隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

『夢色パティシエール』6話で見た久々のスカートめくり描写にニッコリした

2012年1月7日から、TOKYO MXで『夢色パティシエール』の再放送が開始されました。本作品は、2009年10月4日から2010年9月26日にかけて1期(現在MXで放送中)が、2010年10月3日 から12月26日にかけて2期が放送されました。原作は「りぼん」にて松本夏実さんが連載されていたものです。

第6話「ぴよぴよ幼稚園のお誕生会」では、月に一度、幼稚園にお誕生日ケーキを持って行ってあげるというボランティアなお話が描かれました。「私、こどもだいすきっ」とにっこり笑顔でルームメイトに言っていたいちごちゃんですが、そのルームメイトが「甘く見たらあかん。敵は手強いで」などと言うもんだからどんなもんだ、って行ってみると、いわゆるちょっとマセている的な感じなわけです。まぁ可愛いものですね。


で、そこでですね、スカートめくり描写があったんです。

20130211191739


20130211191740



いやー……実にいいですねぇ……。何かすげー久しぶりに見た気がします。僅か数秒の描写ではありましたが、スカートめくりにはロマンがあると思います。こうなんというか、単なる描写以上パンチラ未満というか、性的ではないんだけど性的なイメージを膨らまさせてくれるというか。
スカートめくりという遊びが許されるのは小学生もしくはせいぜい中学生レベルまでで、深夜アニメだとやはり小学生(もしくは初々しい中学生)を中心とした作品は少ないわけで、そういう意味で夕方や朝アニメの少女漫画原作または子供向けの作品は狙い目だと思います(何が)。


今回夢色パティシエールでは、スカートめくりはアクセントとして使われたに過ぎないですが、作品内で「いじめ」の一つとして使われることもあります。スカートめくりで思い出したのは、『こどものおもちゃ』という作品。
何話だったとかそういうのは忘れてしまったのですが、主人公の倉田紗南がまだ羽山と知り合ったすぐの時、クラスの男子連中からハサミでスカートを短冊状っていうんでしょうか、切られてしまう場面があります。小さいながらにすごく興奮していた記憶があります(というか今でも記憶があるんだから)。
あの時は確かサナちゃんは「今日はブルマ履いてるから問題ないもんねー」みたいなことを言っていた気がしますが、やはり女の子が男たちに無理矢理にスカートを切られるシチュエーションとかそそられますよね…。

とまぁ、直接的なエロよりもイタズラ的なもののほうが結構エロイことが多いという、そんなお話でした。




少し話はそれますが、小学生の陰湿ないじめ描写が描かれる作品としては、これは漫画ですが最近知りました、小山鹿梨子(こやまかりこ)さんの『校舎のうらには天使が埋められている』という作品がおすすめ。別冊フレンドで連載中の本作品ですが、学校内いじめがテーマとなっています。

20130211203942
別フレOn-Line 別冊フレンド|校舎のうらには天使が埋められている|作品紹介|講談社コミックプラス


さらり、ではなくガッツリいじめにフォーカスされています。作品紹介としてよく使われる言葉として「衝撃のエレメンタリー・サスペンス!」というのがあるんですが、まぁそのくらいにはちょっと明るくないお話です。でもお勧めです。個人的には結構エロい描写が多いと思っているので、そういう点に興味が有る方にはおすすめ。特に1巻とか。

絵がめっちゃかわいいです。少女漫画が好きな理由として、可愛い女の子が多いことと、良くも悪くもエグいことが多いってのがあります、素敵。女性視点での作品の描かれ方はやはり独特なものがあるなぁと少女漫画を読むたび思います(小並感)。
ちなみに試し読みができるんですが、必要なT-Time Crochetというプラグインの動作環境(ブラウザ)がしょっぱいです…。

Crochet動作環境

Windows
 ・OS:Windows XP / Vista / 7
 ・ブラウザ:Microsoft Internet Explorer 7 以上、Firefox 5、6 

Mac
 ・OS:Mac OS X 10.5 以上
 ・ブラウザ:Safari 5.0以上 / Firefox 5以上

終わりに

というわけで、子ども向けアニメだからこそスカートめくりのような描写だとか、子供だからこその反応があったりするので、深夜アニメばかりではなく朝アニメや夕方アニメもお勧めです。


関連しているかもしれない記事