読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

アクエリオンEVOLがNTR過ぎて性的にやばい

手放しで「岡田麿里さん、すごいっ」とか言えるほど岡田麿里さんフェチではない私ですが、そうは言っても1話2話の「合体」SP放送の内容は、ゲスい臭いがしました。

<第1話>
<第2話>


さて、とりあえずは2回見返したのですが、ヒロイン「ミコノ」がツボに入りすぎました。格好(ちょっとヒラヒラしたスカート+絶対領域)だとか、肢体(細身、スタイル良し、適度よりちょっと大きめな胸(ただし主張しすぎていない)、太ももの具合)、顔(クリっとした目)が素敵なのはもちろん、それ以上にNTR的エロさが最高でした。


20120111004752



NTR描写が端的に描かれたのはもちろん「喪服の結婚式」の予知です。どういった点がNTR的な要素なのかをあえて言語化してみましょう。
まず、ヒロイン「ミコノ」と主人公「アマタ」は、おそらくは正カップルだと予測できるわけです。ボーイミーツガールはやはり公式カップルと「見てしまう」のが性でしょう。
そうやって二人は合体までしてしまうのですが、しかし予知の内容として、敵だと思われる赤髪の「カグラ」と「ミコノ」が結婚する絵が描かれるわけです。するとですね、予知が実現してしまう限りはNTRエンドが待っていると予測できるわけです。まずこれが一点。将来的なNTRを見据えた精神的NTR感ですね。

もちろんストーリー的には、主人公を含めたキャラクターたちが「行動」することによりNTR未来は変わっていくのでしょうが、そうは言っても赤髪さんが今後も執拗にミコノに絡んでくることは明白で、各話の中で精神的そして一部には肉体的NTRが描かれる可能性もあるわけです。
これが二点目。すなわち本編内で今後も継続的にNTRが描かれていくだろうという期待NTR。良いですね…ワクワクしますよ。


すさまじく、臭い!
臭いの元凶、クソ女だ!
俺だけのクソ女をな!

菅野よう子さんの音楽は素晴らしいとしか言いようがない

昨年の冬コミの企業ブースでは、おそらく以下のPVがループで流されていました。



このPVで、オープニングテーマ「君の神話〜アクエリオン第二章」(1話2話SPでは挿入歌扱い)を初めて聞いたのですが、瞬時に「曲買い」を決定してしまうほどインパクトのある主題歌でした。実際本編で流れた時は、脳汁が出まくり。
この曲を流せばどんな展開も強引に突っ走らせることができる、といっても過言ではないほどの力が本曲には込められています。



1話2話SPでは曲が2回挿入されますが、挿入されるシーンはどちらも突っ込みどころが満載の展開(しかし本作品内では平常運転)です。そして、その展開は曲との親和性が高すぎるのです。
以下、敢えて文字化しました。



君の神話〜アクエリオン第二章」が流れ始める、そして

カイエン「ばらばらになる」
ミコノ「今までの常識とか気持ちとか、みんなばらばらになって」
アマタ「ばらばらになって、はじける」
ゼシカ「はじける、ずっと大切にしてきた何かが、はじけて」
(パン!)
ミコノ「壊れちゃうううううううう」


(流れだすサビ、ガシャンガシャン変形するアクエリオン

スオミ「何、この形…」
ドナール「アクエリオンが、進化している!」

アクエリオンEVOL!!


もちろん1話の見所がここだけ、というわけではありません。ですが、このシーンの衝撃が凄まじかったことは事実で、何度見てもニヤニヤが止まりません。


そして1話に負けず劣らず、2話で曲が挿入される以下のシーンもニヤニヤの極みでした。再び文章化します。


ミコノ「ごめんね。できっこない同士だなんて、私なんかと一緒にしちゃって。アマタくんはすごいよ。まだ出会ったばかりなのに、私を守ろうとしてくれる。泣き言ばっかの弱虫の私を」

アマタ「ミコノさん」

ミコノ「ありがとう、ごめんね。ありがとう」

(アマタ、ミコノの手を握る)

アマタ「ミコノさんの手のひらって、小さくって、スベスベで、温かくって…」

やわらかああああい

そして、「君の神話〜アクエリオン第二章」が流れ始める。


なぜ敢えて文章化したのかというと、繰り返しになりますが、上記の2シーンはニヤニヤの極致で、何度見てもニヤニヤ、ゾクゾクできる、すんばらしいシーンだからです。思わず文章化しておきたいと思うほどに。
特に後者の「やわらかああああい」は、アマタの素直な気持ちが駄々漏れで、何度見ても心が震えます…。いや、そりゃ柔らかいんでしょうけども、それを言葉にできるアマタは素晴らしい。


素晴らしい素晴らしいと連呼すると安っぽい感じがするのですが、しかし是非皆さん、実際に映像を見てこの「すばらしさ」を感じて下さい。


見逃した、映らないぞ!という方。ニコニコ動画で1月17日(火)0時より無料配信されますので、是非そちらも活用なさって下さいませ。配信され次第、リンクは追加する予定です。

なおニコニコ動画のプレミアム会員の方でしたら、TV同時放送!アニメ「アクエリオンEVOL」1・2話合体SP - ニコニコ生放送においてタイムシフト視聴することが可能かと思いますので、待ち切れない方は、こちらも合わせてどうぞ。

男女間合体によるアクエリオンのエロさ

上記「やわらかああああい」のシーンの直前、赤髪の敵「カグラ」が複数の二又の武器で、アクエリオンを地面に拘束するシーンがあります。このシーンで、身動きができず、僅かにもがくアクエリオンにエロさを感じたのは私だけでしょうか。
もちろん、「ロボット(メカ)が陵辱されるシーンはワクワクする」、というそもそも論があることは理解できますが、それ以外の部分でエロさを感じたのです。


というのも、アクエリオンの内部にはミコノをはじめ、アマタ、カイエン、ゼシカが搭乗(合体)していましたので、このアクエリオンを形作っているのは「男女間」なわけです。するとアクエリオンそのものから男女が混合されたような何とも言えないオーラを無意識的に感じてしまい、その結果、拘束されている時にもがいているアクエリオンに中性的なエロさを感じたのです。


ヒロインを始めとする女性キャラがエロいのはもちろんのこと、アクエリオンもエロい……実にエロい作品でもあります。

終わりに

2005年に、本作品の前身にあたる『創聖のアクエリオン』という作品が放送されていました。私は1クールくらいまでで視聴を止めてしまったため、最後まで見ていません。
そんな私でも、少なくとも1話2話合体SPは楽しむことができました。ですので、「前作見ていないと楽しめないんだろ」と思った方も、騙されたと思って視聴してみませんか。



以下、3話の予告です。



関連リンク: