隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

ゲロ吐きそうなほどうざくて面白かった『Re:ゼロから始める異世界生活』

実は、インフルエンザにかかっていました。高熱が引いた後は案の定暇になるので、なんとなしにAmazon プライム・ビデオで見れたアニメ『Re:ゼロから始める異世界生活』を一気見しました。
なおアニメのネタバレを含みますので、まだ見ていない方は本記事を読まないことをおすすめいたします。


面白かったのだけど

どのくらい面白かったのかというと、2クールアニメを2日間で見終わってしまうくらい。スピードもそうなのだけれども、インフルエンザという突如できた休み時間という意味合いを置いておいたとしても、集中して最後まで見終わった、いや先が気になりすぎて見ざるを得なかったということ、それほど先が気になったアニメでした。

本作は言うまでもなく死に戻り、すなわち主人公が死ぬとゲームオーバーとなり特定地点まで巻き戻され、記憶はそのままにやり直すことがポイントとなっているけれども、この死に戻り系と切っても切れないのが無力さだと思います。無力さがポイントとなるポイントは、主人公が死に抗おうとすること。すなわち、頑張ろうとしたけれどうまく行かず失敗するので無力さが際立つということ。

本作の主人公ナツキ・スバルはマジでうざいやつである。年齢は17才。ずっと引きこもりだったという設定で、自分勝手である、身勝手である。うまく行っているときは機嫌がよくて、全能感丸出しなのだけど、自分の思い通りにいかないとイライラし周りに当たり散らす。
しかしムカつくのは、そんな彼でさえ成長していくということである。死に戻りという装置はスバルの悪いところを全面に出させるだけのものではなく、スバルの成長を描く装置にもなっている。見ているものにヘイトを溜めさせて溜めさせて、最後にはきっちりかっこいいところ見せるところで溜飲を下げさせるというものである。

ある意味様式美なのだが、これが本当にムカつく。ナツキ・スバルは本当にひどいやつである。死に戻りをしている俺のおかげでお前たちは正しい方向に向かえているんだと平気で1週目の人間たちに言い放つ。自分のことをどうして誰も分かってくれないのだと子供のように駄々をこねる、しかし正論を突きつけられるとそれを無視し顧みずまた自分勝手に動き出す、そして死ぬ。

死に戻りクリアの難易度が低いうちは、まだ良かった。フラグが立つ要件を満たすために、適当に動くだけでいいのだ。しかし徐々に難易度は上がる。難易度が上がると、より自分自身が何かを考えて決断し前に進まざるを得なくなる。だからこそ、失敗したときのショックが大きい。「ここまでやったのにだめだったのか」となる。
しかし実際のところ、殆どの場合スバルがやっていることはそんなにすごいことではない。なんとなしに周りにいるやつに助けを求める。Aという障害をクリアするためにはAよりも力を持ち圧倒的に潰すことが可能なBを探す、という単純な原理に従っているだけである。

しかし、そんなスバルもいよいよ行き詰まる。王選編における死に戻りループである。この死に戻りを通じて、スバルは自分自身と向き合うことになる。「ここまでやったのにだめだったのか」という感情は更にヘイトを増し「俺がここまでやっているのに誰も分かってくれない」というループものでは言ってはいけない主人公のタブーにも手を出す。なぜタブーなのかといえばもちろん、1週目の人物たちはそんな事情は知らないからである。
そういった一連のタブー的行為は、私達視聴者のヘイトも一挙に引き受ける。「お前はなんて身勝手なんだ」「おいおい、それを言っちゃおしまいだろうが」となる。視聴者は当然死に戻りをしたことがない(と思う)ので、スバルが死に戻りのたびにどんなどれくらいのダメージを追っているのか理解することは難しい。

もしかしたら実際に死に戻りをしたら、もっと早い段階で精神を病んでしまうのかもしれない。だけどそれがわからないのでヘイトが溜まる。それを解消してくれるのが死に戻りのたびに突きつけられる正論である。
特にペテルギウスの一連の言葉は非常に痛快で「あなた、なぜ壊れたふりなどしているのですか」「狂気に染まったような演技をしているのですか」「あなたの狂気は正気にすぎる。そんな賢しげに同情を買うように振る舞うなど狂気に対して失礼というものです」「本気で振る舞うのであれば、他者の目など意識してはいけない」などが飛び出す15話「狂気の外側」はたまらなく好き。タイトルの狂気の外側という言葉もとてもいい。

これはそのままの通り、スバルは狂ってなどおらず、壊れそうになっている自分を守るために作っている狂気という薄皮という意味だと思うが、それが見事に正論で剥がされていき、そして剥がされた後にきちんと絶望エンドが待っているというのが本当にたまらないのである。
15話に続けて16話でも、ナツキ・スバルへの正論叩きつけの仕打ちは続く。「卿は一度も、エミリアを助けたいと口にしていない」「貴様のそれは、忠義でも忠誠心でもない。もっと薄汚い犬のような依存と豚のような欲望じゃ。欲しがるだけの怠惰な豚め。豚の欲望が最も醜い」「自分の正しさを信じてもらいたいなら、相応のものを見せなあかんよ」「自分が知ってて相手が欲しがるものをぶら下げる。欲しい欲しいばっかりのナツキくんに足らんのはそこやね」。

そして最後は、エミリア本人からの通告である。エミリアとの会話の中の「ここに居たらだめなんだ、お前は後悔する、絶対にする。誰も救われない。俺はもう苦しみたくないし、泣きたくなんか無いんだよ。俺の言うとおりにしていれば良いんだよ、そうすればうまくいくんだそうなんだ」の部分はたまらない。やはりスバルは怠惰だということがとても良く分かるシーン、ついつい漏れ出てしまう本心が辛い。俺「が」苦しみたくないし泣きたくはないのである。
まぁでも、そういうふうにしか考えられないっていうところもスバルらしいといえばスバルらしい気はする。でもそんな考えじゃあとてもじゃないけどこの死に戻りループは抜けられないわけである。現状のナツキ・スバルだからこそ抜けられないこのループ、最後にはパックにさえも怠惰と言われてしまう。

長々と書いたけれども、このナツキ・スバルのやるせなさ、弱さにとてもイライラする。そしてもっとイライラするのは、最後に主人公を救うのは、主人公のことをとても好きな女の子であるということである。
レムという女の子が居なければスバルは救われない。そんなレムがレムたる所以は、スバルのおかげだということは分かっている。そう、ナツキ・スバルは何もしていなかったなんてことはないのだ、という筋書きである。

でも、でもムカつくのはやっぱりナツキ・スバルなのではなくて、ナツキ・スバルから発せられる言葉1つ1つが自分に返ってきているからだと思う。そして同時に、ナツキ・スバルのように思いの丈をそのまま口に出して発散することが現実ではできていないからだと思う。18話とか、なんでアニメ見ながらこんなに辛くならないといけないのって思いながら停止ボタンは押せずずっと見入ってしまう。ナツキ・スバルの独白に対して返されるレムの言葉を遮れない、ずっと聞いてしまう。辛くて辛くて本当に辛くて、なんでアニメ見て楽しもうと思ってるのに現実のいろんなことを思い出さなければらないんだろうって泣きたくなりながら、でも見てしまう、本当に辛い。

終わりに

久々にアニメを見てお腹の少し上、胃のあたりがキューッとなりました。やはりアニメを見るのは体力がいるし、現実の体調にも影響を与えてしまうなと。だからこそ面白いとも言えるのですが。
Re:ゼロから始める異世界生活』は本当に面白くてですね、原作は読もうと思ってます(多分文庫の方ですが)。
Amazon プライム・ビデオでまだしばらくは無料公開されると思いますので、もしなにか見ようと思っている方にはおすすめします。2クールアニメなので少しだけ体力がいりますが。

三玖天下第一

作品に出会うまでには時間がかかるのに、いざ出会ってみると作品を、そしてキャラクターを好きになるのは一瞬である。
このような言葉を残したのはかの有名な……と続けたいところだけれども、これは私の思うところです。

アニメを見てから原作に手を出して、そしてハマるということを私は昔から繰り返してきました。
その度に思うのは、好きになるのは本当に一瞬だなと。そして、出会えてよかったなと。出会えてなければ一生その作品を、そしてそのキャラクターたちに出会えてなかったんだなって。

今期放送開始した『五等分の花嫁』は、見た当日に原作を全巻買って読み終わらせてくれ、そしてその日のうちにブログ記事を書かせてくれるほど強烈な作品でした。
久々に2ch(5ch)のアニメスレ、キャラスレもそれなりに張り付いている。
thun2.hatenablog.jp



ブコメは良い、そして三玖が本当に可愛いのである。


アニメを3話まで見終わった方も分かると思いますが、三玖は一番最初に風太郎に心を許すキャラクターです。
ブコメにおいて最初に心を許すキャラクターは結構危ういと思っている、なぜなら正ヒロインに出し抜かれる運命力が強いから(当社調べ)。

ブコメツンデレとも比較的相性が良いジャンルで、長いツン期を経てからのデレの破壊力は計り知れない。幾人ものヒロインが涙をのんでいった。
しかしツンデレは、長いツン期を維持する必要があるため、ツンばかりだと作品の人気を保つの難しいので、早期にデレるキャラを入れてくるのが鉄板である。
例えば幼馴染キャラクターは、小さな頃から意識していて最初から好感度が高いパターンが多いので、早期デレになりやすい傾向があったりすると個人的には思う。

さてさて、五等分の花嫁の正ヒロインは五月だと勝手に私は思っています。それはやはり主人公と最初に関わったからに他なりません。
後は、姉妹の中で五月は比較的普通の性格をしているところも、そう思う理由。

古今東西ブコメの世界は戦争。自分の推しが果たして主人公と結ばれるのか、幸せになれるのか。リアルタイムで追って、そして散ったことがある人は常々そう思っているでしょう、戦争だと。

原作既読のためネタバレになるようなことは言いませんが、私は原作を読んでますます三玖を好きになりまして。
完全に三玖推しで、多分三玖以外と結ばれてしまったらしばらく立ち直れないと思います。
アニメでもそうですが、早期にデレるということは、つまり主人公とのドキドキイベントも多いわけですし、つまり可愛い姿をたくさん見れるということもあるんです。
そういう意味で、三玖の人気があることは多分自然で、三玖派の人も結構多い気がするんです(原作をリアルタイムで追っていないので話半分で)。

だからこそ怖い。ラブコメ定番の悩みをここから書きますよ。
そう、三玖が強いからこそ、ここからの他ヒロインの巻き返しが心底怖いのである。

比較的重要なポイントで主人公をきっちりサポートするようなキャラというよりは、常に風太郎のことを考えて積極的にアピールするタイプの三玖。
これは非常に危うい。つまり、出し抜かれキャラなのである。「え、どうして」ってセリフが似合っちゃう子なのである。

幸せなのである。なぜなら三玖は基本的にデレなので、赤面してくれるのである。三玖は普段クールなので、赤面がとても似合うのである。
好感度が高い、なのでデレも早い、なので赤面も多い、なので読者大満足、三玖天下第一。

しかしである、我々は忘れてはならない。ラブコメの世界において、これは死亡フラグとの表裏一体なのであると。
ノーマルは劇薬に簡単に負けることがあるのである。幼馴染フラグなんて吹き飛ばしてしまうくらいに。

なので、原作を読んで、三玖が赤面するシーンがあるたびに心配メーターも上がっていくのである、マジで。
三玖が嫉妬するシーンには一緒になって嫉妬するし、他ヒロインがずかずか入り込んできそうになったら「おいやめろ」と突っ込んでしまう。
これは客観的に見ると「あー、最後は負けるから」の裏返しのように見えて本当に怖い。楽しみながら怖がっているのである。

三玖以外のヒロインが鼻持ちならないキャラクターならこんなにも悩まなくても良いのだけれど、みんないい子で、みんな可愛いのである。
そして主人公の風太郎もそこまでヘタレではないので、これまた困る。つまり、この心配の矛先を向ける先が無いのである。

これ以上書くと原作のネタバレになりそうなので、また記事を改めて原作の感想も書きたいと思いますが、最後にもう一度伝えたい。
三玖が可愛い。三玖天下第一。

五等分の花嫁(4) (週刊少年マガジンコミックス)

『バーチャルさんはみている』は企画者側の妙な自信を感じる

色んな所から耳にしていたアニメ『バーチャルさんはみている』を見ました。
あまり良い噂を聞いていなかったのでビクビクしていましたが、自分で見ないことには始まらないということで、1話を見ました。

以下は雑感です。

オムニバス形式のアニメは難しい

『バーチャルさんはみている』は、1話の中に複数の短編で構成されるオムニバス形式です。
アニメにおけるオムニバス形式は定義がふんわりしていると思いますが、「1話の中に複数の短編が入るアニメ」という意味でここでは使います。
例えばアマガミという作品では、ヒロインごとに異なるストーリーが描かれるという形ですが、このようなパターンは今回は取り上げません。
同様に、1話ごとに主人公が変わるような『しにがみのバラッド。』のようなものも、今回のパターンとしては取り上げません。

では今回定義するような、1話の中に複数の短編が入るアニメにはどんな物があったのか、自分の記憶を掘り起こしてみると以下の2作品がすぐに思い浮かびました。

『バーチャルさんはみている』を話す前に、少しこの2作品を振り返ってみます。
そんなものいらねーっていう人はちょっと多めにスクロールしてあげてください。

Master of Epic The Animation Age

Master of Epic The Animation Age』通称MOEは、『Master of Epic -The ResonanceAge Universe-』というMMORPGを原作とするアニメで、放送されたのは2007年1月なので12年前の作品です。
公式サイトがまだ消えずに残っていました。
テレビ東京・あにてれ マスター オブ エピック〜The Animation Age〜

巷で大人気のネットワーク・オンライン・ゲーム『マスターオブ エピック』が、遂にアニメ化!!
アニメでは、ネットに広がる仮想空間「ダイアロス島」を舞台に、様々なキャラクターがそれぞれ固有のストーリーを展開!!
戦闘、魔法、友情、愛、そしてナンセンス・ギャグ!?様々なエッセンスを取り入れた魅惑のストーリーが、1回の放送に5~6話登場します!!
従来のストーリー展開を覆す、新感覚アニメバラエティ『マスター オブ エピック ~TheAnimationAge~』。乞うご期待!!

公式サイトのSTORYに上記説明が書かれるように、1話の中で複数話が描かれるという構成で、当時としては相当新しかったというか異色だったなという記憶があります。
長年ブログを続けてきて良かったなと思うことは、リアルタイム視聴時の感想を残していること。確認してみると、ちゃんと全話感想を書いていました。
Master of Epic The Animation Age カテゴリーの記事一覧 - 隠れてていいよ
第1話感想から少し引用すると

淡々と盛り上がりもなくオチもひどい感じで前半の数本は進みます。正直突っ込みどころがない所に面白みを感じるのかもしれない。面白くなくはないのですが。
(略)
と、ショートストーリーを数本という構成なわけですが、変な空気に笑えるのなら多少見る価値はあるかと。つぼに入ればおもしろいかも、なアニメな気がします。

割と辛辣に書いていますが、重要なのは、原作のネットゲームをやっていないと理解しにくいネタが多かったということです。
非常にハイコンテストなストーリー展開なため、すべての短編を楽しむことはできていなかったなと。
短編にもいくつかのお約束短編がありまして、その一つが「ワラゲッチャーV」というカオスな短編。「急に歌うよ」の元祖かもしれない(そんなことはない)。



今でさえこのワラゲが何だったのかちゃんと理解できていないのですが、それでも毎週楽しんでいたことは覚えているのですから面白い。
最終回まで全部見ましたが、結果的には楽しんでいたようです。

前説無し、しかし後説はあり。さて最終回でしたが、個人的には今までで一番面白かったかなぁと。どの話もそれなりに面白かったですし、さらに最終話だけのシリーズ「ワンダフルワールド マスターオブエピック」がシュールすぎて笑いこけてました。流れるクローバーの歌も何か笑える所があり、人形も相まって最高でした。最後のワラゲも無難に良かったですし、いい最終回でした。このアニメもどうなるかと思いましたが、結局かなり楽しんでいたような気もします。ただ、実況の手助けはかなりあったように思えます。

最終話「パーティは終わらない 私たちにウナ丼を!」「恋するアンジェリカ ラブ3」他数本 - 隠れてていいよ

結局アニメを誰に向けて作っているのかというところが多分重要で、本作品は、原作のネトゲをプレイしていない人お断りぐらいの超絶異色だったと思うものの、それでもなんとなく楽しめてしまったのは

  • 1話の中に多いときには10話も短編を入れるなどカオス
  • 元ネタを知らなくても、カオスな感じを楽しめる短編が多い(中の人いじり、ワラゲッチャーVなど)

という要素があったからなのかなと。

ショートDEアニメ魂

ショートDEアニメ魂は、アニメ作品というよりは、様々の短編インディーズアニメを紹介するアニメ枠だった気がします。
例によって、全話感想を書いていました。
ショートDEアニメ魂 カテゴリーの記事一覧 - 隠れてていいよ

このアニメも、1話では相当に辛辣に書いていました。

これはきつい。SUNではカレイドスターが放送されている裏でKBSしか映らない私は何が悲しいのかこの番組を見てましたが、中々にきつい。何がきついっていうとインディーズ作品が流されるのですが、見るのが非常に苦痛。まぁ言えばflashアニメなんですよね(3作品目以降は違いますが)。
(略)
2作品目、「「花山院ですが何か?」第1話 〜ぬるぽっ!」すでにタイトルからあれなんですが、中身もかなり2chネタ多し。絵はそんなに嫌いではないのですが…。そしてここで唐突にクリエイターインタビューが入るのですが、正直いらない。
(略)
こんな感じの30分なのですが、正直見る価値があるかどうかと言われればないです。実況をやっていてもかなりきついのに来週からは録画で見る事になると思うので非常にきつい。切る可能性は大です。

切る可能性は大とか言いつつ全話見ちゃっているところがツンデレっぽい。でも、その後感想を読んでも割と辛辣。アニメ作品だけでなく、製作者インタビューが流されることも多く、当時は相当辟易していたことが感想から分かります。
猫ラーメン」「大根刑事」シリーズは気に入っていた模様。この2作品と「花山院ですが何か」はすごく覚えています。

SUNでやっていたカレイドスターを見れず、泣く泣くショートDEアニメ魂を見続けられたのは、間違いなく2chで実況しながら見ていたからです。

視聴者との距離感

繰り返しになるのですが、アニメの内容が視聴者との距離をどのように置きたいのかが重要だと思っていて、MOEは突き放しつつも見れるもんならついてきてみろという挑戦状を叩きつけていた感じ。あの悪ノリはそうとしか思えない。
ショートDEアニメ魂は、多分視聴者を突き放していたように思う。どちらかというと、創り手側に寄り添っていたのではと思う。インディーズアニメの製作者側のインタビューを30分枠に入れてくるあたりもそれが伺える。今思えば実験的な枠だったのかなと思う。

では、『バーチャルさんはみている』はどうなのか。1話しか見ていないけれども、企画者が満足するアニメのように感じるところはあった。もしくは、バーチャルYouTuberを知っている人だけが楽しめるような作品。

キャラクター説明的なことは多少は行われているけれども、基本はハイコンテキストな内輪ネタが続く。バーチャルYouTuberはハイコンテキストではない! と言われるとそうかも知れないのだけど。ちなみに私は、ゲーム部プロジェクトの風見涼くんは知っていたので「きゃー、涼くーん」って心の中で叫んでおきました。

『バーチャルさんはみている』は、つまり全員が本人役なので、その本人がどんな人なのかを知らないと楽しみづらいというところが難しいところなのだと思う。
芸能人が全然わからないので、テレビがつまらなく感じるような。好きな女優が出てるからドラマ見てみよう、みたいな。

例えばオリジナルアニメーションは誰もが初見なわけですが、なんとか作品に視聴者を引き込もうとする試行錯誤が見られます。オリジナル作品は先が見えない分、つまらないと思われたら切られてしまう。
対して『バーチャルさんはみている』は、ほら面白いでしょほらほら見てみ、っていう上から目線感を感じた。内輪ネタというのはその最たるもの。

この作品には、企画者側の妙な自信を感じる。それが個人的にはちょっと気に食わない。このアニメ飽和時代に、なかなかすごいアニメをぶっこんできたものだと思う。
バラエティ番組のように捉えるべきなのかもしれない。

とはいえ、ニコニコ動画では第1話の再生数が1月21日時点で約68万再生と悪くない。2話も公開から4日で約27万再生。
自分の感性なんて常に正しいなんてことはないので、老害にならないように、気を引き締めて今後も『バーチャルさんはみている』を見守っていきたい。

終わりに

若い感性を保っていきたい。