隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

アニメ『色づく世界の明日から』 琥珀おばあさんはなぜ月白瞳美を60年前に送り出したのか

10月から放送が開始された、P.A.WORKSさん制作によるオリジナルアニメ『色づく世界の明日から』。2話まで視聴を終えましたが、本作の謎の一つである、琥珀おばあさんがなぜ月白瞳美を60年前に送り出したのかについて考えてみました。

これは、決められたことなのよ

正直1話を見たときは、ひどいばあさんだぜと思ったものです。なんせなんの断りもなく孫を60年前の過去に飛ばしてしまうのですから。
理由を聞けば「これは、決められたことなのよ」なんて意味深なことを言うものですから、「さては、なんでも知っている系のおばあさんだな」と私はツッコミを入れていました。

なぜ60年前に孫を飛ばすことにしたのか、その理由はこれから明かされていくのでしょうが少し考えてみたいと思います。
「決められたこと」という表現が使われているので、琥珀おばあさんは、こうすることが予め分かっていたもしくはやらねばならないものだという認識を持たざるを得なかったと考えられます。
考えるにあたって登場人物の親子関係性を整理してみたものが以下になります。


琥珀おばあちゃんのおばあちゃん(60年前)

琥珀おばあちゃんのお母さん(60年前)

琥珀おばあちゃん(現在と60年前)

瞳美のお母さん(未登場、正確には瞳美が幼いころの後ろ姿のみ。亡くなっているのではと私は思っている)

瞳美(現在と60年前)
(括弧内には登場した時代を記載。2話時点)

さてもう一つ重要な情報があります。今回瞳美が時間移動するにあたって使われた星砂時計という魔法の道具があります。これは琥珀おばあさんいわく時間魔法の必需品で「今日のために、60年分満月の光を浴びさせ続けてきた」といいいます。
60年分浴びさせ続けたということは浴びせ始めたのは当然60年前。つまり、瞳美が時間移動した時代ということです。琥珀おばあちゃんは、高校生のころからずっとこの魔道具に力をため続けてきたということになります。

ここから推測されるシンプルな結論は、60年前当時高校生だった琥珀が60年後に、孫を60年前に時間移動させる必要があると思わせる何かが起きたということです。ここでポイントは、60年前高校生だった琥珀は当然結婚などしていないでしょうから、瞳美どころか瞳美のお母さんさえまだ存在していなかったということです。にもかかわらず、琥珀おばあさんは60年前に、孫のことを知っていたということになります。

仮説としてすぐに考えられるのは、60年前の琥珀のもとに、今回の瞳美のように未来から時間移動してきた人が居たのではないか、というもの。その未来人から、瞳美が将来はとても不幸になってしまうようなことを聞かされ、そうならないように手を打とうとした琥珀という構図です。

公式サイトのイントロダクションに以下のような文章があります。

幼い頃に色覚を失い、感情の乏しい子になった。
そんな瞳美の将来を憂えた大魔法使いの祖母・月白琥珀は魔法で瞳美を2018年へ送り出す。

色づく世界の明日から 公式サイト

ここから考えられるのは「幼い頃に色覚を失い、感情の乏しい子になった」という状況を変えることが琥珀おばあさんの目的だろうということです。

さてさて、改めて上記情報を含めて考えてみて、ありそうだなぁと思った私の仮説を書いてみたいと思います。

  • 瞳美の色覚の異常は避けられないものであった
  • 瞳美の色覚の異常を治せる、または緩和させるようなことは、葵唯翔にしかできない
  • 葵唯翔は60年前に死亡している
  • 瞳美のお母さんは娘の幸せのために、葵唯翔のもとに娘を送り出すことを考える
  • 60年前に時間移動させるためには60年の歳月を要する
  • そこで瞳美のお母さんは命をとして60年前の琥珀にその事実を伝えそして協力を仰ぎに行った

琥珀おばあさんの「やっと準備が整ったわ」という言葉からも、60年という時間が予め決められたもの、変えられないものだったことが伺えます。

瞳美のお母さんがこの物語においては相当重要な役割を持っているのではという根拠のない自信というか想いが私にはなぜかありまして、上記のような仮説を導き出させてしまった感じです。
ぜひぜひ皆さんの考察もお聞かせください。

終わりに

本作品には他にもいろいろ書きたいことがあるのですが、今回はここまでにします。オリジナルアニメということで先が読めない、なんと楽しいことか。
引き続き注視していきたいと思います。

アニメ『ソラとウミのアイダ』 米野真織さんのおかげで、応援したくなってきた

なんとなしにテレビを付けていたら放送していたのでリアルタイムで見たアニメ『ソラとウミのアイダ』。原作はスマートフォンゲームで、ちょうど1年前の2017年9月にサービス開始をしたという。

制作は株式会社フォワードワークスという会社さんですが、どうやらこの作品、マルチメディア展開を前提としたフォワードワークス社初のオリジナルコンテンツらしいです。
www.animatetimes.com


上記の記事の日付が2017年7月25日なので約1年前ですが、

『ソラウミ』は、 FWが初めて創りだすオリジナルIP(※1)として、スマートフォン向けのゲームにとどまらず、既にラジオ番組の放送やコミックの連載が決定しており、 2018年にはTVアニメの放送(制作:トムス・エンタテインメント)、舞台の公演といった、マルチメディア展開が予定されています。

TVアニメ化も決定! 『ソラとウミのアイダ』アプリゲームが配信 | アニメイトタイムズ


確かにラジオ番組や漫画、小説の展開が行われているようです(コミックス、小説も発売しているようです)。ただ、舞台の公演は自分の調べた限りではまだのようです。

スマートフォンゲームのPVを見てみましたが、モンストちっくなシステムを取り入れているようです(ただ、プレイしていませんので勘違いの可能性もあります)。


ゲームの公式サイト ソラとウミのアイダ 公式サイト などを見るにストーリーに力は入れているようで、また「セリフは豪華フルボイス!! 少女たちの方言も魅力のひとつ!?」と銘打たれているように、女の子たちは個性豊かな? 方言を話します(個性があるから方言なのか……?)。

私が気に入った子は、村上波乃。立ち位置的にはお嬢様。村上水軍の末裔、村上一族という設定。お嬢様だけど、強気でかつ方言(広島弁)で話すっていうのがツボです。以下は声優さんのインタビュー。ゲーム公式サイトのキャラクター紹介の中にちっちゃくリンクが張ってありました。興味のある方はどうぞ。
f:id:thun2:20181009005529p:plain

画像は、公式サイトのキャラクター紹介より引用。以下で引用する画像も同様

回し者ではないです

さてさて、お前中の人の回し者かとそろそろツッコミが入りそうなのですが、そうではなくてですね。ここからはアニメの中身について書いていくので、まぁある程度調べておかないと失礼かなと思いまして調べたことを皆さんにも共有したわけです。

1話を見終わった感想を言えば、微妙、でした。すべてがすべて駄目だったとは思わないのですが、割と時間を割いて描いた漁のシーンがいまいち。スマートフォンともリンクして、ゲーム感覚で漁を行うことを表現したのだと思うのですが、あまりにゲームゲームしていてですね、お前らゲームプレイしているんかよ! って突っ込みたくなる内容でした。それで漁が上手い下手でマウント取っている男衆はなんなんだ? と疑問に思わずにはいられない。

漁シーンをこれからも入れるのであれば、短くするか、もっと楽しめる内容にしてほしいと個人的には思います。各キャラクターたちに焦点を当てるストーリーパートはまだ広がる余地があるとは思います。しかしそのストーリーの行き先が、最終的に漁のシーンだというならば、今のままだと相当きついと思います。キャラクターたちは個性的なので、ストーリには期待したいとは思うのですよ。でも、漁パート、お前は駄目だ。

ところで第1話は原作広井王子さんのオーディオコメンタリー付き放送だったのですが、リアルタイムで1回、この記事を書くために1回見返した結果、オーディオコメンタリーを見る気力はなくなりました。どなたか感想上げてくださいませ。

久々に棒に出会った

本作品を見てもう一つ言いたいのは、本作のメインヒロインの一人、薪真紀子(まき まきこ)さんのこと。久々に、相当棒の声優さんに出会いました。
f:id:thun2:20181009005809p:plain


中の人は米野真織(こめの まおり)さん。私が調べた範囲では、米野さんは声優ではなく女優・モデルという肩書で仕事をされているようです。キャストインタビューを見てみると、声優のお仕事は初めてだったということです。

このキャラクターは熊本出身で熊本弁を話すのですが、米野さんが熊本県出身ということで、アニメでは素の熊本弁がたくさん話せたということだそうです。ご本人曰く、声優の仕事が初めてなのでもっと直しが入るかと思ったらそうでもなく、思ったとおりにやってみてと言われてありがたかったです、ということだそうです。

個人的かつ上から目線の意見を言わせてもらうならば、もうちょっと指導をしてあげても良かったのかなと思う。ヒロイン3人が話す中で真紀子さんが話すと、本当に空気が一瞬止まってしまう感じになってしまっていたので。

これはもしかしたらなのですが、原作ゲームだともう少しセリフが少なかったり、比較的一人でのシーンが多かったりしたりしたのかなと思ったり。米野真織さん、調べてみるとまだ23歳ということでお若い……。女優・モデルをされているとあってお綺麗です。



それでですね、このインタビューを見たら何故かとても応援したくなってしまったのです。すごく真剣に取り組まれているだろうということが、ひしひしと伝わってきましてですね。本当はアニメを見て「もうダメだー」って真面目に思ってたのですが、なんかちょっとやる気が出てきたくらいには応援したくなりました。

終わりに

なんというか、今のままだともったいないアニメ化になりそうな予感しかしないので、巻き返しを希望したい。特に漁パート、頼んだぞ。

ソラとウミのアイダ ~はじまりの物語~ (電撃ゲーム文庫)
たきもと まさし
KADOKAWA (2018-06-09)
売り上げランキング: 366,817

アニメ『ゾンビランドサガ』 イライラしたけど、面白いって思ってしまった

前情報もなしにとりあえず1話を見たのですが、なんというかまぁ、結構ゴリ推してくる。
一応念の為ですが、1話のネタバレを含むので、きれいな心でいたい人はお気をつけください。

どのへんにイライラしたか、面白いって思ったのか

まずは端的に箇条書きしてみようと思う。

  • いきなり女の子を死なせるのはやめてほしい、しかも車で唐突に轢かれるのは結構しんどかった
  • プロデューサー気取りの巽幸太郎が、女の子をモノ扱いしているのが気に食わない
  • 巽幸太朗の話し方が気に食わない、すべてのものを決めつけるような話し方は、人をイライラさせる才能がある
  • つまり巽幸太朗が気に食わない

正直、ライブのシーンがなければ切ろうかと思うくらいには前半部分でイライラしていたのですよ。なんか雑じゃねって思ってしまったのですよね。ノリが合わないのだろうなと思った。
ジャンル的にはシュールギャグとかに入るんじゃないかなと思うけれども、シュールなら何やっても許されるのかラインの瀬戸際を行っている感はある。

ただ……確かにライブのシーンは面白かった。言葉にしようのない面白い空気が合ったことは認めざるを得ない。

  • たえが、歌う前から客席にモッシュ、「少しは尖っとるな」という観客のコメント
  • スイッチが入ったかのように突然デスボイス出すゾンビアイドルたち
  • 首の骨が折れてるヘドバン(ゾンビだから大丈夫)、シンクロするヘドバン、響き渡るヘヴィなメタル音楽
  • 舞台の上の自分を、生前好きだったアイドルに重ね興奮するヒロイン、そして会場にダイブ


巽幸太朗にイライラしていたこともあってか、このライブシーンだけで許せてしまいました。人によっては多分このライブシーンも受け付けないんでしょうが、自分はなぜかここだけは笑えてしまったのです。
多分、巽幸太朗にイライラしてただけで、それ以外の設定とかノリは好きだったのかもしれない。

実はオリジナルアニメ

zombielandsaga.com

MAPPAエイベックス・ピクチャーズ、Cygamesが仕掛ける共同企画砂浜だという。MAPPAというアニメ制作会社を知らなかったのですが、てーきゅうの3期までを手がけていたりしたのですね。
オリジナルアニメということですが、確かに尖った作品であることは間違いありません。「私たち、生きたい。」「少女達が起こす奇跡の物語(サガ)」「新感覚ゾンビ系アニメ」なんて煽る文言が公式サイトには並んでいますが、確かに1話を見たらそれは理解はできました。

真面目なところで言うと、2話以降このノリを続けられるのか、続けるのかという点がポイントだと思います。ゾンビネタをどこまでどういうふうに引っ張るのか、腕の見せ所だと思います。新感覚ゾンビ系アニメと謳うぐらいなのですから、そこは大いに期待させてもらいたい。個人的には、アイドルアニメになることを望んでいます。

終わりに

興味深い作品に出会ってしまいました。これだからオリジナルアニメはいいですね。