読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

真にアニメをツールとして使っている奴

戯言

「砂場」としてのアニメがある、日々の楽しみ。 - たまごまごごはん
「砂場」なんかいらない - いつだって"本気"じゃないと気が済まない君へ - さよならストレンジャー・ザン・パラダイス


私はですね、実況が凄く好きなんです。ここでいう実況とは、主にテレビとかを見ながら2chとかTwitterに書き込んで、という行為のあれです。特にアニメの実況が好物で、最近こそリアルタイムでアニメを殆ど見れていませんが、リアルタイムで見るときは基本的にPC前に座って、Twitterでつぶやいて、ツッコミ入れながら見てます。昔はもっぱら2chでしたが。
何で実況しているんだろうなぁって考えたら、確かに実況というのはいろんな人の感じていることがドバーッと感じられて、共有感とか一体感を感じられるから、というのは間違いありません。

そんで、まぁ実況が好きなんですが、何よりアニメが好きなんですよね。アニメというコンテンツがあって、楽しみ方の一つとして実況というものがあるわけです。だから、年に2回程度、コミケ後に知り合いの方とオタトークするのも好きだし、ニコニコ動画でわざわざ2回目以降の視聴をしたりするのもコメントでアニメを楽しむという手段に過ぎないわけで。


幼稚園、小学生の頃を思い出して、果たして何で砂場に行ってたんだろうって考えてみました。私の場合は、砂場に行くのが目的と言うよりは、友達と連れ立って公園に行って、その中で砂場という遊びをやっていた、ということが多かったと思います。主目的は多分、友達とか誰かと公園に行って遊ぶことであって、砂場で遊ぶことは、確かに主目的になっていたこともあるだろうけれど、完璧に目的と手段が入れ替わっていたときは無かったのではないだろうかと今になって思う。砂場で遊ぶのも楽しいし、シーソーで遊ぶのも楽しいし、ブランコで遊ぶのも楽しい。そういうことだったと思う。
砂場というのは、公園というのは友達と遊びに行く場所であり、目的ではなかったように思う、多分。

だから、「砂場としてのアニメ」という表現を使った時の「砂場」の意味が、皆が集まる場所だとか、楽しむための手段という意味ならば理解はできる。アニメ=砂場という、まるでアニメそのものが遊んだ後すぐに崩れてしまって、更地に戻って、また一から楽しむものだ、という使われ方ならちょっと困るけど。


「砂場としてのアニメ」という表現を用いるとなぜかマイナスのイメージが湧いてしまう。多分それは、砂場というものが遊んだ後に更地になって、作ったものが無くなってしまう、儚く脆いというイメージが強いからなのだと思う。ただ確かに、砂場があくまで手段だった、場所だったのであれば、主目的は「みなで遊ぶこと」であり砂場が蔑ろにされているように感じる、というのは分かる。



でも、「このアニメ面白いなー」って自分一人で思う時と、皆で「あのアニメ見た? めっちゃおもしれぇww」と盛り上がる時と、一体何の違いがあるんでしょうか。両者ともに、アニメをすんごく楽しんでるじゃないですか。「人と繋がって、はしゃぎたい為だけにアニメを観る」っていう時に、ホントに無感動でアニメを淡々と何の感情もなく、ただただ他人とつながるためだけに、1話30分という短くない時間を使っているんでしょうか。


私はニコニコ動画でいろんなコメントを見るたびに、実況でいろんな人の意見を見るたびに、いろんな媒体でいろんな人のいろんな想いを見るたびに、「あぁ、アニメってすげーパワーがあるな」って思うんですよね。そりゃまぁ、アニメに命かけている人もいれば皆で楽しむためのツールとして捉えている人も居るだろうけれども、後者の人って本当にアニメをツールとしてしか見ていないんでしょうか。私あなたがその人のことを「アニメを本気で見ていない」と思うのは多分勝手なんだろうけれど、本人がアニメを楽しんでいるかどうかもまた勝手なんでしょうと思うんですよね。アニメの見方って、そんなにしんどいものでしたっけ。

どんなアニメであれ、見て何かを感じて、その作品から何かを受け取って……それってもうアニメを楽しんでいるにほかならないんじゃないですかね。「好きの反対は無関心」教の私からすれば、それすらも素敵なことに思える。


ここまではキレイ事で。

アニメっていうのは、これも私の宗教みたいなもんですが、制作側が命をかけて作っているわけですよ。だからアニメに接する時に、いい加減に接することは許せないとすら思っているわけですよ。少し前に、お酒と一緒に楽しむアニメ、みたいな話でTwitterで盛り上がりました。私自身、時々お酒を飲みながらアニメを見ますが、可能ならば飲まない状態でアニメを見たいなと思っています。何故ならば、アニメに対して失礼だと思うからです。シラフではない状態でアニメを見て、もしシラフだったのならきちんと理解できていたかもしれない部分を、酔っていることによって理解が浅くなって、その結果「このアニメはここが理解できない」とか「面白かったけど何かが足りない」とか言っちゃってみなさいよ。失礼すぎるでしょ。

そしてね、誰もがアニメに命かけているわけじゃなくて、やっぱり流行りのものとかだけを見て、情報はまとめサイトでザクっと見て、そしてそれをツールとして友達と楽しむっていうことはもう普通に行われているわけですよ、多分。行われてますよね?
だから、アニメが砂場のようにツールとして楽しまれている、とかそんなことよりも、私は、アニメの評価や見られ方がマスの意見に押しつぶされて画一的なものになっている事のほうが怖い。アニメを砂場のようにツールとして見ている層に対して、画一的な情報を与えようとしている野郎たちも怖い。なんだよお前たちは。何かアニメで騒動があった時に、ここぞとばかりに煽るだけの記事内容で記事を作ってる奴、お前こそアニメをツールとしてしか見てない野郎だよ。

そんなまとめ記事ごときに流される奴いないだろwww とか思っているあなた、あなたは充分「リテラシー」があるんだと思う。もし小学生の弟とかが居る人は、よく観察してほしい。ネットの情報をやつら、結構鵜呑みにしているんですよ? 「だってネットに書いてあったもん」とか平気で言うんですよ、でもそれが普通なんですよ。そして小学生だからというわけではなく、ネットという世界に、いきなり触れているネイティブ世代に対して、あなたは本当に「大丈夫だ」と言い切れますか。私はネイティブ世代とはちょっと違うので言い切れない。だからいろいろと想うところはある。

何かまとめサイト批判みたいになってますが、まとめサイトがダメなのではなく、内容が無い、単に扇動するだけの記事を書いている野郎たちがいけ好かないわけです。そしてそういう時こそ、お前たちはアニメを砂場どころじゃない、単にツールとしてしか見ていないんだなと私は思う。そしてそれが私は許せない。

終わりに

とまぁ最近仕事でストレスが溜まっていたので、ちょっと感情的に書いてしまいました。アニメは本当に素晴らしいと思います、私の生きる糧です。
波打際のむろみさんニャル子さんのOP見ました? まさに主題歌。歌と映像がハマりすぎていて土下座するレベル。こんな素晴らしい作品に巡り合えることに感謝ですよホント。