隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

アニメーション映画『薄暮』を見てきました

アニメーション映画『薄暮』を見てきました。

www.hakubo-movie.jp

ネタバレがありますので、未視聴の方はお気をつけてください。



はーっとなった

とても短い作品でした。チケットを取るときに上映時間が分かってしまったので、ある意味ネタバレしてから見てしまった感はありました。
私が本作品の事前情報として知っていたのは、以下2点でした。
・本作品がクラウドファンディングを利用して作られた、山本寛さんの作品であること
福島県を舞台にした作品であること

つまり、ほぼ何も知らずに見に行ったのですが、見終わった後の感想は、なんというかきれいなものを見たなというか、素敵なものを見たなという感覚でした。
作品全体を通してそれを感じたのはもちろんのことなのですが、キャラクターの1つ1つの動作が丁寧で、そして自分はやはりこういった丁寧な仕事が好きなんだなと改めて感じました。

具体的には
・雉子波祐介から突然声をかけられ、バス停のベンチから立ち上がった瞬間にスカートのシワを手で直す小山佐智の仕草
・文化祭の演奏終了後、礼をするために立ち上がった瞬間、一瞬ふらついてしまうけれども持ち直す小山佐智の描写

特にこの2つの描写は、見終わってからもまだ脳裏に焼き付いているぐらいです。
もっと具体的に話すと、まず前者については、これは特に私は目についてしまうのですが、やはりスカートの描写はとても重要だと思っていて、このブログでも何度か取り上げたように手抜きがされやすい描写です(重力スカートなど)。
thun2.hatenablog.jp


座っていたらスカートにシワがよる、だから立ち上がったらそれを直す、という動作は、ことアニメーションにおいてはなくても成り立つため多くの作品ではそれほど重点が置かれていない描写かと思います。
なんだけども、どんなキャラクターなんだろうか、その女の子はどういうことに気を使ったり考えたりするのか、などを感じるときの要素としてはとても重要だと思っています。
つまり何かというと、この描写を入れてくれるだけで、私はとても安心するんです。あぁ、愛が込められているんだなって。作品に、そしてキャラクターに。

後者についても、これがリアルに描かれている作品は結構少ないんじゃないかと勝手に思っています。本当にすごい一瞬なんです、座って演奏して、なんとか上手く演奏しきって興奮冷めやらぬ中、先輩が礼のためにみんなに立ち上がろうと無言で合図をして立ち上がった瞬間、おそらく緊張と興奮などで頭がのぼせ気味になっていて、ほんの一瞬ふらつくんです。

一瞬のふらつきって経験がある人も多いと思うんですが、これをちゃんとアニメーションとして描くって本当にすごいことだと素人ながらに思うのです。
こういう描写されると、すっごく感情移入してしまうんですよね。あ、リアルだなって、そこに等身大の人間が、女の子がいるんだなって。

こんな描写を見せられると、山本寛さんにはやはりアニメーションを作り続けてほしいと切に思ってしまう。

ストーリーはどうだったか

「はーっとなった」っていうのがある意味すべてを表しているのですが、なんというか、色々考えながら見させてくれる、描きすぎない感じがとても好きでですね。
もちろん、ストーリーとしては一本道ではあります。なんだけども、徐々に主人公の二人が不器用ながらも心を通わせていく様は、遠すぎず近すぎずの絶妙な描写が続くため、ずっと見守っていたくなる素敵さがありました。

二人の関係性の描写という意味では、いつも分かれる駅のホームを挟んだ二人のシーンがとても好きでですね。
カメラが引いて、向こうから電車が走ってくる中、左に雉子波祐介、右に小山佐智がただ描写されるだけなんですが、それだけでなんか二人のリアルな空気感が伝わってくるといいますか。
多分、二人は好意を持っている、でも直接言葉にはしていない。顔を赤らめたりする分かりやすいシーンもあるものの、全体を通しては「二人が毎日ホームを挟んで帰っている」という描写にとどめているのがとてもいい。

そういった描写に加えて、雉子波祐介を演じていらっしゃった加藤清史郎さんの演技がとても素晴らしかったので、ますますストーリーにのめり込んでしまってですね。
何度、共感性羞恥を感じたことか。
ただのクールなちょっといけ好かない男の子なのかと思いきや、とても真面目で、真面目に相手のことを考えることができて、勇気を出して伝えることもできるけど、高校生のような若さも見えて、ちょっと不器用っぽくて、でも真剣で……こういった人間性が、演技から分かってしまうのが本当にすごい。

二人のリアルがそのまま描写されていて、それがとても心に響きました。
震災を経験したことで風景を残しておきたいと感じている雉子波祐介、震災以後周りから距離を少し置きながら生きている小山佐智……そんな二人が薄暮の景色にて出会い、運命をともにしていくというのはとても素敵なストーリーだなと。


これ以上文章にすると安っぽくなるのでやめておこうと思うのですが、この感覚はやはりその目で見ないと分からないと思うので、是非映画館に足を運んで見ていただきたい。
上映館は少ないようなのでそんな簡単に見に行けない方もいらっしゃるとは思うのですが、機会があるのであればぜひ逃さず。

『天気の子』 全能感にソワソワしよう

新海誠さんの最新作『天気の子』を、公開初日7月19日に見てきました。
以下は、ネタバレを含みますのでまだ見ていない方は絶対にご覧にならないほうが良いでしょう。
ぜひその目で1回目はネタバレ無しでご覧いただければと。


満足したか?

多分、満足はした気がする。見終わった後、なんとも言えない気持ちになったから。
ワクワクしだしたのは、天野陽菜が消えたところから。

その後主人公である森嶋帆高が、陽菜にもう一度会いたいと思って走り回る一連のシーンがたまらんかった。
あえて言葉を使うと、セカイ系のこそばゆさというかやりきれなさを感じたからだとは思う。
「てめーら、何も知らねーだろ、それなのに勝手にもの言ってんじゃねーよ」というような台詞回しは本当にたまらなくて胸に来る、こそばゆい。

ただ、須賀圭介というキャラクターが居て、少年の暴走とも呼ぶべき行動に待ったをかけようとする。
個人的に今作で一番のエモかったポイントは、帆高が陽菜に合うために廃墟ビルに到着し、登っている途中に圭介に出会うシーン。

お前居るんか、来てくれたんか、そんなに帆高のことを止めようとしてくれたんやなって、どっと想いが溢れ出てきてですね。
圭介も、帆高と同じように東京に出てきて辛い思いをしていた同じような境遇だったから同情したけれど、保身のために一度は帆高をあっさり放り出したわけです。家族を、娘を取ったっていうのはすがすがしくてよかった。淡々と帆高を切る感じがいいね。

なんだけど、やっぱり、このまま帆高がむちゃをし続ければ、必ず捕まってしまい、人生どうしようもなくなってしまうかもしれない、だから止めに来てくれたんだと。そうやって、大人の立場としてちゃんと止めに来てくれたんですよ。

その圭介に対してですね、帆高が拳銃を向けたシーンが最高に、もう最高にたまらなくてですね。
映画館の椅子に座りながらも、少し前傾姿勢になって、手がそわそわして、体がこそばゆいから両手をそわそわさせてですね。思わず心の中で「うわぁっ」って叫んでしまいました。それくらい感情を一気に揺さぶった。

お前、銃向けるんやって、これが、これが自分だけの世界に閉じこもった、俺だけが知っているやつの全能感ってやつなんだって。
普通銃向けないやろ? って、でも「お前らは陽菜のことを何も知らないんだ、俺だけが知っているんだ、それなのにお前らは好き勝手言いやがって」ってこういう気持ちになっていると、こういう全能感丸出しの行動ができる、もうこれが本当に本当にたまらなくてですね。セカイ系っていう言葉で片付けるのは惜しい。この気持ち悪いもやもやとしてでもソワソワして体全体が痒くなるようなこの感じ、たまらん。

個人的には、ここで帆高が本当に銃を撃ってしまって、圭介にあたって死なせてしまうというルートも見たかった、というかそうならなかったので余計ソワソワした、撃たないんだったらこれどうやって収集つけるんやって。多分、撃つルートもあったんじゃないかなって。
結局は撃ちきれんかったわけだけども、ここでルートが分岐したんじゃないかなって、この瞬間ずっと考えてました。

その他

ヒロインの陽菜が、当初高校生と嘘をついていて、その後作中で大学生と偽って、実は中学生だったって分かる一連の流れが様式美すぎるというか、妄想的に捗りすぎて分かってるなって思った。まだ中学生の女の子が、家庭環境も相まって、こんなにも悩んでいるんだなって、そしてそれを晴れにする力によって一時的に開放されて楽になっていく……っていうシチュエーションも最高過ぎると。
Twitterで誰かが、精神的水商売を陽菜にさせている帆高、って表していたけれども、確かに陽菜は晴れにするたびに、救われてはいたんだろうなと。消えるかもしれないという恐怖と戦っていたのは確かかもしれないけど、それ以上に、救われていたんじゃないかなと。

東京は生き辛い、ってそこらかしこに散らしているように、テーマはそんなに明るくないものなんだけど、そんな中でも生きている彼ら彼女らのそのままというか、ストレートな感情表現が本当にたまらなく刺さりましてですね。

結局、新海さんの作品は、大体1回目はぼうっとなってしまうんですよね。だから大体2回目以降を見て腑に落ちることが多い。
なので、そのうち2回目を見に行ってこようと思います。

『まなびストレート!』はiPhoneを先取りしていたアニメだった?

追記有り:2019/04/30
とても重要な、そして嬉しい追記がありますので、ぜひご覧ください。
一度記事を読んでいただいてからのほうが良いと思いましたので、追記は最後に記載しています。
お急ぎの方はこちらからどうぞ。




katoyuu.hatenablog.jp



カトゆーさんの上記記事を読んで、真っ先に思い浮かんだのが『がくえんゆーとぴあ まなびストレート!』というアニメ作品でした。
本作品は2007年1月から3月に渡って放送された作品で、2012年にはBlu-ray BOX化もされている、長く愛されている作品です(当社比)。

2012年、Blu-ray BOX発売記念『まなびストレート!』真夜中の文化祭と題して、池袋にある新文芸坐という映画館にて、イッキ見オールナイト+トークショーが行われました。
このイベントのトークショーの中で、ビジュアルディレクター・キャラクターデザインを務められた小笠原篤さんが以下のようなことをおっしゃっていました。

徒手帳やバイクといった小物などにはこだわっていた。小笠原さん「新制服の回で、新しい生徒手帳についてもデザインしているんですが、もろiPhone。先取りしてるから!」

thun2.hatenablog.jp


新制服の回というと、第9話「わたしたちのうた」のことを指すものと思われます。生徒数の減少により、主人公のまなび達が通う学校が姉妹校に合併吸収されるという話が進められている中で、新制服や新校歌のお披露目が行われる9話。確かにそんなシーンあったかもと、久しぶりにBlu-ray BOXを引っ張り出して9話を見てみたのですが……ないのです。
iPhoneらしき、新しいデザインの生徒手帳が見当たらないのです。もしかして、デザインしただけで、オンエアされていなかったのでしょうか。

もしや設定資料にはなっているのではと、私が持っている資料ですぐに確認できるBD BOXの特典ブックレット、設定資料ROMを見たのですが、見当たらず……。「まなびが最先端だ! まなびが未来人だ!」って意気揚々とブログを書こうと思っていたのに。

「もしかしてこれじゃない?」っていう情報をお持ちの方がいらっしゃったら、ぜひ教えていただきたいです。

以下で紹介するDIRECTORS’ WORKSにある可能性もあるのですが、あいにく今手元になく、今度実家に帰ったら確認しておきたいと思います。

がくえんゆーとぴあ まなびストレート!―DIRECTORS’ WORKS

スタイル
売り上げランキング: 1,027,821


高機能生徒手

ところで、本作品に登場する生徒手帳はいろんな事ができるハイテク生徒手帳です。

f:id:thun2:20190429213010j:plain
画像はラフ案

この画像はBD BOXの特典ROMから引っ張らせていただいています。記載のあるようにラフ案ですが、アニメ化にあたって大体この通り再現されています。

f:id:thun2:20190429213336j:plain


タッチパネル液晶も付属しておりますが、ハードウェアキーが搭載されており、ラフ案に記載の通りPDAという表現のほうがしっくりきます。実際BD特典ブックレットにも「PDA徒手帳」と記載があります。
また、主人公たち含む生徒たちは生徒手帳とは別に自分の携帯を所持しているのですが、そこはパカパカのガラケーっぽかったりするのです。

f:id:thun2:20190429213749j:plain
芽生はパカパカっぽい

ところで、パカパカってまだ通じるでしょうか。上記画像のように、折りたたみができる携帯のことを指していて、閉じたり開いたりする様をパカパカさせるというように表現していました。
当時、携帯を所持している人は開いて閉じて開いて閉じて、を無意識にやるくらいには浸透していました(多分)。


さて、そんなパカパカ携帯っぽい描写もありつつ、みかんというキャラクターはスマホっぽい形状の携帯を所持しています。

f:id:thun2:20190429214153j:plain
画像が粗い? 気にしてはいけない

タッチパネル操作をするシーンがあったかどうか定かではないのですが、形状はそれっぽく見えます。ハードウェアキーボードが搭載されていなさそうな感じ、それっぽさはあります。iPhone的描写と言えなくはない……かなと。
これら個人携帯のシーンは、この記事を書くにあたってたまたま発見した、というか再発見したものです。アニメでは生徒手帳のほうが印象に残っていたので、個人携帯なんて描写されていたんだなぁと今更ながら気づきました。


ちなみに、タッチパネル形式のパソコンの描写は結構あります。

f:id:thun2:20190429215017j:plain

上記画像、わかりにくいのですが、ノートパソコン上に直接タッチペンで操作しています。このあたり、タブレットを先取りしていると言えなくもないけれども、タッチパネル式のものは昔からあったなぁと。もちろん一般的に普及したという意味では2007年よりも後だとは思います。このあたりは、PDAスマホの違いは何だみたいな話にもなりますが。

終わりに

特に落ちはないのですが、カトゆーさんの記事を読んで「まなびって、生徒手帳がiPhoneライクだったじゃん! なんで記事に入ってないんだろう! 記事にしてやる!」って仕事しながらワクワクしていたのですが、BDを再生して「あっ(違うじゃん)」ってなるまでがハイライトでした。
また、BD再生機器をPS4しか持っていないことに気がついたので、テレビをスマホで撮影してブログに乗せる、という平成最後にあるまじき行為をしていたのも情けないです。


なお、まなびストレートについては結構記事を書いているので、よければぜひご覧くださいませ。
まなびストレート! カテゴリーの記事一覧 - 隠れてていいよ
『まなびストレート!』関連記事一覧 - 隠れてていいよ

追記:2019/04/30

この記事を公開してしばらくしてから、とあるTwitterの通知が私に飛んできました。


本記事でも紹介させていただいていた小笠原さんご本人から、まさかのリプライがありました!
その結果、スマホタイプの生徒手帳は、9話の新制服の右腰に装着してあるということがわかりました。
早速、確認してみた画像が以下になります。

f:id:thun2:20190430212708j:plain
確かに右腰に生徒手帳が見える
f:id:thun2:20190430212753j:plain


確かに右腰のあたりにそれらしいものが確認できました。
初代iPhoneの発売日が2007年6月29日であり、まなびストレートの放送時期が2007年1月から3月であることを考えると、初めてスマートフォンが登場したアニメはまなびストレートと言っても良いのではないでしょうか! もっと言えば、小笠原さんの言葉を借りれば、先取りしていたといっても過言ではない!

ちなみに、以下のような情報も併せていただきました。


映画「バトル・ロワイアル」は2000年12月に公開された映画で、当時に物心ついていた人であれば殆どの人が良くも悪くも知っていたのではと思います。

f:id:thun2:20190430213803j:plain
確かに新制服と似ている
via: 『バトル・ロワイアル3D』、過激すぎて劇場上映中止なった予告編をウェブ解禁!スクリーンを越えて血しぶきが飛び出す!? - シネマトゥデイ


現行制服は警察+海軍をイメージされたというところで、改めて以下。

f:id:thun2:20190430214044j:plain
確かにそう言われれば……


愛光の制服は列車車掌のイメージ。
f:id:thun2:20190430214135j:plain



長い時を経て改めて設定の裏話などを聞けるっていうのは、なんというか本当にうれしいなと。
平成も終わりなまさに今日、私にとっては最高にうれしいサプライズでした。小笠原さん、改めてありがとうございました。

そして、新元号になろうという今日この頃ですが、もし気が向いたら、10年以上も前のアニメ作品ではありますが、まなびストレートに触れてみてください。
今でも視聴に耐えうる強度を持った作品だと、私は強く信じています。