読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

オタク教養主義を人に押し付けるなよ

アニメ

久々に増田にブログで反応してみる。
最近イライラしているので、口調が強くなるかもしれないこと、ご容赦ください。

私マンガとかアニメのオタクなんです


色々言いたいことがあるんだけど、せめて増田で書くのなら予防線張るの恥ずかしいと思えよ。「オレ、マンガもアニメもあんまり見ないけど、」とか、なんなんだよ見てられないよ。はてブで突っ込まれたいから釣り記事書いているのに、ちゃんと予防線張るとか矛盾しているよ。

という、内容とは関係ないツッコミは置いておいてですね、上の増田はわずか10行しか満たないのに、突っ込みたくなる釣り要素が沢山含まれています。

まず、元増田のスタンスが10行からは中々に見えてこない、が推測してみる。
自分はマンガもアニメもあんまり見ないけど、という記載があると一見「俺はオタクではないけれども」が続くような気もするが、個人的にはこれは違うと思う。
この元増田は多分、オタクに足を一歩突っ込んで、しかし周りのオタク教養主義の流れにぶつかり、イライラしているのだと思う。
「俺はマンガもアニメもまぁ普通に好きなんだ。普通に楽しんで、普通に語りたいだけ。それなのに周りはそれを許さない。なぜか名作を見ろ、これを見ていないのはおかしい、と上から目線で言ってくるだけ」
そういったやりきれないモヤモヤした想いを、増田でぶつけたのではないか、とエスパーする。
敢えて反対の立場から書くことで、同意を得ようとしているという寸法だ。


と、ここまで書いて、上の増田には追記がなされている。

追記

教養主義だとか優越感ゲームだとか言ってる奴いるけど、
そういう話じゃなくない?

トップチャートしか聞いてない人がいるとして、
「音楽が趣味なんです」と「音楽オタクなんです」では求められる器が違うだろ。

日本画オタクです」と言われて尾形光琳俵屋宗達も見てないし知らない、と言われたら分かるか?

増田における追記は個人的には必要ないという話は置いておいて、この追記を読んでちょっと思ったのは、元増田は周りににわかオタクが多いのかもしれないということ。
そして同時に、元増田はやはりオタクに足を一歩突っ込んでいるのではないかということ。

少なからず元増田は実体験として、周りの人に「私マンガとかアニメのオタクなんだけど」と言われていることは確実で、更にそれに対して反応しているということは、反応するだけの知識や情熱をオタク趣味に対して持ち合わせていることが伺える。興味のないことには人は無関心であると私は思っているので。


そうして追記2を読むと、やはりそうなのではないかという思いが強くなった。

追記 2

なるほど、今ではオタク=ライトオタクなのか。
つまり、趣味にしている=オタクだと。

なるほど。お前らみたいなのが、
月600時間でアニメスタッフ働かせて出来た、数撃ちゃ当たるのロークオリティアニメ見ては、
「うはwオレ、アニオタww」とか言ってるわけか。

つまり元増田は、中途半端にアニメを楽しんでいる自称にわかオタクのようなやつらが許せないのである。元増田は、アニメに対して真摯でありたいと思っていて、それがオタクとしては普通だと思っているのに、なぜか周りの奴らはそうでないっぽい、という現実に今直面しているのだと思う。

オタク=ライトオタクという式は必ずしも正しくはないけれど、しかし事実、ここ10年ぐらいで、オタクの地位というのは良い意味で向上している。
クラスで声優の話題を出したって、アニメの話題を出したってひかれないぐらいの下地はもう出来てしまっている。すごいことですよこれは。


元増田よ。そういう奴らは別にそういう楽しみ方をしているんだから放っておけばいい(別に放っておかなくても良いけど)。では、元増田よ、あなたはどうしたいのだ。文句を増田に書いている場合か。そんな暇があったら、もっとアニメに対する情熱を語るんだ。
感想でもレビューでも批評でもなんでもいいけど、そんなにアニメに対して情熱があるんだったら、そんなオタク教養主義とかに繋がりそうな話題には一切かかわらず、もっともっと感じた思いをアウトプットするべきだ。


で、一番最初にこの記事を読んで私がブコメに「オタク教養主義から脱却しよう」とコメントした。これは、元増田がオタク教養主義であると決めつけていたからだ。でもそうでない気がした。元増田はオタク教養主義なんていう糞つまらないものではなくて、単に、周りのアニメに対する情熱のなさにイライラしているだけなのだ。


そして、ここからは本筋からは外れるけれども、オタク教養主義はもうやめよう。アニメに関して語るときに、ガンダムを見ていないのはありえなーい、って言うのはもうやめよう。
そんな直接的な言い方じゃない、「いやぁそうは言ってもやっぱりガンダムは見ておいてほしいよねー」とか。いいじゃん、もうさ。
そんなこと言われなくても、オタクは、悔しくなったり、「あ、俺全然知らないわ」ってなったら自発的にやるよ! だって辛いから。喋ったりして自分の知識の浅さが露呈した時のあのやるせない気持ち。それが嫌だから皆、黙々と知識とかを自分でつけていくんだよ。
そして語るんだよ、もうそれはもう鬱陶しいぐらいに語るんだよ。それでいいと思うんだよ。