読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隠れてていいよ

主にアニメや漫画の感想を書いています

瀬戸の花嫁

アニメ公式サイトの消滅は、アニメ作品の終わりを招くかもしれない

トライネットエンタテインメントというアニメ制作会社をご存知でしょうか。詳しくはトライネットエンタテインメント - Wikipediaに譲りますが、2004年頃からアニメ制作に関わるも、合併等の影響で2009年に消滅したアニメ制作会社です。トライネットという名…

第23話 「過去のない男」

マサさん回。明乃の行方不明の兄がマサさんだったというありえない設定。前半部の、マサさんに記憶を思い出させないようにするおやっさんと永澄の奮闘、そして後半のマサさんのちょっといい話、その両方が面白かったです。 結構強引な設定な気もしてしまうの…

第21話 「恋のからさわぎ」

話は、永澄がラブレターをもらうところから始まります。しかしそのラブレターは実はルナパパが出したものだったという。先週から微妙に設定を引きずっていて笑った。 さて、ラブレターをもらえたと思って勘違いした永澄はひどく落ち込んでしまいますが、そこ…

第20話 「男たちの挽歌」

久々の休暇をとったルナパパ。ルナと打ち解けるためにはどうしたらよいかと思案。最近のギャルとは何なのかを知るためにネットで「ギャル」と検索して、なぜかギャルゲーにたどり着くルナパパ。そして、ゲームに影響されきもくなるルナパパ…中の人もノリノリ…

第18話 「肉体の門」

いやーここまでエロな方向へ行くとは思いもよりませんでした。いわゆる、本当はそんなことしていないのに声だけ聞いて勘違いしてしまうネタなのですが、露骨すぎて笑った。というかエロすぎてエロすぎて。特に、明乃と燦が部屋で二人きりで怪しい会話をする…

第17話 「県警対組織暴力」

素晴らしき巡回。明乃回でもあったわけですが、でも巡がここまで活躍してくれたのですから巡回で良いでしょう。Bパート最後の、猫大量のシーンが良いですね。狙ったエロイシーンなわけですが、えぇ狙ってやられたものだったとしても良いんです。巡も明乃も…

第16話 「マイノリティ・レポート」

ここにきて新キャラ投入、その名も不知火明乃、ポニーテールがよく似合うクールな女の子。クールですが、きつい性格という印象は受けませんでした。失格失格と、まるで某キスダムの妖精さんのように繰り返しながら、人魚であることがばれるような行動を燦た…

第15話 「君の名は」

委員長回。いわゆる、メガネを取ったら別人になってましたネタでした。しかしこのネタは大好きでして、普段のキャラとのギャップが楽しめるのがたまらないのですが、委員長がメガネとって髪を下ろすとここまでかわいくなるとは思いませんでしたよ。そして、…

第14話 「子猫物語」

バニラさんのアバンナレーションが変化しましたね。さて、今回は子猫物語ということで、やはり魚さんは猫さんに弱いそうで、苦手オーラを露骨に出す魚類の皆様は面白すぎます。特に親父さんのリアクションが良すぎ。 さて瀬戸内からの留学生が登場。留学生を…

第12話 「愛の奴隷」

今回はルナ回。ルナの映るシーンが無駄にエロイ。肢体がエロイといいましょうか。電気あんまを所々に入れつつ展開されるルナ話。ルナ回ということで、巡は絶対に出ないと思っていただけに、登場してくれたのは本当に嬉しい。巡は最初の巡回以降はもうほとん…

第11話 「アルマゲドン」

ネタが濃すぎるにもほどがあります。「ギョパネット瀬戸内」のネタはちょっと反則的な面白さがありましたよ。しかもそのネタに取る時間が無駄に長い。こんなネタをよくやりましたね。マサさんの司会は似合いすぎでしょう。 そして今回はかなり濃い下ネタにも…

第10話 「鋼鉄の男」

アバンはなぜかアメコミ風な感じでやってくれました。こういう演出も下手すれば寒いギャグになってしまいがちですが、このアニメでは全く問題なしでした。 さて、本編の方はどうみてもターミネーターなルナの父が永澄の日常をかき回すお話。CVは玄田さんとい…

第9話 「バトルランナー」

すごいですね、ここまで面白い話を続けられるのはすごい。まず、ギャグが詰め込まれすぎて密度が濃すぎます。Aパートを終了した時点ですでに疲れかけてましたからねぇ。Aパート冒頭からやたらと飛ばしていましたがその勢いは最後まで衰えませんでした。 今回…

第8話 「激突」

これは面白い。燦派とルナ派の2つの勢力が争う形になる今回なのですが、ほとんど燦とルナの意思に関係なく繰り広げられていて、その流れるようなまさにノンストップギャグが面白すぎです。完全に世界観が現実からかけ離れているのが良いですね。そして嬉し…

第7話 「来訪者(ビジター)」

いよいよルナちゃんの登場です。巻に続く中々の腹黒キャラ、というか巻と違ってほとんど黒い。どうやらルナと燦には因縁が、というかルナ側が一方的に根に持っているようで。燦へのルナへの突っかかりから発生する流れるようなギャグが最高です。ルナが登場…

第6話 「お嬢さんお手やわらかに」

いやぁ、先週もそうだったのですがそれに負けず劣らず面白すぎます。もう、このギャグのテンポが素晴らしすぎます。最初から最後まで笑いっぱなしのアニメには中々出会えませんからかなり貴重だと思います。 さて今回は巡の巡による巡のためのお話。「巡が学…

第5話 「狙われた学園」

この独特のギャグのノリがつぼに入れば最高に面白い、と言っていた瀬戸の花嫁。ここまで面白くなるとは思いませんでした。今回は神回といっても差し支えないんじゃないでしょうか。本当最初っから最後まで笑わせ続けられました。 アバンから終わりまでの展開…

第4話 「男はつらいよ」

本編とは関係ないのですが、1話のときの感想でも書きましたがOPがこのアニメ本当素晴らしいですね。音楽と映像が素晴らしく合ってまして、特にサビの部分の踊るシーンが何かこう感じるものがありまして。 さて本編の方は相変らずギャグギャグギャグ。この独…

第3話 「天国に一番近い島」

ギャグのノリが素晴らしくなってきましたね。つぼに入れば最高のギャグアニメだと思います。ちなみに私はつぼに入ってしまいまして笑いっぱなしでした。またサービスシーンが露骨すぎてこれまた素晴らしい。今回は巻貝の巻ちゃんに振り回される(殺されかけ…

第2話 「指輪物語」

1話は一瞬置いていかれそうになったギャグですが、2話は全く問題なし、深夜に爆笑させてもらいました。テンポよくギャグが展開されますし、視聴者のつぼをついたようなネタ(例えばエロネタや男同士なネタなど)もあり良い感じ。SDキャラの使い方もうまい…

第1話(新) 「極道の妻」

初回から結構飛ばしてますねー。初回なのでギャグがすべるかすべらないの間ぐらいを彷徨ってる感があります。さて、OPが良いですね。山崎バニラさんの声から始まり、モモーイのOPへ。このOPは見てて楽しいですね。よく動いてくれますし曲と良く合っていたと…