郎(これはアメリアたちが導いてあげたほうかもしれません)。
万次郎に助けてもらって正しい道に戻った先で出会ったマイルス一行、マイルスから教えられるボルチモアへの道そしてカリフォルニア黄金への道(実はボルチモアが王道の行き方の一つであった)。
ボルチモアで出会った同じアイリッシュの移民の夫婦、二人からプレゼントされる靴。本当の意味でのダラとの出会い。
カンバーランドへの道中で出会ったイザヤ、お金だけではなく「人を集めろ」という今後の重要な指針を示される。そして今後大きな助けとなるテッドとアンナに出会う。
イザヤのパトロンであるケンタッキー州のモラレス、コナーとの関係性を考え直すことになる奴隷達との出会い。
そしてオハイオ州シンシナティで出会う教師。

最終的な目的地はカリフォルニアで、その道中で様々の出会いや経験をしながら進んでいくというのがこの物語の根幹なわけなのですが、改めて関係性に着目して振り返ると、出会いが着実にカリフォルニアへの道に繋がっているということがわかります。
最終的な漫画のゴールまではまた道半ばといった進行度ですが、ここからさらに信頼できる仲間を増やしながらアメリアたちは進んでいくのでしょう。
それが今から楽しみで楽しみでなりません。

最新5巻では教師との出会いのところで終わってしまいましたが、ある意味まともなちゃんとした大人枠は貴重なので、この人は是非仲間になってほしいです。
ただ、教師の道に素直に戻るのが王道という感じもするので、またアメリアが導いてあげるターンなのかもしれません。万次郎を導いたように。

終わりに

なんとなしに読み始めた本作品ですが、何度読み返しても面白い作品で、自分の中ではもはや名作に入る部類です。
最近心が廃れているのもあって、心が強いアメリアを見ていると救われるところがあるのかもしれません。
読んで損はないので、ぜひぜひお手にとって読んでみてください。

シン・エヴァンゲリオン劇場版 ネタバレ感想

本記事は、現在公開中のシン・エヴァンゲリオン劇場版のネタバレを含みますので、未視聴の方はぜひその目で確認されてから読んでいただければと思います。




見終わった感想

はぁー、というかふぅーというか、ふぃーというか、とても疲れてしまって気持ちがまとまらずに、どのように言葉にすれば良いのだろうか、とかそんなことばかり考えながら帰っていました。
私は正直なところ、エヴァという作品をテーマ性から深く語るに値するほどの知識や経験を持ち合わせていないので本当にただの感想になるのですが、それでもやっぱりエヴァという作品はとてつもない力を持っているものであり、語りたくなるのです。
「どのように言葉にすれば良いのだろうか」とはすなわち、自分の中でまだ噛み砕けておらず、消化しきれていない状態なのです。
分からない言葉や設定、一度見ただけでは追いきれないストーリーの流れなどが絡み合ってやはりまだまだ消化は無理なのです。少なくとも2回3回と見ないとなんとも言えないと思います。


で、とはいえそんな消化不良の状態でも思った感想は「ちゃんと終わってよかった」でした。
終わった後に、右下に「つづく」って出るんじゃないかと思ってましたが「終劇」と表示され、エヴァ特有のぴかりーんっていうあの光が表示された瞬間、あぁ終わったんだってやっと思えました。
同時に、庵野さんは、庵野さんの描きたいことを描ききれたのかなぁって思っていました。
拙い私の考えでは、きっと描ききれたのではと思ったのです、異論は認めます。これまでのエヴァにあるまじき説明量、キャラクターの丁寧な掘り下げ、救われる道の提示。
もちろん一度見ただけでは理解しきれない情報量で、もしかしたら全然いろんな捉え方ができて、本当は全然描ききれていないのかもしれないのですが、それでも見終わった後になんだろう、ちょっとした清々しさを覚えたので、
やっぱりこれはいろんなことがちゃんと描かれたからなんだろうなと思ったのです。

この感想を書きながらも、あのシーンどうだったんだろうとか考えようとしたのですが、なんか考えられない感じなんです。考えたくないというか、考えたいけどふわーっと映像が浮かんでは消えていくような。
もう少しこの余韻に浸った後に、2度目3度目と見て理解を深め、色んな人の感想・考察記事なんかを読もうかなと思っています。

いや、最高ですね。やっぱりアニメは生きる力をくれます。
特に映画を見たときの感想にはいつも「生きる力をくれます」って書くことが多いのですが、これは別に定型句の軽い言葉などではなく、本当にそう思えるんです。
今回も生きる力をもらいました。

アニメ『魔王学院の不適合者』 ラノベ原作のアニメ化としては近年まれに見る素晴らしさだった

PVを見る限り俺TUEEE感の匂いがするため、気楽に見れる作品になりそうという意味でチョイス。 主人公は真面目系っぽいので、ラッキースケベではなく天然ジゴロ系だと想定されます。ヒロイン含めた女の子が可愛い予感なので、ベタでもいいので顔を赤らめさせるシーンが沢山あれば良いなと思います。 なんだかんだ、最終話までちゃんと見ることになるだろうと思います。

2020年見なかったアニメ - 隠れてていいよ

最近書きました、見ていないアニメに関する記事内で本アニメについて上記のように評していました。
面白そうだなぁといつか見たいと思っていたのですが、なんとなしに昨日1話を見たらめちゃくちゃ面白くてですね、気づいたら今日見終わっていました。

熱が冷めないうちに感想を残しておこうと思い記事を書きました。
本記事では、アニメのネタバレを含みますので、その点ご留意いただければと思います。
なお原作は未読で、アニメのみ視聴した状態です。

物語を進める装置としての魔王

俺TUEEEというか、ただの強い魔王でした。事情により2000年前の魔王が現在に転生してくるところから物語が始まるので、次世代の魔王を育成しようとしている現在では強くて当たり前という世界観なのでした。
ですので、だいたい力でねじ伏せて解決することが可能です。

これだけだとただ無双する物語なのですが、本作品のポイントは、2000年前になぜ魔王が転生することとなったのか、というところにあるのは視聴された方なら御存知の通り。
真の平和を望んでいた魔王が転生後に見たのは、確かに平和ではあったものの、何かしらの良からぬ企みにより改変された都合の良い平和でした。

話の主軸は、魔王がこの都合の良い平和の矛盾を解明していくところにあります。
ですので最終的なゴールは、アニメ化された部分までで言うと「魔王が、歴史を改変した黒幕に気づき、倒す」となるわけです。
もちろん、このゴールに向かって物語が肉付けされていくことは一般的な物語と同じで変わりません。

ですが、この作品のすごいところは可能な限り無駄なものを削ぎ落としてストーリーを進めようとするところです。
ざっくりとしたストーリーの流れは以下なのですが、無駄なものが削ぎ落とされています。

  • 魔王、転生して入学試験を受ける、そこでヒロインのミーシャと出会う(ヒロインのミーシャが、運命を帰る魔王と出会う)
  • ミーシャの生い立ちの鍵を握るサーシャの登場(即オチ2コマ)、そしてミーシャ問題の解決
  • 剣が得意な転校生の登場、勇者学院が舞台となる歴史改変の謎の解明

普通、物語の骨子をベースに細かなシーンが肉付けされていくため、普通のアニメだったらミーシャ問題の解決くらいまでで1クール使っていたでしょう。
なお肉付けとは具体的には、物語・世界観の説明であるとか、キャラクターの掘り下げであるとか、キャラクターのサービスシーンであるとかそういうものです。

それらが本作品に全く無いわけではありませんが、あっても1シーンでサクッと進むのです。
結果として、「あれ、全然説明無いけどどういうことや」っていうことがたくさん出てくるのですが、有無を言わせずストーリーを進行させることで感じさせないようにしているのです。

例えば第1話で登場するミーシャは、とても魔力が強く、魔王もすぐに認めるほどのすごい人物です。
ただしバックグラウンドにほぼ説明がないため、突然魔王と親しくなったように感じ、なぜヒロインポジに収まったのかは想像でしか感じられません。
魔王は魔王で「何だお前ら、そんなことも知らんのか」と淡々と事実を説明して粉砕していくので、ふーんそうなのかって流してしまいそうな気になるんです。

例えば2話で登場するサーシャは、即落ち2コマよろしくこの2話内でツンからデレます。初登場であそこまで見下していたくせに、終わり頃にはキスまでするとかどういうことって話ですよ、ここまでのスピード感ある展開は久々に見ました。もちろん魔王が、コンプレックスである魔眼に対してきちんと向き合ってくれたからという強い理由があるのですが、その理由の説明のために描かれる表現や話の展開がストレート過ぎるのです。

例えば物語全体を通して、主人公が誰も扱えないような魔法を扱ったり先生の間違いを正したりしたとき、普通なら「オレ何かやっちゃいました」な持ち上げテンプレが行われることが多いですが、それがほぼありません。あったとしても、嫌悪感を感じない一瞬でサラッと流されます。魔王が完璧すぎるがゆえに嫌味もありません。

具体例をあげればきりがないのですが、こういった工夫が随所に散りばめられていることで圧倒的にストーリーの進行が早いです、しかも納得度が高くです。
個人的には、このレベルの進行の早さがアニメには求められると思います。飽きさせるどころか、次を早くどんどん見たい、本のページを次々捲りたいという欲求に抗えない……そんな気持ちにさせてくれるのです。

これは本当に画期的だと思っていて、つまり圧倒的な力を持つ魔王というものの存在を物語を進めるための装置としてうまく利用しているということだと思います。
作者はこの歴史的な物語を書きたいという欲求がまずあって、そこに魔王という絶対的なキャラクターを配置していったのではと推察してしまうほどには。

見方によっては説明もなくただ単に俺TUEEEするだけの作品じゃんと思われると思うのですが、ぜんぜん違うと声を大にして言いたいです。

歌を歌うよ

さて他にも色々書きたいことがあるのですが書き出すと長くなるので、もう1点だけ触れておきます。それは歌、なんです。いや、これは触れずにはいられないでしょう。

作中、配下からの応援する力でパワーアップすることができるアスクという魔法が登場しますが、魔王がそれを行使する際「さぁ、俺を応援しろ!」と親衛隊、ファンクラブの女の子たちに命令します。
すると女の子は、おそらく自作だと思われる魔王を称える歌を歌って応援するんです。急に歌うよ、ですよ。

乾いた笑いではなくシュールなギャグとして成立しているところが素晴らしいのです。普通こういったシーンは寒くなりがちなんですが、めちゃくちゃ真面目に描写されてしまうことによってシリアスな笑いへと昇華されるんです。

しかもすごいところはですね、この歌のシーン3回もあるんです(確か3回、違ったらすいません)。そして最後の1回はなんと最終回にぶっこんできたんです、しかもラスボス的な敵を倒すシーンでですよ。
「歌え! 哀れな亡霊に、レクイエムを聞かせてやれ!」という号令のもと魔法アスクを発動。さらっと歌うシーンが流されるのかなーって思ったら、めっちゃしっとりとしたイントロが始まるんです。
この瞬間笑いが無意識に出ました。

そしてファンクラブの皆様方がめっちゃ歌い出すんです、真剣に。ストレートな歌詞がたまらなくてですね、シリアスな笑いの極致です。
歌い終わるまで本当に腹を抱えて笑い続けてました、そして同時にこれを成立させてしまうこれまでの物語の描き方に脱帽しました。


加えてですね、魔王がこの魔法を、ラスボスを倒す重要なシーンで使っているのも見逃せない点なのです。
魔王のファンクラブの皆さまの、魔王を愛するという気持ちを強く強く信じているんです。だから、こんな場面でもアスクを使って歌えと魔王は言うんです。哀れな亡霊に聞かせてやれと。愛の尊さを。
最終話のサブタイトルが『世界が愛に満ちるように』となっているのは偶然ではありません。

魔王の名言のオンパレードの中、BGMでひたすら流れ続ける歌。もうね、たまりませんよ。この数年ガッツリとアニメを見ていなかった私でも分かります、この最終回は近年まれに見る最終回だと思います。

f:id:thun2:20210111013247j:plain
「歌え! 哀れな亡霊に、レクイエムを聞かせてやれ!」
(画像はAmazonPrimeビデオの配信からキャプチャ、以後同様)
f:id:thun2:20210111013249j:plainf:id:thun2:20210111013253j:plain
しっとりとしたメロディーで始まる素敵なシーン
f:id:thun2:20210111013303j:plain
めっちゃ歌うよ

終わりに

他にも色々書きたいことがあるのですが、一旦このあたりで。久々に素晴らしい作品に出会えました。これだからアニメはやめられませんし、できればリアルタイムで見たかったという後悔も少しあります。
原作も時間があれば読んでみたいですし、このアニメの構成が原作をどの程度リスペクトしているのか、はたまた構成を変えているのかも考察してみたいです。
アマゾンプライムビデオで現在無料公開中なので、興味のある方はぜひご覧になってみてください。