隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

ライトノベル『りゅうおうのおしごと!』 クズ竜王、ここに極まれり

いつもこのブログを読んでいただいている皆様にはなぜ突然こんな記事が上がったのか不思議に思われるかもしれませんが、なんのことはないです、最近趣味で将棋を始めまして、その中でりゅうおうのおしごとを読み始めたということなのです。

そして、昨晩ようやく最新11巻まで読み終わりまして、ひどい感情がぶわっと押し寄せてきましたので、それを文章に残しておかなければと思いましたので筆を執りました。

本記事は、ライトノベルりゅうおうのおしごと!』11巻までのネタバレを大いに含む記事ですので、新鮮な気持ちで居たい方は読まないようによろしくお願いいたします。







将棋星人? いいえ、クズです

さて、早速なのですが11巻を読み終わって、というか読んでいる最中でもいいのですが、皆様どう思いましたか。
私はですね、とても感動したと同時に、八一ちょっとやべーんじゃねーのかと思ってしまいました。

端的に申しますと、姉弟子こと銀子ルート一直線に入ったわけなのですが、あいや天衣って一体どうしたらいいんだろうということなのです。
ブコメってまぁ、引き伸ばしが命というか華じゃないですか。一体誰と結ばれるんだろうという気持ちがワクワク感を呼び、そのワクワク感が読み続ける高いモチベーションに繋がるわけじゃないですか。

そういう意味で、9巻は震えましたよね。久々にちゃんとツンデレを見れたというか、天衣が八一の将棋によって解きほぐされていって、身も心も捧げます状態な感じ。10巻のデレパートはご褒美もご褒美。あぁ、これでようやく天衣も参戦して、八一争奪戦がますます盛り上がっていくなと。

そうやって、9巻を読んでから11巻を読み終えるまで私はあまり時間を開けなかたのですが、それがまずかったのかもしれません。
ちょっと残酷じゃないですかね。いくら封じ手という形で明言をしなかったとはいえ、今後、あいや天衣と八一のイチャラブパートはいったいどういう目で見ればいいんだろうって。
なんだろう、ある意味でタブーを破った巻はある。鈍感男のそれではなく、ロリもの好きのタブーというか。ロリものは、小さい女の子が正義であるべき、というタブーを。


封じ手の後、二人の関係は公に知られないようにしたいという話をする中で、八一はとんでもないことを言ってしまう。

りゅうおうのおしごと! 11巻, pp284

「……あいはまだ子供で、恋愛と憧れの違いもわかってないんです。でも賢くて繊細で、いろいろ気付いてしまって。だから傷つけたくなくて…………お願いします」

「天衣ですか? あれは俺のことなんか将棋を指す虫ケラくらいにしか思ってませんし。師匠のプライベートがどうなろうと気にしませんよ」

正直、私はこの、弟子2人に対する評価を読んでしまったとき、これはきっついなと思ってしまった。
この小説の面白さの一つって天丼、つまりあいを含む小さな女の子に対する八一のロリコン反応だと思っています。思っていますし、嘘かもしれないけど私達読者は騙されてでもそういうもんだと楽しんでいるわけじゃないですか。

みんな心の奥底では、銀子ルートかもしれないって思っていたと思うんですよ。最終的に現実的にはそうなるのかもしれないなって思ってたじゃないですか。だって、11巻が発売されなくても、これまで八一と姉弟子の関係って、違ったじゃないですか根本的に。だから、最終的にはそうなるって思ってたじゃないですか。幼馴染ルートとは違うというか、強固な絆ルートといいますか。その人の人間性を形作ったレベルの関係性は、幼馴染ルートとは比べ物にならないくらい固いじゃないですか。

なんですけど、11巻で描いちゃったじゃないですか、全部。八一の気持ち、銀子の気持ち、2人のわだかまりそしてその解決、全部描いちゃったじゃないですか。
そしたら一体、今後、八一とあいや天衣の絡みを一体どんな顔して見ればいいのっていう。

かわいいよりも、悲しいという気持ちが出てきそうで嫌なんです。あいや天衣は、多分今後もとても好意を持って接してきてくれると思うんですが。いえ、好意という言葉では足りないのかもしれません。そんな絡みを今後も書くつもりなんですよね……? 無理、無理、それは無理でしょ。

エロゲなら、ルート決まった後に「私達付き合うことになりました」って報告した後の、負けヒロインの描写ルートじゃん。「え、そうなんだ」って報告してそのまま登場回数が減っていってフェードアウトするやつ。選択肢が消えて、ひたすらその子の話しか出てこないやつ。

ラノベだからそうはしないと思うけど、でも、この11巻の内容は投了級だと思いますよ本当に。

いつまで続ける予定なのだろうか

この作品、もう少し続けるんだろうなと思ってます。どんなに短くても、姉弟子がプロになるまではやるだろうし。
八一が三段リーグ1期抜けをできなかったという描写をした以上は、姉弟子の三段リーグ1期抜けは流石にやらないのではと睨んでいます。
ただ覚醒しちゃったわけですから、2期抜けにはする気はするんですよね。すると1年どころか半年ちょっとの猶予しかないわけで。

そうなってくると、12巻で姉弟子メインの話にならなかったとしても、流石に13巻くらいでは姉弟子プロ入りが描かれるんじゃないかと思うんです。
で、プロ入りするということは、封じ手開封されることになるわけです。そう、封じ手が。

2日制のタイトル戦の封じ手の場合、封じ手開封する際には1日目の指し手を再現してから封じ手開封するという順序になります。
この作品がそういう流儀的なところに則る作品であることを考えると、姉弟子プロ入り後に、1巻丸々使って2人の馴れ初めを描くっていうことはあり得る。
そして、文字としてそれが描かれてしまう。この作品の終わりが。


この作品のゴールは、あいの成長しきったところだと思っていました。小学生の女の子の弟子を取る、というところから始まった作品なのですから、どういう形であれ、あいの進退に一定の目処がつくところがゴールだと思っていました。私は、この作品の主人公はあいだと思っていました。

なのですが、この作品のタイトルが「りゅうおうの」お仕事でである以上、主人公はやっぱり八一なのではと改めて最近思い直しています。そういうふうに理解すると、11巻のようなシビアな描かれ方がするのもある意味では正しいのかもしれないと思ってしまったわけです。となると、あいがタイトルを取るところまでを描くかどうかもちょっと怪しくなってきたなと最近思うのです。あいが、優先順位一番に考えて描かれないかもしれないなと。

だって、八一が投了級の一手を指してしまったのですもの。銀子ルートに入ってなお、はたしてあい・天衣ルートを描く度量があるのかどうか。

終わりに

オチはなく、ただひたすらに感情的に書きなぐった感じになってしまいました。
昨晩読み終わってからずっともやもやしていたので、それをなんとか抑えたかったという気持ちで書きました。

りゅうおうのおしごと!』という作品は本当に好きな作品となっていまして、これからも楽しく接し続けたいなと思っているのですが、この11巻は相当に衝撃だったので書かずに入られませんでした。
どうなんでしょう、皆さんは「いや、銀子ルートとか最初から決まってたやん」ってわりと冷静なんですかね。
別に、あいルートに行く必要は必ずしもないと私も思っていますが、しかしこの描き方は残酷だと思いませんかね。
オチなし。

りゅうおうのおしごと! 11 (GA文庫)

りゅうおうのおしごと! 11 (GA文庫)

アニメーション映画『薄暮』を見てきました

アニメーション映画『薄暮』を見てきました。

www.hakubo-movie.jp

ネタバレがありますので、未視聴の方はお気をつけてください。



はーっとなった

とても短い作品でした。チケットを取るときに上映時間が分かってしまったので、ある意味ネタバレしてから見てしまった感はありました。
私が本作品の事前情報として知っていたのは、以下2点でした。
・本作品がクラウドファンディングを利用して作られた、山本寛さんの作品であること
福島県を舞台にした作品であること

つまり、ほぼ何も知らずに見に行ったのですが、見終わった後の感想は、なんというかきれいなものを見たなというか、素敵なものを見たなという感覚でした。
作品全体を通してそれを感じたのはもちろんのことなのですが、キャラクターの1つ1つの動作が丁寧で、そして自分はやはりこういった丁寧な仕事が好きなんだなと改めて感じました。

具体的には
・雉子波祐介から突然声をかけられ、バス停のベンチから立ち上がった瞬間にスカートのシワを手で直す小山佐智の仕草
・文化祭の演奏終了後、礼をするために立ち上がった瞬間、一瞬ふらついてしまうけれども持ち直す小山佐智の描写

特にこの2つの描写は、見終わってからもまだ脳裏に焼き付いているぐらいです。
もっと具体的に話すと、まず前者については、これは特に私は目についてしまうのですが、やはりスカートの描写はとても重要だと思っていて、このブログでも何度か取り上げたように手抜きがされやすい描写です(重力スカートなど)。
thun2.hatenablog.jp


座っていたらスカートにシワがよる、だから立ち上がったらそれを直す、という動作は、ことアニメーションにおいてはなくても成り立つため多くの作品ではそれほど重点が置かれていない描写かと思います。
なんだけども、どんなキャラクターなんだろうか、その女の子はどういうことに気を使ったり考えたりするのか、などを感じるときの要素としてはとても重要だと思っています。
つまり何かというと、この描写を入れてくれるだけで、私はとても安心するんです。あぁ、愛が込められているんだなって。作品に、そしてキャラクターに。

後者についても、これがリアルに描かれている作品は結構少ないんじゃないかと勝手に思っています。本当にすごい一瞬なんです、座って演奏して、なんとか上手く演奏しきって興奮冷めやらぬ中、先輩が礼のためにみんなに立ち上がろうと無言で合図をして立ち上がった瞬間、おそらく緊張と興奮などで頭がのぼせ気味になっていて、ほんの一瞬ふらつくんです。

一瞬のふらつきって経験がある人も多いと思うんですが、これをちゃんとアニメーションとして描くって本当にすごいことだと素人ながらに思うのです。
こういう描写されると、すっごく感情移入してしまうんですよね。あ、リアルだなって、そこに等身大の人間が、女の子がいるんだなって。

こんな描写を見せられると、山本寛さんにはやはりアニメーションを作り続けてほしいと切に思ってしまう。

ストーリーはどうだったか

「はーっとなった」っていうのがある意味すべてを表しているのですが、なんというか、色々考えながら見させてくれる、描きすぎない感じがとても好きでですね。
もちろん、ストーリーとしては一本道ではあります。なんだけども、徐々に主人公の二人が不器用ながらも心を通わせていく様は、遠すぎず近すぎずの絶妙な描写が続くため、ずっと見守っていたくなる素敵さがありました。

二人の関係性の描写という意味では、いつも分かれる駅のホームを挟んだ二人のシーンがとても好きでですね。
カメラが引いて、向こうから電車が走ってくる中、左に雉子波祐介、右に小山佐智がただ描写されるだけなんですが、それだけでなんか二人のリアルな空気感が伝わってくるといいますか。
多分、二人は好意を持っている、でも直接言葉にはしていない。顔を赤らめたりする分かりやすいシーンもあるものの、全体を通しては「二人が毎日ホームを挟んで帰っている」という描写にとどめているのがとてもいい。

そういった描写に加えて、雉子波祐介を演じていらっしゃった加藤清史郎さんの演技がとても素晴らしかったので、ますますストーリーにのめり込んでしまってですね。
何度、共感性羞恥を感じたことか。
ただのクールなちょっといけ好かない男の子なのかと思いきや、とても真面目で、真面目に相手のことを考えることができて、勇気を出して伝えることもできるけど、高校生のような若さも見えて、ちょっと不器用っぽくて、でも真剣で……こういった人間性が、演技から分かってしまうのが本当にすごい。

二人のリアルがそのまま描写されていて、それがとても心に響きました。
震災を経験したことで風景を残しておきたいと感じている雉子波祐介、震災以後周りから距離を少し置きながら生きている小山佐智……そんな二人が薄暮の景色にて出会い、運命をともにしていくというのはとても素敵なストーリーだなと。


これ以上文章にすると安っぽくなるのでやめておこうと思うのですが、この感覚はやはりその目で見ないと分からないと思うので、是非映画館に足を運んで見ていただきたい。
上映館は少ないようなのでそんな簡単に見に行けない方もいらっしゃるとは思うのですが、機会があるのであればぜひ逃さず。

『天気の子』 全能感にソワソワしよう

新海誠さんの最新作『天気の子』を、公開初日7月19日に見てきました。
以下は、ネタバレを含みますのでまだ見ていない方は絶対にご覧にならないほうが良いでしょう。
ぜひその目で1回目はネタバレ無しでご覧いただければと。


満足したか?

多分、満足はした気がする。見終わった後、なんとも言えない気持ちになったから。
ワクワクしだしたのは、天野陽菜が消えたところから。

その後主人公である森嶋帆高が、陽菜にもう一度会いたいと思って走り回る一連のシーンがたまらんかった。
あえて言葉を使うと、セカイ系のこそばゆさというかやりきれなさを感じたからだとは思う。
「てめーら、何も知らねーだろ、それなのに勝手にもの言ってんじゃねーよ」というような台詞回しは本当にたまらなくて胸に来る、こそばゆい。

ただ、須賀圭介というキャラクターが居て、少年の暴走とも呼ぶべき行動に待ったをかけようとする。
個人的に今作で一番のエモかったポイントは、帆高が陽菜に合うために廃墟ビルに到着し、登っている途中に圭介に出会うシーン。

お前居るんか、来てくれたんか、そんなに帆高のことを止めようとしてくれたんやなって、どっと想いが溢れ出てきてですね。
圭介も、帆高と同じように東京に出てきて辛い思いをしていた同じような境遇だったから同情したけれど、保身のために一度は帆高をあっさり放り出したわけです。家族を、娘を取ったっていうのはすがすがしくてよかった。淡々と帆高を切る感じがいいね。

なんだけど、やっぱり、このまま帆高がむちゃをし続ければ、必ず捕まってしまい、人生どうしようもなくなってしまうかもしれない、だから止めに来てくれたんだと。そうやって、大人の立場としてちゃんと止めに来てくれたんですよ。

その圭介に対してですね、帆高が拳銃を向けたシーンが最高に、もう最高にたまらなくてですね。
映画館の椅子に座りながらも、少し前傾姿勢になって、手がそわそわして、体がこそばゆいから両手をそわそわさせてですね。思わず心の中で「うわぁっ」って叫んでしまいました。それくらい感情を一気に揺さぶった。

お前、銃向けるんやって、これが、これが自分だけの世界に閉じこもった、俺だけが知っているやつの全能感ってやつなんだって。
普通銃向けないやろ? って、でも「お前らは陽菜のことを何も知らないんだ、俺だけが知っているんだ、それなのにお前らは好き勝手言いやがって」ってこういう気持ちになっていると、こういう全能感丸出しの行動ができる、もうこれが本当に本当にたまらなくてですね。セカイ系っていう言葉で片付けるのは惜しい。この気持ち悪いもやもやとしてでもソワソワして体全体が痒くなるようなこの感じ、たまらん。

個人的には、ここで帆高が本当に銃を撃ってしまって、圭介にあたって死なせてしまうというルートも見たかった、というかそうならなかったので余計ソワソワした、撃たないんだったらこれどうやって収集つけるんやって。多分、撃つルートもあったんじゃないかなって。
結局は撃ちきれんかったわけだけども、ここでルートが分岐したんじゃないかなって、この瞬間ずっと考えてました。

その他

ヒロインの陽菜が、当初高校生と嘘をついていて、その後作中で大学生と偽って、実は中学生だったって分かる一連の流れが様式美すぎるというか、妄想的に捗りすぎて分かってるなって思った。まだ中学生の女の子が、家庭環境も相まって、こんなにも悩んでいるんだなって、そしてそれを晴れにする力によって一時的に開放されて楽になっていく……っていうシチュエーションも最高過ぎると。
Twitterで誰かが、精神的水商売を陽菜にさせている帆高、って表していたけれども、確かに陽菜は晴れにするたびに、救われてはいたんだろうなと。消えるかもしれないという恐怖と戦っていたのは確かかもしれないけど、それ以上に、救われていたんじゃないかなと。

東京は生き辛い、ってそこらかしこに散らしているように、テーマはそんなに明るくないものなんだけど、そんな中でも生きている彼ら彼女らのそのままというか、ストレートな感情表現が本当にたまらなく刺さりましてですね。

結局、新海さんの作品は、大体1回目はぼうっとなってしまうんですよね。だから大体2回目以降を見て腑に落ちることが多い。
なので、そのうち2回目を見に行ってこようと思います。