隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

『かくしごと』を同一巻複数所持してしまいました

現在アニメも放送されている漫画『かくしごと』。アニメを見ていたら原作を読み返したくなっていたのですが、今日出かけたときに突然「今日はかくしごとを読もう」という気分になりまして、帰りに本屋に寄りました。
確か何巻か買ってなかったなーと思って、できれば全部読みたいという気持ちで探したところ、全く思い出すことができませんでした。

6巻は読んでいたはずだし、7巻は見たことがある表紙な気もするし無い気もするし。
ただ、外して読めなかったときのショックが激しいので、えいやと7巻から最新11巻までを購入し、帰宅してから読み始めたのですが、なんとまぁ7巻は読んでいました。
で、8巻を読みだしたらなんか見たことがある始まりだなと思ってたら、やっぱり読んでいました。よし9巻だと手にして最初のカラーページをめくった瞬間読んだことがありました。

10巻11巻は未読でしたので、たいへん楽しませていただきました。また既読巻も改めて楽しませていただきました。


10年前くらいだと、被る可能性があっても問答無用で全巻買うくらいの勢いだったのですが、今日本屋で久しぶりにこのシチュエーションにあたったとき、ちょっと躊躇があったところが歳をとったなと感じた瞬間でした。
10年前よりは間違いなく経済的には余裕があるはずなのですが、なぜ躊躇をもたらしたのか……慢心、環境の違い


とはいえ躊躇は一瞬だったのと、複数所持することに全く抵抗はありません。このあたりはオタクの血というのでしょうか、むしろ誇らしいとさえ思うというか。久米田先生の作品ならいくらでも所持しても痛手にはならないでしょう。
それよりも驚いたことが、本作品がなんと12巻で終わってしまうということ。しかもそれって今月発売らしいという、何というタイムリーと言うかなんというか。いや逆で、なんでこのタイミングで知るんだろうという。遅すぎる。

結局なんというか、真のファンではないのかもなと思ってしまうところもある。久米田先生は結構「どうしてあの時に応援してくれなかったのか、あんなに危険信号を出していたのに」(意訳)というようなことをよくおっしゃっている。

かってに改蔵が、打ち切られてから「なんでこの作品を終わらせたんだ」とか「面白かったのに」とか言うんじゃなくてなぜ連載されている時に言ってくれなかったのかと、そういう気持ち。絶望先生か、かくしごとのいずれかのコミック内ページで特に明確に書かれていたからすごく記憶に残っている(がすぐに思い出せない体たらく)。

円満に終わるのかそうでないのかは読者からはあまり分からないこともありますが、少なくとも真に向き合っていないとそういうサインは見落としがちなのだと思う。
そういう意味でかくしごとはアニメが始まるまでは原作をちょっと追うのを止めていたので、果たして応援する権利があるのかどうかとかそういうことも考えてしまうのですが、とはいえ面白いのだから読みたいし、面白かったからブログにも書きたいというところで許していただきたい……。

というわけで、俄然生きる意味が強くなってきたので6月も頑張って生きたいと思います。



アニメ感想は逆張りしたほうがバズるが気持ちが持たない

p-shirokuma.hatenadiary.com


こういう記事が出ると乗っかりたくなるのがオタクゆえなのだろうか。
もっというと、元Twitterのツイートであろうか。


乗っかりたくなるというか、ひとこと言いたくなるというか。
なにか書きたいなーと思いながら仕事をしていたら、以下の記事が目に入って、あぁなんか分かる部分があるなぁと思ったりもしたりして、引用などさせてもらいながらとにかく駄文を書き連ねたい。
nuryouguda.hatenablog.com


読者や視聴者は人を馬鹿にしたがっている。

読者や視聴者は人を馬鹿にしたがっている。

辛口批評は自己肯定感の奪い合い - 玖足手帖-アニメブログ-

この言葉が相当に刺さった。

なるべく文脈を損ねたくないので、引用をする。

今は、アニメファン同士がタイムリーに作品について語り合い、「いいね」「シェア」しあう時代だ。辛口批評を独りでセコセコ作るより、みんなと一緒に「いいね」や「シェア」を共有したほうが、承認欲求や所属欲求を簡単・確実に充たせる。フォロワー数を増やしたい・広告収入につなげたいといった野心を持っている場合も、辛口批評でモノ申すより「いいね」や「シェア」を共有する人々におもねったほうが見込みがありそうだ。

そのうえ、辛口批評を繰り出せば多くの人に嫌われたり馬鹿にされたりするリスクも高い。たとえ、知識や文献にもとづいて辛口批評が行われていたとしても、「いいね」や「シェア」で共有されている作品に楯突くこと自体、リスキーであり、心理的障壁が大きく、報われにくい。

アニメがコミュニケーションの触媒として、つまりファン同士が承認欲求や所属欲求を充たしあうための触媒として用いられている21世紀のSNSやネットのなかで、「いいね」や「シェア」の環に背を向け、一人で「辛口批評」をセコセコと作り続けるのは、よほどタフじゃないと無理だろう。というよりそんな動機が簡単には生まれそうにない。

今のネットでアニメ辛口批評なんてできたもんじゃない - シロクマの屑籠


元々記事のシロクマさんの上記内容に対して「読者や視聴者は人を馬鹿にしたがっている。」である。

私はこれまで「世間的にはこう言われているけど、自分はこう思いました」というような記事を作ることが結構ありました。「Aという作品はこういうものだから」みたいな、一辺倒な論調が大嫌いで、逆張りではないのだけれども、一石を投じたいというか、そうではないと思っている人もいるんだよっていうことを強くアピールしたいという気持ちがありそういう記事を書くことがありました。

私のブログで最もブクマ数が多いのは以下の記事なのですが、これはまさにそのような記事でした。
thun2.hatenablog.jp

この記事を書いたときに嬉しかったことの一つは「ちゃんと評価をしてくれる人がいてくれるのが嬉しい」と言っていただけたことでした。反対に驚いたのは「この作品を面白いとかまじで言ってるのか?」「擁護乙」的な反応もかなりあったということでした。

魔法科高校の劣等生』は、比較的「叩いても大丈夫だとお墨付きをもらえる作品である」と思う。元々記事で紹介されていた記事から引用すれば、以下に該当するようなもの。

「この作品は叩いていい」と認定された作品に対してだけは、過剰に辛口で批判的な感想が量産される傾向。コミュニケーションツールでもあるTwitterでは、なんだかんだで「叩く」ということが娯楽になる。みんなが叩いていないものを叩いても同意が得られずに「損」となるが、みんなが叩いているものであれば話は別だ。通常の場合であればある作品に興味を持つ人の大半はその作品に好意的な感想を持っているが、「ある作品が叩かれている」という情報を知ってから興味を持った人であれば、その作品に対して否定的な感想を持つことになる。この場合、より辛辣な感想をうまいこと表現できればできるほど、稼げる得点が増すことになる。そのために「叩く」ことはゲーム化・競技化して、さらにヒートアップする。

Twitterにおける映画感想がダメなものになりがちな理由 - THE★映画日記


この記事がバズった理由は多分私の感想が素晴らしかったのではなくて、叩いてもいい作品の擁護記事が出たから叩いてやれ、というような動機によるものが多かったのだろうと勝手に思っている。

「この作品は流石にここが受け付けなかった」というのは別に正しい感想なのだけれども、書き方によっては「この作品は流石にここが受け付けなかった、だからこの作品を好きだという人の人間性を疑う」というような気持ちが見え隠れするものさえある。そういう攻撃的な感想が、逆張り記事には多くなる傾向があると思っている。

「読者や視聴者は人を馬鹿にしたがっている。」という言葉を引用したが、これは人だけではなく作品をということも言えると思う。作品を馬鹿にし、そしてその作品を馬鹿にしない人間を馬鹿にする。ひどすぎる。

批判記事は、相当に気をつけて丁寧に書いたとしても揚げ足を取られやすい傾向にあるので、あまり書きたくないというのは確かに同意できる部分もある。自分としては正しいと思っていることを書いたつもりのものを、真っ向から否定する輩がものすごい勢いでやってくるのだから、疲れることは事実。だけれども、だからといって阿る記事を書いても楽しくないので今後も書くのだけれども。

批評記事自体が嫌いだった

少し話が変わりますが、ここまでの議論は批判記事に対して第三者がどういう反応をするのかというところに論点が置かれていましたが、私個人の話をすれば、アニメ感想を書き始めた当時は、実はアニメ批評をする記事そのものが嫌いでした。私自身がまだアニメを「批評する」という土俵にすら立てていなかったから、正当な批判がされていたとしても理解できなかったというところもあったと思いますが、それにしても相当に嫌っていました。

ただそこから紆余曲折ありアニメ批評・評論に対する自分の価値観はアップデートされていったのですが、早々根っこが変わることはなく、辛口な批評・批判記事はなるべく書かないという信念を曲げないようにしてきました。
意味もなくあるいは偏向的にネガティブな取り上げられ方がしている記事などを見つけたら、そこに噛み付くように反対記事を書くようにもなりました。

幸福な気持ちよりも、辛辣な気持ちや攻撃的な気持ちのほうが伝播しやすいと思っているので、どうしてもセンセーショナルなタイトルを付けたり中身にしたりする記事や感想が多い、それが気に食わなかったし、自分もそちらに加担するのが嫌だったから。

なのに、読者は褒める記事より雑に書き飛ばした批判を炎上させて盛り上がるんだ。誰も僕のアニメが好きっていう気持ちをわかってくれない。アニメが好きっていう気持ちより、雑に書いちゃった批判のほうが炎上してアクセスが伸びるんだ。

辛口批評は自己肯定感の奪い合い - 玖足手帖-アニメブログ-

そういう意味で、普段から毒にも薬にもならないような記事を書いている自分が悪いだけなのである。なのだけれども、毒にも薬にもならないけれども愛があればいいとは思っています。

※午前1時追記:(はてブはネガティブな批判の記事に増えるけど、ノイタミナの「C」や「おにいさまへ・・・」の感想記事は検索から定期的なアクセスがあるので、はてな村が暗黒なだけかもな)

辛口批評は自己肯定感の奪い合い - 玖足手帖-アニメブログ-

面白いことに、同じくノイタミナのアニメ『C』に関しては、検索流入の割合のうち上位を常に占めています。『C』が面白いと感じて書いた記事が今もずっと読まれ続けているということは本当に嬉しいことです。

辛口批評を書きまくって仲間のオタクと本気の喧嘩をしろ

さて当初のツイートの話に戻ると、自分が90年代のオタクではないこともあって、仲間のオタクたちと本気の喧嘩をしたことが殆どないかもしれません。
しかし例えばローゼンメイデンのうち誰が嫁なのか論争とか、スクランは誰ルートになるべきとかの議論が喧嘩なのであれば、たくさんしてきたと思います。「え? 翠星石が一番じゃないとかおかしくないですか?」とか「八雲が一番かわいいに決まってるし、幸せになるべき」みたいなことを夜な夜なチャットで話し合うのって普通でしたよね。

なんというか、作品に対して健全に話ができて健全にいろんな視点を持ち寄って楽しみながらもその作品をさらに深く知って好きになる、ということを本気の喧嘩とするのであれば、確かにたくさんやってきた。

最近はコミケなどのリアルイベントにも参加しなくなってしまったし、Twitterでも若い子と思われるフォロワーさんもいないので実態がわからないのですが、でも本当にそういう喧嘩をしていないのかと言われると、そうでもないのではと信じたい気持ちはある。
アニメというものが、お互いを繋ぐツールのように使われてきているという昨今の情勢を差し引いたときに、十分に「面白い」「面白くない」という感想が溢れていると信じたい。信じたい。


趣味でやっているソシャゲとかの界隈の話を覗くのが私は好きなので、フォローせずリストに入れて隠れて読んでいることが多いのですが、まだ大学生以下の子たちが多く、時々ソシャゲとは別のアニメの話題が出たりします。確かにメインがアニメオタクではない人にとっては作品を深く語ることがメインではないので、良くも悪くもわかり易い言葉で面白かった、つまらなかったとつぶやくことが多いのですが、でもそれが普通なのだと思う。

まだテレビが共通の話題としての強さを相当に持っていた時代、モーニング娘の誰が好きかが絶対に聞かれる話題だったけれども、モーニング娘そのものがとてつもなく重要だったわけではなく、集団生活を送る中でその話題が潤滑油になるものであり、だからせいぜい話題は「誰々が好きだ」「え、まじかよありえないわ」「やっぱそこかー」で終わるものだったのです。
当時クラスのほんの一部で三国志が流行っていましたが、やれこの武将がこういう人間で、この戦いで……みたいな話をしだすとやはり周りは興味がないし、むしろ引く雰囲気すらあったわけです。私は好きでしたけど。

翻って、今のアニメがそのような立ち位置になっているのだとすると、一見軽く見えるような感想とか批評も、別段違和感はないのだと思うのです。むしろ、本筋のソシャゲの話題になると彼彼女らは相当に議論を交わしているようにも見える。なんならyoutubeで動画投稿や配信だってやっているのだから、頭が下がる。
アニメは常に深く考えて深く楽しまなければならないというような考え方も、もしかしたらこちらからの押しつけなのかもしれないのでそこは日々気をつけていきたい。アニメは楽しんでなんぼである。


ところでふと思ったのは、こういう「若い子がどういうふうに思っているのか」を観察するのが先輩オタクの特権というか大事なことというか、伝統だったのかもしれないな、と。

ネットにしろリアルの場でにしろ、そういう現地調査を持ってして初めて今の肌感覚が分かるというのは多分そうで、私が高校生の時にオタクになり始めたときに知り合ったオタクの大先輩は、もしかしたらそういうところもきちんと観察していたのかもしれないと今になって思ったりする。ただ、同時に冥府魔道に突き落とす役割もあったのだと思う。見事にオタクになってしまいましたよ。

『アクタージュ act-age』は黒山墨字の物語なのか

f:id:thun2:20200411161155j:plain
週刊少年ジャンプ公式サイトより引用
https://www.shonenjump.com/j/rensai/act-age.html


2018年8月号、暦的には2018年1月より連載開始された『アクタージュ act-age』(以下アクタージュ) という作品をご存知でしょうか*1
actという文字が見えるように芝居を中心においた作品で、どちらかと言うと珍しいジャンルに入ると思います。

少年誌は週刊少年ジャンプだけはずっと読み続けているのですが、このアクタージュという作品を当初特に理由なく読み飛ばしていました。
しかし、劇団天球編で突然猛烈に気になってしまいコミックを購入して一気読みしたのですが、それはもう面白すぎてなぜ読み飛ばしていたのかとひたすらに後悔をした覚えがあります。


さて、本記事では最新号である2020年19号から始まろうとしている新展開突入(公式の扉絵的表現)に先駆けて、これまでの作品展開を振り返りつつも、この作品がどこへ進もうとしているのかを考えてみたいなと思っています。

コミックス及び本誌の最新号までのネタバレを含みます。ですので、もしまだ未読の方がいらっしゃったら、ぜひ大人買いしていただいて読み進めてから読んで頂くことをお勧めいたします。
第1話については、上記週刊少年ジャンプの公式サイトから無料で立ち読みできますので、まだ一度も目にしたことがない方はぜひこの機会に出会いを作ってみてはいかがでしょうか。


なお本記事で利用しています漫画の画像は、電子版少年ジャンプもしくはKindleの電子版コミックから引用させていただいています。


アクタージュは黒山墨字の物語なのか

最近のストーリーを読んでいる方ならお気づきだと思うのですが、露骨に黒山の件が表現されています。
黒山の件とはすなわち、黒山が撮りたい映画の件です。

第1話の冒頭10ページにも満たない中で、以下のコマがすでに描写されていることは皆様ご存知でしょう。

f:id:thun2:20200411163638j:plain
「見つけた。」 --アクタージュ1巻 scene1. 夜凪景より引用


夜凪景のポテンシャルが早速示されたシーン、この「見つけた」というのは黒山が撮りたい映画で主演をはれる女優を見つけた、ということと推察されます。

私達は1巻のこの冒頭シーンにおいては夜凪景や黒山のことをまだよく知らないので感情移入はしづらいわけなのですが、あとから考えると「ずっと探していたものがようやく見つかった」ということがまささにそのまま感情として現れてたんだなということがわかります。

1話どころか以後はしばらく夜凪景にスポットが当てられていて、夜凪景の成長物語だと私達読者は読みすすめることになるのですが、実は1話で示された黒山の撮りたい映画というのがその根底にあり続けるのです。
恥ずかしながら、私は時々忘れます。コミックスを読み返すたびに思い出すのですが。


f:id:thun2:20200411164639j:plain
「1本の映画のために 70億人からたった一人を探し続けてる」



同1話の上記コマの次ページで黒山はこう言っている。「どうしても撮りたい映画があるんだ そのために仲間を探している」と。
そう、本当はこの作品の根幹は第1話でバッチリと示されていたはずなのに、その後の夜凪景の活躍に目を奪われすぎたせいで時々忘れそうになるのです。


しかし連載2周年を向かえた第101話、Scene101. GO においてより強いメッセージ久々に示されたなと思いました。
ダブルキャスト企画である羅刹女編では、黒山が手掛けたのは百城千世子が出演するサイド「乙」の方でしたが、今更ながらにこれは間接的に夜凪を成長させる、黒山墨字という男の底知れなさを描写する、そして何より黒山墨字の映画がいよいよ始動するための壮大な導入だったのです。知ってたって? いいじゃないですか、してやられたって。



f:id:thun2:20200411170159j:plain
「しまいまでやれねぇなら 手出してんじゃねぇよ うちの役者に」 -- 週刊少年ジャンプ2020年12月号より引用

かわいそうに、みんながみんな当て馬にされてしまったのです。全ては黒山の作る映画のために。
この101話以降は、羅刹女が露骨に黒山の映画作りのための下地だったことが黒山の口自ら明かされていきます。リッキーまで視野に入れていたのは驚きました。

要点をまとめるとこうです。つまり黒山は夜凪景という無名の役者を使ってとんでもない超大作の映画作品を作りたいと考えている、そしてその助演には若手トップ女優を使いたい、芸能界を追放されたスターを日本で再びキャスティングしたい。
羅刹女以前から黒山は一貫して、夜凪景を有名にすること、自分の求めるキャスティングすることを念頭に進めていたのです。

f:id:thun2:20200411173834j:plain
「長かった」 --アクタージュ8巻より引用


上記のコマは新宿ガール撮影前での電車内でのやりとりですが、これもよく考えると夜凪を有名にするための施策だったのでしょうが、当時はそこまで深く考えて読めていなかったというのが正直なところです。
黒山は、プロデューサーとしても実は超優秀なのではと改めて読み返して思うのです。本人に言わせれば、自分のやりたいことをやるための最善の方法を進めているだけなのかもしれませんが。

羅刹女の舞台を成功させることはもちろんのこと、今後の夜凪景の進出をしやすくなるように星アリサにこれまで以上に借りを作ったりしていたのが本当にしたたかで、
羅刹女編以前にも「あの男に借りを作ってしまったわね」的なシーンが挟まれるのですが、これもいずれ来る夜凪景の国民的スターへの道への布石だったのでしょう。



f:id:thun2:20200411172427j:plain
このページのカタルシスはやばい -- 週刊少年ジャンプ2020年19月号より引用


だからこそ、上記のコマは読んでいて震えました。いよいよきたか、と。まさか羅刹女編の当初にこのページを想像できた人はいるのでしょうか。感極まりましたよ。
まったく無表情に「見える」黒山、しかしその言葉の一文字一文字からはとてつもないエネルギーが見て取れますし感じられます。
無表情に見えるものの、その顔にはとてつもない活力がみなぎっているように見えるのは私だけではないですよね。こういうコマというか、こういうキャラクターの描写ができるって本当にすごいなと。ひっくり返りそう。


羅刹女編が終わってどういう形で次に繋げるのかなと思っている中での、羅刹女舞台打ち上げで一旦休憩を入れてきたのが先週でしたが、正直このお疲れ様回はめちゃくちゃ好きな回でした。
この記事を書こうとする原動力となりました。
ややもすると、こういう内輪ネタと言うか、これまで絡んでこなかったキャラクター同士が絡んだりしてしまったりというのは敬遠されることもあるのですが、アクタージュはいい感じにまとまっていまして、というかこれまであまり絡みをメインにやってこなかったからこそ、あえてこの本編外でうまく絡ませてきたのがすごいなと。

リッキーこと王賀美陸と、天使こと百城千世子の絡みなんかがまさにそれで、どう絡ませてもちょっと作った感が出てしまうところを、過去も一瞬絡めつつ1ページ約7コマでやりきる徹底さ。
加えて確信である黒山墨字の映画の話に即座につなげることで、そちらへインパクトを向けさせるという手腕。
サービス回を挟みつつも次の話の導入につなげる手法は確かに昔からよくあるといえばそうなのですが、そのエッジの効き加減は思わず記事を書きたくなるくらいには素晴らしいものでした。


かくして、次号からは新展開に突入。黒山の映画作りと並行して夜凪知名度更なるアップ作戦が繰り広げられるということで、堀くん……ではなく星くんことアキラくんも帰ってきて盛り上がりそうで本当に楽しみなのです。
アキラくんと母である星アリサの絡みが地味に好きなので、新章では描写があるといいなと期待しています。

終わりに

というわけで、本記事では黒山墨字のことばかり書いたのですが、とは言ってもヒロインは夜凪景です。
次の記事では、夜凪景に着目しつつ、より詳細にこれまでのストーリーを振り返っていこうと思いますのでお楽しみに。

そういえば記事タイトルにもした、アクタージュは黒山墨字の物語なのか、については一面からは間違いなくそう。でもやっぱりそれと同じぐらい夜凪景ちゃんが好きなのです、だから言い切りたくはないですよかっこよくは。