隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

ライトノベル『りゅうおうのおしごと!』12巻読了、またはアゲアゲさんこと折田アマの棋士編入試験の宣伝

いきなり何の話やということなんですが、日付も変わった本日2月25日、将棋の棋士編入試験第4局が行われます。
news.yahoo.co.jp


試験を受けていらっしゃるのは折田翔吾アマ。将棋系Youtuberのアゲアゲさんという名前のほうが知っている人は多いかもしれません。
少し前の記事で最近将棋を始めたと少し書いていましたが、将棋にハマるとやはりYoutubeなどで動画も見たくなり、その中でアゲアゲさんのチャンネルを見つけそしてハマりました。
アゲアゲ将棋実況 - YouTube


将棋のプロ棋士になる方法は大きく3つあります。1つは新進棋士奨励会、通称奨励会に入り既定の成績を上げることで昇級・昇段し、最後のリーグ通称三段リーグにて上位二名に入ること。これによって四段に昇段しプロ棋士となることができます。
おそらくこのルートが一番有名で、私も将棋にハマるまでは他の方法については知りませんでした。

残り2つのうちの1つが、今アゲアゲさんこと折田アマが挑戦されているもので、棋士編入試験というもの。受験資格を得るためには、プロ公式戦において10勝以上且つ6割5分以上の成績を残さないといけません。
その上で、受験を申し込んだタイミングでの新四段5名と戦い3勝以上を上げることで合格です。
アゲアゲさんは過去奨励会で三段まで昇段されていますが、年齢制限で退会を余儀なくされていて、今回再度プロ入りをかけての挑戦ということになります。

このプロ編入試験の受験料についてクラウドファンディングで募られることとなり、わずかながらですが私も支援させていただきました。
news.yahoo.co.jp


もっと詳しく知りたい方は、ぜひ以下の記事も参考にされてみてください。一言でいうととんでもない難易度の受験資格及び試験内容ということになります。
myshogilog.com



第4局が25日に行われますと最初に書きましたが、現在の戦績は2勝1敗で、この1戦に勝利すれば合格という大一番なのです。
明日は有休をとりまして、Abemaで中継予定の対局を最初から最後まで応援しようと思っています。
gxyt4.app.goo.gl


とりあえず宣伝したかったことは以上です。

さて、ライトノベルりゅうおうのおしごと!』についての感想をここからは書いていきます。
最新12巻のネタバレを盛大に含みますので、未読の方は回れ右をお願いできればと思います。








(ネタバレ防止のためのスペース)







11巻から続く作品展開はどうなった?

11巻の感想については以前以下のような記事を書きました。
thun2.hatenablog.jp


上記記事で特に伝えたかったことは、ラブコメにおけるヒロイン確定は作品の死期を早めるということでした。
これまではあいや天衣とのいちゃラブドキドキを描いていたけれども、11巻で完全に銀子ルート確定となってしまったことで、今後どうやって作品を展開させるつもりなんだろうということを一人で心配していました。

結論から言うと、12巻では核心までは行きませんでした。つまり八一は、あいに対して「銀子に好きだと言った」と伝えることができませんでした。
12巻は実質銀子の三段リーグ編なので、こっち側の進展は13巻以降になるんじゃないかという予想があったので、正直なところそこまで拍子抜けはしませんでした。

ただ、やっぱり恐れていたことは起きていて、「見てられない」というものでした。あいも天衣も察しがいいので、まぁ十中八九気づいているわけですよ。
なんだけど、一応直接的には描写はしていないので、かろうじてまだ延命している感じ。つまりつまり、すいませんくどいのですが何が言いたいかというと、やっぱり負け確定ヒロインルートはつらすぎる。

どんなに頑張っても、もう銀子ルートなんですよ。これは天地がひっくり返っても覆らない。封じ手開封されたので、もうダメ。
今後、付き合うことになった二人はキスはすれどもその先にはなかなか進めず、そこをあいや天衣が横から何とか入り込もうとするというわちゃわちゃが描かれることは容易に想像できるわけですが、果たしてそれは楽しいのだろうか。いっそ将棋イベントに全振りしてほしいくらいではあるのですが、多分そうは問屋が卸さない。

この八一とあい、天衣との微妙な関係を続けつつも将棋イベントを続けていくのだと思うのですが、果たしてそれでいいのだろうかと勝手に思う。個人的には、将棋フェーズが面白いので読み続けることは確定なのですが、もうゴールが決まったラブコメを見せられてもなという思いになる。
ここをどう破壊してくれるのかと12巻には期待しましたが、そこはまだ描かれていませんでした。なので、13巻は待ちたいと思います。もし13巻で素晴らしい破壊が行われたのであれば、それはもうジャンピング土下座して崇め奉ります。

三段リーグ編……熱い

とは言いつつ、まぁ三段リーグ編は超絶面白かったのですよ。特にプロ自力昇段がかかった銀子・鏡洲戦から、勝利後の封じ手開封までの流れはマジで目頭が熱くなりました。
銀子はクールで強いキャラクターなのですが、反面心は弱く描かれてきました。もちろん体が弱いというのはあるのですが、それ以上に八一が好きすぎるのです。
つまり、最後の最後は八一に頼ってしまうし、八一だったら弱さを見せてもいいやとなるんです。これまで重要なシーンで、その伏線がずっと張られていました。

だからこそ三段リーグの大一番でハラハラドキドキだったわけです。また負けてしまうんか銀子……と。
それがですよ、それがですよ皆さん。読みました? 超絶男前の挿絵から胸ドーン! の骨ぐしゃーですよ。そのあとに言ったセリフ皆さん聞きました?

りゅうおうのおしごと! 12巻, pp343

「や…………い、ち……………………むね………………が…………」
胸が。
こんなにも、胸が!


「熱い」

あっつーーーーーーい。甘くないです、熱いです。個人的には、このセリフも熱いのですが、骨が砕けるというのが最高でした。なんというか、一緒になって銀子を応援していて、でも最後の最後にまた心の弱さが出てしまって、これは四段昇段は次巻に持ち越しなのだろうかと頭によぎってしまって、あぁまずい、この思考は銀子も自分もやばいと思っていたところからのあの挿絵に骨が砕ける描写ですよー、これは本当に熱い。

そしてそこからの同歩ですよ。同歩同歩。さんざん同歩ネタを引っ張っておいて最後にこれ。まぁ間違いなくこれを描きたかったがための伏線だったわけなのですが、まぁ実際文字にしてみてみるとたまりませんよね。

「同歩(わたしも)」というルビを打ちたくて仕方がなかった作者の顔がすぐに目に浮かびましたよ。正直負けましたよ、すっごくいいシーンでしたよ。これ書きながら何回もページをめくり返したのですが、何回見てもぞわっとする。それぐらい良いシーン。これ以上語るとなんか安くなりそうなのでこのあたりでやめておきますが、いやー、三段リーグの結末にふさわしい最高の流れ、そして最後だったと思います。

それでも13巻では破壊を望む

とはいっても、気になるのは今後の八一とあい、天衣の関係と物語の進み方です。もし本当に、うまくうまくまとめ上げることができれば、ラブコメの新しい道を築くことができるかもしれません。
将棋星人八一のあい実験計画が13巻のメインとなりそうな気がしているのですが、それにしてもうまくまとめてほしいと心から願っています。


りゅうおうのおしごと!12 (GA文庫)

りゅうおうのおしごと!12 (GA文庫)

令和でもノイタミナ枠アニメ「C」は、もっと評価されるべき

『C』というアニメ作品をご存知でしょうか。
2011年4月から6月にかけて、フジテレビのノイタミナという放送枠にて放送されていた全11話の、お金と未来をテーマとした完全オリジナル作品です。

f:id:thun2:20200201131715p:plain
Amazonプライム・ビデオよりアニメ『C』1話「complication」より引用

Amazon.co.jp: C(フジテレビオンデマンド)を観る | Prime Video



放送当時にこの作品にハマった私は、ブログで記事を書きまくるだけに飽き足らず、初めて作った文章系同人誌にも感想を書きました。それくらいこの作品について発信したいという気持ちがありました。

なぜ今こんな記事を書いているかといいますと、Amazonプライムビデオのラインナップを眺めていたら本作品を偶然見つけて、1話を見返して面白いなと改めて感じたからです。
同時に、Amazonプライムビデオではある程度時間が経つとラインナップが変更になり、これまで見れていた作品が見れなくなってしまうことが普通なので、このタイミングで再度広めてみたいなと思い筆を執りました。

さらに言うと、ノイタミナの立ち上げから関わっていらっしゃったアニメプロデューサーの山本幸治さんがそういえば昨年以下のようなツイートをされているのを思い出しまして、マジで続編あるんかなーという応援したい気持ちが湧いてきたのもあります。



どんな作品なのかというざっくりとした紹介記事はそれこそ9年前に書きました。
リアルタイムで3話ぐらいまでを見た時の感想で、当時のワクワク感が伝わるかなという意味で詳しい紹介についてはこちらの記事に譲りたいと思います。
thun2.hatenablog.jp


以下では、Cが放送されていた当時の思い出とか、1話を改めて見返してみた感想とかをつらつら書いてみたいと思います。

ノイタミナ枠です!

2011年当時のノイタミナ枠を見てみると、Cと同時期の4月には『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』通称あの花が放送されていました。
さらにその前の1月から3月には『放浪息子』『フラクタル』、7月から9月には『うさぎドロップ『No.6』と個人的にはかなり意欲的な作品がたくさん放送された時期だったなと思います。

ノイタミナ枠以外で2011年4月放送開始のアニメの中には

などなど、当時もそれなりに話題になった作品がたくさんありまして、何が言いたいかというと『C』という作品は比較的マイナー寄りの作品だったかなと思います(個人の感想です、そして私の中ではマイナーじゃありませんよ)。
参考: 2011年春アニメとは (ニセンジュウイチネンハルアニメとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

だからこそなのか、「こんな面白い作品を見ないなんてもったいない! 広めてやる!」とい謎のオタクの矜持に突き動かされて頑張って記事を書きまくっていた記憶があります。

Cという作品は、ほかのアニメと比べて何かが足りなかったのだろうか。
かわいい女の子が出てこない? いやいや、真朱を始めとして可愛い女の子(非人間含む)たくさんいましたよ。萌えがない? いやいや、毎週毎週萌えるシーンがふんだんにありますよ。燃えるシーンが多いから忘れられがちですが、エモいシーン多すぎて死ぬ。ストーリーが薄っぺらい? いやいや、10年たとうとしている今でもメッセージ性は失われていませんよ。設定が浅い? いやいや、公式が設定資料集ばりの設定ページを作るほどがっつり緻密に作られていましたよ。
……もしかして、そういうのが総じて濃すぎたのか……? いやでも、山本幸治さんも以下のように「多分これは正解じゃない」っておっしゃっているから大丈夫だ(多分違う)。



あれ……もしかして完璧なアニメなんじゃ……と思ったのですが、唯一不満があるとすれば「尺」でした。全11話で語るには短すぎました。きれいにまとまってはいるのですが、11話で納めるために泣く泣く削ったシーンがあったというのは監督もおっしゃっていたことです。

以前、 ニコ生で、アニメ『C』の一挙放送が決定! 再評価→映画化の流れを冗談抜きで期待する - 隠れてていいよ の記事でも取り上げましたが、ブルーレイ4巻の特典小冊子にて中村健治監督は以下のようにおっしゃっていました。

――仮に「C」を再構成出来るとしたら何クールがベストだと思いますか?

「3クールくらいかな。ドラマを描くのに意外と時間がかかるのと、今、全く描写されていない要素が入ってくるので。実はもっと細かいドラマを入れたかったんです。あともっと丁寧にみなさんをテーマに連れていきたかったっていうのがあります。難しい要素が多い作品だったので。経済に関してもこれ以上行くのはやめようかとリミッターをかけて、わかりやすくしているんです。バトルも7割くらい切ってますからね」

とはいえ、逆に言うとこんなに考えさせてくれるアニメをわかりやすく見やすく作っていただけたということでもあります。いい意味でサクッと見れてしまいます。
なので、だからこそ続編や劇場版などがもし決まったら狂喜乱舞すると思います。

数年ぶりに見た1話箇条書き感想

  • 主人公が通う大学が「平成経済大学」で、これを見た瞬間にこの記事のタイトルを思いついた
  • 羽奈日ちゃんほんとかわええ
  • 1話から溢れ出るNTR感本当たまらんし、しんどいな
  • 安定した生活を望んでいる人が、安定した生活が手に入りますよと言われたら、そりゃ揺らぐよな
  • 公麿は庇護欲をそそる部分があるので、羽奈日はそういうところだけ見て放っておけないって思っていそうに見えるが、それとは別次元で見守ってあげたいという気持ちも持っているんだろうなぁ
  • 真朱かわいすぎわろた
  • 三國の「しょせん金は金か あるいはそれ以上のものか それともそれ以下のものか 立場が変われば見え方も変わる 不思議なものだな 金というものは」という1話での語りはすでに深い
  • と1話の公式解説にそんなこと書いてたなと思いだした https://noitamina-control.jp/05story/story1.html
  • 公麿たちの日常パートに入るまでの、アバンタイトル部分の流れ神過ぎない?
  • ミダスカード、黒い紙幣かっこいいなー。ミダスカードも黒い紙幣も、当時公式通販していたやつを買いました。今思うと、こういうのを売るっていう発想がまずいいよね
  • 今見てもディールバトルはかっこいい。中二病的なカードバトル的な要素に、人間的なアクションが付随しているからだろうか、今見ても色あせない
  • もし銀行口座に突然50万入ってたら警察には届けないかもしれない
  • Qって登場時から可愛すぎない? 黒い紙幣をむしゃむしゃしているの可愛すぎ
  • でも、一瞬しか映らない真朱のほうがかわいい(真朱が好きなんです)
  • 真朱「公麿!」とか萌え死ぬと思う普通は。一瞬なのに破壊力抜群
  • OP、EDともに今でもかっこいい
  • でもオープニングテーマ「マトリョーシカ」を担当された「NICO Touches the Walls」というグループは活動終了、エンディングテーマ「RPG」を担当された「School Food Punishment」というグループは解散していたということを知ってちょっとショックを受けた……

ライトノベル『りゅうおうのおしごと!』 クズ竜王、ここに極まれり

いつもこのブログを読んでいただいている皆様にはなぜ突然こんな記事が上がったのか不思議に思われるかもしれませんが、なんのことはないです、最近趣味で将棋を始めまして、その中でりゅうおうのおしごとを読み始めたということなのです。

そして、昨晩ようやく最新11巻まで読み終わりまして、ひどい感情がぶわっと押し寄せてきましたので、それを文章に残しておかなければと思いましたので筆を執りました。

本記事は、ライトノベルりゅうおうのおしごと!』11巻までのネタバレを大いに含む記事ですので、新鮮な気持ちで居たい方は読まないようによろしくお願いいたします。







将棋星人? いいえ、クズです

さて、早速なのですが11巻を読み終わって、というか読んでいる最中でもいいのですが、皆様どう思いましたか。
私はですね、とても感動したと同時に、八一ちょっとやべーんじゃねーのかと思ってしまいました。

端的に申しますと、姉弟子こと銀子ルート一直線に入ったわけなのですが、あいや天衣って一体どうしたらいいんだろうということなのです。
ブコメってまぁ、引き伸ばしが命というか華じゃないですか。一体誰と結ばれるんだろうという気持ちがワクワク感を呼び、そのワクワク感が読み続ける高いモチベーションに繋がるわけじゃないですか。

そういう意味で、9巻は震えましたよね。久々にちゃんとツンデレを見れたというか、天衣が八一の将棋によって解きほぐされていって、身も心も捧げます状態な感じ。10巻のデレパートはご褒美もご褒美。あぁ、これでようやく天衣も参戦して、八一争奪戦がますます盛り上がっていくなと。

そうやって、9巻を読んでから11巻を読み終えるまで私はあまり時間を開けなかたのですが、それがまずかったのかもしれません。
ちょっと残酷じゃないですかね。いくら封じ手という形で明言をしなかったとはいえ、今後、あいや天衣と八一のイチャラブパートはいったいどういう目で見ればいいんだろうって。
なんだろう、ある意味でタブーを破った巻はある。鈍感男のそれではなく、ロリもの好きのタブーというか。ロリものは、小さい女の子が正義であるべき、というタブーを。


封じ手の後、二人の関係は公に知られないようにしたいという話をする中で、八一はとんでもないことを言ってしまう。

りゅうおうのおしごと! 11巻, pp284

「……あいはまだ子供で、恋愛と憧れの違いもわかってないんです。でも賢くて繊細で、いろいろ気付いてしまって。だから傷つけたくなくて…………お願いします」

「天衣ですか? あれは俺のことなんか将棋を指す虫ケラくらいにしか思ってませんし。師匠のプライベートがどうなろうと気にしませんよ」

正直、私はこの、弟子2人に対する評価を読んでしまったとき、これはきっついなと思ってしまった。
この小説の面白さの一つって天丼、つまりあいを含む小さな女の子に対する八一のロリコン反応だと思っています。思っていますし、嘘かもしれないけど私達読者は騙されてでもそういうもんだと楽しんでいるわけじゃないですか。

みんな心の奥底では、銀子ルートかもしれないって思っていたと思うんですよ。最終的に現実的にはそうなるのかもしれないなって思ってたじゃないですか。だって、11巻が発売されなくても、これまで八一と姉弟子の関係って、違ったじゃないですか根本的に。だから、最終的にはそうなるって思ってたじゃないですか。幼馴染ルートとは違うというか、強固な絆ルートといいますか。その人の人間性を形作ったレベルの関係性は、幼馴染ルートとは比べ物にならないくらい固いじゃないですか。

なんですけど、11巻で描いちゃったじゃないですか、全部。八一の気持ち、銀子の気持ち、2人のわだかまりそしてその解決、全部描いちゃったじゃないですか。
そしたら一体、今後、八一とあいや天衣の絡みを一体どんな顔して見ればいいのっていう。

かわいいよりも、悲しいという気持ちが出てきそうで嫌なんです。あいや天衣は、多分今後もとても好意を持って接してきてくれると思うんですが。いえ、好意という言葉では足りないのかもしれません。そんな絡みを今後も書くつもりなんですよね……? 無理、無理、それは無理でしょ。

エロゲなら、ルート決まった後に「私達付き合うことになりました」って報告した後の、負けヒロインの描写ルートじゃん。「え、そうなんだ」って報告してそのまま登場回数が減っていってフェードアウトするやつ。選択肢が消えて、ひたすらその子の話しか出てこないやつ。

ラノベだからそうはしないと思うけど、でも、この11巻の内容は投了級だと思いますよ本当に。

いつまで続ける予定なのだろうか

この作品、もう少し続けるんだろうなと思ってます。どんなに短くても、姉弟子がプロになるまではやるだろうし。
八一が三段リーグ1期抜けをできなかったという描写をした以上は、姉弟子の三段リーグ1期抜けは流石にやらないのではと睨んでいます。
ただ覚醒しちゃったわけですから、2期抜けにはする気はするんですよね。すると1年どころか半年ちょっとの猶予しかないわけで。

そうなってくると、12巻で姉弟子メインの話にならなかったとしても、流石に13巻くらいでは姉弟子プロ入りが描かれるんじゃないかと思うんです。
で、プロ入りするということは、封じ手開封されることになるわけです。そう、封じ手が。

2日制のタイトル戦の封じ手の場合、封じ手開封する際には1日目の指し手を再現してから封じ手開封するという順序になります。
この作品がそういう流儀的なところに則る作品であることを考えると、姉弟子プロ入り後に、1巻丸々使って2人の馴れ初めを描くっていうことはあり得る。
そして、文字としてそれが描かれてしまう。この作品の終わりが。


この作品のゴールは、あいの成長しきったところだと思っていました。小学生の女の子の弟子を取る、というところから始まった作品なのですから、どういう形であれ、あいの進退に一定の目処がつくところがゴールだと思っていました。私は、この作品の主人公はあいだと思っていました。

なのですが、この作品のタイトルが「りゅうおうの」お仕事でである以上、主人公はやっぱり八一なのではと改めて最近思い直しています。そういうふうに理解すると、11巻のようなシビアな描かれ方がするのもある意味では正しいのかもしれないと思ってしまったわけです。となると、あいがタイトルを取るところまでを描くかどうかもちょっと怪しくなってきたなと最近思うのです。あいが、優先順位一番に考えて描かれないかもしれないなと。

だって、八一が投了級の一手を指してしまったのですもの。銀子ルートに入ってなお、はたしてあい・天衣ルートを描く度量があるのかどうか。

終わりに

オチはなく、ただひたすらに感情的に書きなぐった感じになってしまいました。
昨晩読み終わってからずっともやもやしていたので、それをなんとか抑えたかったという気持ちで書きました。

りゅうおうのおしごと!』という作品は本当に好きな作品となっていまして、これからも楽しく接し続けたいなと思っているのですが、この11巻は相当に衝撃だったので書かずに入られませんでした。
どうなんでしょう、皆さんは「いや、銀子ルートとか最初から決まってたやん」ってわりと冷静なんですかね。
別に、あいルートに行く必要は必ずしもないと私も思っていますが、しかしこの描き方は残酷だと思いませんかね。
オチなし。

りゅうおうのおしごと! 11 (GA文庫)

りゅうおうのおしごと! 11 (GA文庫)