読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

大江戸ロケット

【 九撥目 】 「れ」 恋愛で勝負

花火からロケットへ、まさにそんな感じの進化を遂げている花火。あくまで時代設定は江戸、そこに進んだ文明の技術が加わることで花火がロケットへと進化する。だんだんとロケットっぽくなっていく様子が面白いです。相変わらずご隠居が謎な人物だなぁと思っ…

【 八撥目 】 「こ」 恋も殺しもやるってさ

また公式の表記が変わっているのを見つけてしまいました。今までサブタイは「撥」ではなく「発」だったと思うのですが、久しぶりに公式を見てみると難しいほうの漢字になってました。何か意味があるんでしょうかね。 さて、最近は話がかなり進んできて、少し…

【四発目】 「ど」 ドキドキ無用

アバンでのコントのようなやり取りは面白かったです。そんなアバンから入った大江戸ロケット、先週の銀さんのお話でかなり気に入ってしまった大江戸ロケットですが、今週も面白かったです。すでに銀さんが完璧に黒衣衆として動いているのが私はちょっと印象…

【 三発目 】 「え」 縁に縛られた銀ノ狐

面白い、中々面白いです。1話はどうかと思いましたが2話で盛り返し、そして今回の3話でかなりはまりました。基本的には清吉とソラを中心に進んでいくようなのですが、サブキャラにもしっかりと焦点が当てられるようです。今回は銀さんの過去について掘り…

【 二発目 】 「お」 男は待っていた

1話もちょっとギャグ分がありましたが、2話では1話と違いかなりギャグ分増量ネタ分増量で1話より楽しめました。江戸時代のはずなのに現代チックなネタが使われたりとそのギャップも笑えました。ソラというキャラも、天然ぽい感じで良キャラ。特に銀次郎…

【 一発目 】(新)「お」 大江戸に咲く紅い花火

関西でも遅れて始まりました大江戸ロケット。最初に出てくるSDキャラを見た時これはどうかと思いましたが全員そんなキャラデザじゃないので安心しました。ちょっと曲がった道を行く人達が集まる場所があり、その中でも花火師清吉が中心になって話が進んでい…