読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

今からでも間に合う、2期も決定している『WORKING!!』が面白い

現在、BS11他で再放送している『WORKING!!』。10月からは2期『WORKING'!!』の放送が決定しています。
WORKING!!』and『WORKING'!!』
1期と2期のタイトルは一見、見分けがつきません。無印にも「!」マークが2個付いていたものだから、2期が放送しているのかと勘違いしていました。

ちなみに再放送のオンエアー情報は以下のようです。

20110802172557
画像は公式サイトより引用。以下同様。



さて本放送は2010年の4月期でしたが、私はこの再放送が初視聴。現在4話「相馬、さわやか すぎる青年」まで放送されましたが、「どうしてリアルタイムで見なかったのだろう」と後悔するほど面白いです。


面白い理由は幾つもあるのですが特に「キャラクター萌え」は突出しているなと感じています。これはつまり、一人ひとりのキャラが非常に立っており、それが重なりあって物語が作られているイメージ。ワグナリアという空間の中で、各キャラクターが最高のパフォーマンスを発揮しているというイメージです。

また、基本的にストーリーは明るく微笑ましいものが多いので見ていて疲れません。せいぜいニヤニヤしすぎて顔が緩むぐらいです。


現在お気に入りのキャラクターはぶっちぎりで伊波さん。CVは藤田咲さんです。


20110802173602



私が改めて伊波さんの良さを語る必要はないのかもしれませんが、是非、言いたい。彼女は魅力的です。
「男性恐怖症だけど恋もしたいお年頃」という設定を最大限生かした各種イベントは、思わず椅子から転げ落ちそうになるぐらいの萌ポイントを叩き出します。
「男 → キャー → 殴る」という、ある種短絡的な流れではあるのですが、ガッツリ殴ることが爽快感と萌えを生み出しています。
一般的な暴力キャラと違うところは、本気で嫌がっている(男性恐怖症)、だけど謝罪の気持ちもある(罪悪感はある)という点。だからこそ、殴るシーンがあんなに多用されても不快感がないのです(むしろ快感)。

4話までのストーリー構成も良いと思います。特に2話までの、主要キャラクターを早いうちに登場させようという作り方は好きです。見せ方が上手いのかキャラクターが個性的なのか、2話終了時点でも各キャラに十分に感情移入できる状態でした。
感情移入できる下地を早めに作ることが出来れば、後はキャラクターを動かすだけ。「もっと伊波さんを見たい」といった感情を視聴者に持たせれば、もう何も怖くない。
途中から視聴でも十分間に合うと思いますので、この機会に是非。

ちっちゃいよ!

WORKINGはオープニングも良いですね。曲の入り「someone(one one) someone (one one)」は軽快で、「WORKINGが始まった!」と頭が切り替わります。

SOMEONE ELSE


アニメーションとしては、サビ部分の大量のぽぷらが行進するところがとても可愛いです。小鳥遊くんじゃなくても、思わず手を出したくなる可愛さです。


何が良いかって、音楽と共にぴょこぴょこ動くのですよ。ミニコンもたまにはいいよね。



終わりに

8月24日にはBlu-ray BOXの発売も決定しているWORKING!!。現在購入するか検討中です。
4話以降もずっとニヤニヤできそうならば、買う価値がありそうです。私と同様、本放送時見ていなかった方は、この機会に視聴してみては如何でしょうか。



関連リンク: